千葉県自閉症協会 Willクラブ

高機能自閉症・アスペルガー症候群の子供を持つ保護者・支援者が共に支えあい、学び合うために活動しています。

余暇支援

2008-02-27 08:47:44 | 余暇支援
会員の子弟を対象に、主に休日の外出企画を行っています。
子供たちがお互いに興味・関心の似ている同年代の知り合いと出会うきっかけになってくれればと願っています。

・レッツゴークラブ(不定期 2ヶ月に1回程度)
  子供たちの希望を入れながら、博物館などを中心に休日を過ごしています。
  最も参加者の多い年代は中高生です。
  (お子さんの預かり事業ではありません。原則として親子での参加です。)

  2008年度で中高生グループは一度活動終了しましたが、
  小学校低学年主体の新たなグループが立ち上がっています。


・アリスのお茶会(不定期)
  参加者を女の子に限定したお出かけ企画です。
  幅広い年代の参加者で和やかに過ごしています。
  女の子の当事者の保護者だけでなく、
  男の子の当事者のお母さんや姉妹も参加可能です。
  (当事者・家族・支援者にかかわらず男性の参加はできません)

・キャンプ
  年に1~2回程度、親子での宿泊研修を企画しています。
  (日帰り参加も可能)
  2007年度は手賀の丘少年自然の家で餅つきを行いました。


これらの活動には会員外の体験参加はできません。
入会手続きを済ませた正会員の家族のみ参加可能です。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保護者へのサポート

2008-02-27 08:34:30 | 保護者サポート
・グループミーティング
 定例会の午後はお子さんの年齢別に分かれたグループミーティングを行っています。
 教育・福祉等に関する情報を共有しあい、日々の生活に取り入れています。
 
 
・グループセッション
 思春期以降の子供を持つ保護者を対象に行っています。
 (子供本人を対象としたものではありません)
 年度の初めにグループメンバーを募集し、グループ内での対話を中心に活動します。
 グループにはカウンセラーが一人支援者として入ります。
 事前登録制(有料)定員有り。
 2009年度の募集は締め切りました。


・家庭学習支援プロジェクト
 家庭で子供たちに勉強を教えている保護者に対するサポートを目指します。
 個々の事例を集約し、教材選択の着目点やスケジューリングの方法などを考えます。
 2008年度よりワーキンググループを立ち上げます。
 まず
  a.教科書の内容の分析と整理
  b.通信教材・市販教材の情報収集と整理
 を行うための情報収集に着手したところです。(2008年春)

 2009年度以降は家庭でできる支援を切り口に、
 子供たちの学習会や夏休みの自由研究のサポート、
 遊びのグループ立ち上げ事業、進路に関する座談会等、
 多様な活動を行っています。
 やってみたい事や座談会のテーマなど、ご希望がありましたら是非お寄せください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加