ウィリーの日記

乗馬は修行。犬が大好き!

コーリンバロック(1995鞍)馬場レッスン

2017-08-09 23:19:56 | 乗馬日記2017
前回は自分の姿勢のレッスンだったので、どんな馬だったか
わからずでした。今日はコーリンバロックがどんな馬か研究。

最初の常歩で大苦戦しました。
前へ進んでいく気配がなくて、どこで合図すれば反応するのか
試しながら常歩。
微妙だなと思いながら軽くコンタクトとろうとしたのですが
全く取れず。
何だか今日のレッスンは撃沈の予感がする。ヤバイ。
先生も密かに撃沈だろうなって思ってはる気がする。

今日は自分の持ってる引き出しをいっぱい出しまくって
みました。どれか当たってくれたらいいなぁ。

常歩で前へ動く気配がなかったので、軽速歩でラクに
長手綱で馬体が前後へ伸びるようなイメージで動かしました。
しばらくしてから常歩へ戻してコンタクト求めてみると
その状態が慣れてないからバロックちょっとパニック。
まだ知らないんだったら最初から頭を高めにして
つかめれば、下げる必要はないかな?と思って
下げる事は意識せずに、ちょっとつかまえて反応を見て
少しでも反応あったら褒めてを繰り返して
そのまま速歩。左手前はキープできるけど
右手前は逃げられて、あと右の口にハミがくっつくと
イヤみたいで逃げられます。
これを我慢してくれたらいいんだけど、
様子を見ながらなじませていきました。

やっと速歩が出来るようになったので、そのまま歩度のつめのばし。
歩度をのばすと、だいたいの馬は前輪駆動で前へつっかかっていくような
感じになるか、すごい高速になるか、駈歩になるかのパターンですが
バロックは頭の位置が高めだったのが幸いしてか
肩を動かしてくれてるのが伝わりました。これは乗っててビックリしました。
ひょっとしたら中間速歩は期待できるかも。

駈歩は左手前が必ず逆手前になるので「手前があうように教えて」先生。
今日の先生は無言でした。自分から何か言ったら返事もらえるけど。

どうすれば手前があうか。
最終的に今はハミを譲ってくれた時に、おもいっきり左に体重をかけたら
手前があうかな?
あと、なぜか途中で急に駈歩を中断されてしまうので気をつけねば。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホマレ&ラブリン(1994... | トップ | クライナーヘルツ(1996... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乗馬日記2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。