森の中のティータイム

離婚を経験し子供達も成長した…まだまだ大変な私だけど
日々の暮らしの小さな発見をノートに。

どんなに努力しても

2016-10-25 | 思い・つれづれ
どんなに頑張っても、ダメなことってある。
だから、そんなときはそっとその事(あるいはその人)から距離を置いて
それ以上くよくよ考えないこと、なんとかしようと思わないこと。

「もう限界」と思ったから事件の妻は夫と離れたのだと思う。
私は彼女のように夫の財産など貰えなかったけど、裁判を起こせば恐らく少しは慰謝料などというものを
受け取れたとは思う。夫には財産どころか借金しかなかったけど、同居の母親にはかなりあったから。
それでも、「DVの人には普通の人には分らない『発火点』がある」ということだけは重々知っていたから
参考にした資料にあった「慰謝料」は望まず、「子供たちの最低限の養育費」だけ約束してもらって、一日
でも早く調停を終えたかった。

別居から27年、離婚成立から17年経っても、未だ「いつか急襲されるかも」という恐怖は拭えないけど
離れてずいぶん経ち、その人の残した「傷跡」はもう消えつつあると思っていた。
でも、「燻る」ものはやはり厳然とあり、それが今も私を苦しめる・・・。

「過去への旅は 妄想と 誤った記憶と 名前のすり替えで 混迷する」

以前「クリマイ」で観たエピソードの最後に付けられた「リッチ」という詩人の言葉が、
ずっと心に引っ掛かる・・・。

さあ、どんなに心が重くても、仕事に行かなければ。
ジャンル:
かなしい
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日でお終い プライム30... | トップ | A&D超音波温熱吸入器 買... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
月日が経っても (みなあん)
2016-10-28 00:21:52
燻るもの、消せないもの、封印できないもの..。
今もwildroseさんを苦しめ続けているのですね。
お子様たちを抱えての調停という大変な日々を思い、
言葉もありません。
尊厳を掛けての戦いでもあったのでしょうね。
それにしても、wildroseさんの元ご主人やお義母様のこと、
少し前に倒れられたお姉様の結婚生活のご様子、
そして私自身が抱える問題など、結婚とそれによる
新たな人間関係って、つくづく大変だと思います。
実は今、私も家裁の調停の最中にいるんですよ。
夫の親族が揉め事の多い人達で、こちらは調停を
申し立てられている側です。
幸い、理不尽な申し立てを調停員も審判官も正しく判断し、
専門用語で言う「なさず」で終れそうです。
でもwildroseさんと同じ、「いつか急襲されるかも」という恐怖を、
私もこれから抱えていくことになるかもしれません。
「一日でも早く調停を終えたい」という気持ち、よくわかります。
wildroseさんと共通点があると嬉しいのですが、調停や
ヘナのアレルギーは微妙ですぅ~。(泣)
wildroseさんの暮らしの平安が守られますよう、心から
切に切にお祈りしています!
みなあんさん・・ (wildrose)
2016-10-31 13:02:03
みなあんさんも、ご主人のご家族との問題の渦中におられたのですね・・。

結婚は、それまで想像すらしなかった「愛憎」を身内から生みだすことがあるということを、
私も経験して初めて解りました。
私には家族とは、一番近い所で支え合うはずの存在でしたから。

「もうこれだけ時間をかけたのだから、すっきりしなさい」と
調停に踏み切る後押しをしてくれたのも、母でした。
調停を終え、ようやく離婚が成立した時はやっと夫とその家族と縁を切れることが嬉しくて、重く苦しい日常が一変した気がしました。

それですべてが無かったことになるはずはないのに、私はそう思い込もうとしていたのかもしれません。
私は所詮別れれば「他人」ですから、そうやって前を向くことができても
夫婦のもめごとの「犠牲になった」存在もいる・・。

その中には、もしかして悲しみを打ち明けられないまま、少しずつそれが許せない気持ちに変化して
心の奥に隠そうとしても隠しきれないものが憎悪として芽生えていて、
20年近く経とうとしている今になっても、
時にそれがあらゆる形となって私に向けられているのを感じるのです・・。

こちらの日記を記した日、仕事を終え帰宅してから
急な頭痛と吐き気に見舞われ6日間ネットどころか起き上がれずにいました。
  (クビになるかも~;;)

病院の薬が全然効かず、結局いつもの配置薬でようやく熱と頭痛が治まりましたが、
長い間放置する形になってしまって済みませんでした;;

みなあんさんご夫婦に向けられた「理不尽な要求」が一日も早く退けられますように。
そして、猫ちゃんとともに心安らかに過ごせる日々が早く戻りますように、心から祈っています☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。