森ふれ

体験を通して、森にふれあい、親しみます。
そんな楽しい内容を紹介します。

ぐんま県境稜線トレイル

2017年06月28日 | 日記
    ぐんま県境稜線トレイル 

 みなかみ町土合、谷川岳馬蹄形から始まり
 嬬恋村四阿山鳥居峠までの全長115.2km
 そのうち未整備区間は三坂峠から白砂山までの10km弱
 ここが整備され繋がれば日本で最長のロングトレイルとなる。

 群馬県は来年の開通を目指して各種事業で取り組み
 26日、ぐんま県境稜線トレイル検討委員会の総会が行われ

 群馬会館において


山と溪谷社 山岳図書出版部部長 萩原 浩司(はぎわら ひろし)氏をお招きし

特別講演「ロングトレイルと登山の楽しみ方」が開催されました。

萩原氏は

稜線トレイルの魅力として、太平洋側と日本海側の分水嶺であること。


大島亮吉氏 「山‐随想‐」から
春に行ってよかった山にはまた秋にもまた行こう。
四季の山の繊細な美しさに関しては、日本は世界一と断言したい。
という言葉を紹介していました。




今後の課題と期待として、稜線上の観光地や周辺山岳との連携と地元住民の理解と協力。

山小屋、テント場、トイレの整備についてお話されました。

稜線の楽しみ方は、人それぞれ

自分だけの楽しみ方を見つけたい。





稜線上の地域の良さを紹介したルートマップとガイドブックも作成されました。



私のホームグランドの谷川岳と嬬恋村が繋がるのはとても嬉しい。

開通が楽しみです。

      

       なでしこ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 谷川岳 | トップ | 三国山~大源太山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。