森の中のティータイム

離婚を経験し子供達も成長した…まだまだ大変な私だけど
日々の暮らしの小さな発見をノートに。

セリアの箒の「柄」を付け替える

2017-06-19 | DIY・ハンドメイド・クラフト
10年も前にこちらの日記に記しているように私が「箒」に求めるものは、今でもやはり「使い易さと良心的価格」。
お値段はもちろんのことその希望に一番近かったこの箒を、一番初めに購入したのは9年も前。
この日記によれば、その時は「セリア」ではなく「シルク」だったとある → こちら

竹の柄が割れたこの改造の後、根元から切るという風に変更し、今に至っている。
既に数本かを使い倒した現在では、専らセリアで購入していて、今年の初めにもその箒の改造を
記事にしている → こちら

今年初めに作り替えたものは「猫部屋専用」にしているので、他の部屋の通常の掃除用に新たに
もうひとつ購入し、「柄」にする丸棒も「襖改造に使ったべニア」と同時に購入していた。
もう何本目かの改造なので、襖改造前にささっと。

 
根元からカットした竹の柄と、掃除機と二本持ちする時に持ちやすい長さに(これだけは慎重に)カットした丸棒

 

丸棒の径が少し大きかったので少しずつカッターで削り、きっちり合わせる←ここ大事

 

今回はボンドなしでもピターッと合ってる☆ 吊るすための穴をドリルで空けて完成。

    

先日亡くなった野際陽子さん。 生前のインタビュー番組で、「歳を取ったら好奇心なんて
無くなってしまうと思っていたけど、次から次へと興味がわくのよね」という意味のことを
仰っていた。 だからずっとお綺麗だったのね☆「綺麗」は真似できないけど(笑)私も好
奇心だけは持ち続けたいなと思っている。死ぬまで何かを「感じて」自分らしくありたい。

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
 

今年は朝晩がまだ気温が低かったりで、猫のベッドもまだ冬仕様だったけど、この後、
ようやく夏ベッドに替えマシタ~;






新しいマットレスに買い換えたら押し入れに入らず;仕方なく立てかけていたら、
何とマットレスとパッドの間に潜りこんで早速寛ぐ福太郎^^;
隠れ家みたいで楽しそうなんだけど・・「どいて」と言ったら超不機嫌な顔~~;!

 

『クラフト』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 傷みのひどい襖を隠す | トップ | 梅雨の過ごし方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

DIY・ハンドメイド・クラフト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。