Other side of WILDCAT TOWN

数年ぶりに再開したキャンプ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フィアット/アバルトむさし野へ

2016-07-13 17:39:38 | Automobile
先日の日曜日、生まれて初めて輸入車ディーラーに行ってきました。

7月1日よりフィアット正規ディーラーでアバルトも販売するにあたりフィアット/アバルトという名前になったそうです。

さて、どうして行ったのか?
それはこれ。



アバルトのストラップがもらえるから(笑)
それと124スパイダーのこともあったのでね。



ちょっと緊張しつつ。
アバルトの刺繍がされたバケットシートの椅子に座り、500アバルトのお話などちらっとして、確信の124スパイダーの件を訪ねてみた。

うーん、普通の124スパイダーの正規輸入は難しそうな感じなのね。

アバルトではちょっと気合が入りすぎて。

そんな話の合間に「ストラップちょうだい!」とお願いすると、すでに在庫切れ。
人気で早々に無くなってしまった、と。
ショックで落ち込んでる僕になんとボールペンを探してプレゼントしていただいた(^^)

その後は595 コンペティツァオーネの試乗を勧められ、ディーラーの周りを少々ドライブ。
右ハンドルのマニュアル車。
いやいや、速いのね。
ちょっと驚き。

試乗を終え、ストラップがもらえなかった話をMさんに報告。
Mさんはその日の昼まで東京にいて、大阪に帰ってる途中だったんですが、なんとどんな手段を使ったのかは不明だが、僕のためにわざわざストラップをくれた。



どんな技を使ったのか、とても気になる。



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

シカゴから

2015-06-08 23:51:04 | Automobile
オーナーの日本への帰国と共にシカゴからはるばるやってきたムスタングのコンバーティブル。



日本にもタマはあるので買い直しという手もあるけれど、オーナーの強い思い入れで高いお金と引き換えに連れて来られたムスタングは幸せ者かも。

「車内はまだPu◯◯yの香りがする。」
というのはルベイの談(^^)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

今度はポンティアックまで!

2012-12-07 17:14:30 | Automobile
先日お知らせしたように、先月号のA-carsに愛車の73 Buick Rivieraがなんと4ページに掲載されたということは記憶に新しいですが(笑)、なんと足クルマのPontiac Trans sportまでもが掲載される運びとなりました。

その撮影は埼玉のとある場所で行われました。



今回はよしおか氏にわざわざこちらまでお越しいただき申し訳なかったです。

ということでおそらく1月発売のA-carsの珍車コーナー(笑)お楽しみに!



Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

帰省時のTrouble

2010-08-15 09:53:29 | Automobile
帰省の際のお話。

12日朝4時、自宅の川口を出発。

AM4:39tweet 紫のHighway そろそろ終り。



なんてのんきな事をつぶやいておりました。

そして5時過ぎ、鹿沼→矢板間の渋滞にハマりました。
そこで何気なくメーターを見てみると水温系がレッドゾーンに達しているではないでしょうか!

すぐさま路肩に移動しフードを開けてみると電動ファンが動いていません。
エアコンをON/OFFと切り替えてみても動く気配無し。
ありらこちら叩いて(笑)みてもうんともすんとも・・・・・orz

このまま渋滞の中走り続けて次の出口の宇都宮までの道のり15kmを突破する勇気もなく#8139にCall!

数十分後JAFさん無事到着、はい、サンキュー!



すかさず特等席へご案内。



宇都宮で降ろしてもらいそのまま自走でガラガラの東北道上り線で自宅に一旦帰る。

高速を降りてから数回信号で捕まったが水温系上がる気配無し。
当然エアコンもONの状態で。

無事自宅に到着しフードを開けて確認するとそこには元気で動く電動ファンが・・・・・。

しかしまた動かなくなっても困るので、山のような荷物をヴィータに移し再度出発!
AM9:00の事。

しかし後にこのヴィータにもひそかに爆弾が仕組まれているのに気づく事になる。

ポンティアックで帰りたかったなあ。



PM6:00 無事秋田県羽後町西馬音内に到着。
疲れた~。


P.S.翌日一家で散歩中気づいたのだが、馬音川がやけに綺麗になっていて驚き!
撮影場所は西馬音内小学校裏から桜井町へ渡る橋より(名前わかりません)。



Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ホイール交換

2010-01-11 23:02:37 | Automobile


先週末痛めた腰がなんとなく調子が良くなってきたので、徹夜明けの今日、朝からホイール交換してみました。

オフセットが合っていないため1~2cm程度外側に収まりました。



リアは235なんか履いてしかも外側に収まっているのでかなりフェンダーとの隙間が気になります。

タイヤは若干ひび割れがあります。



なんだか「アメリカ車」というより日本での「アメ車」っていう感じになってしまいました。

ホイールは純正に戻した方が良さそう。
で、こっちのホイールにスタッドレスでも履かせようかな?
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Pontiacが納車されました。

2009-12-24 17:45:42 | Automobile
Pontiac Trans Sportが納車されました。

以前乗っていたChevrolet Lumina APVと比較して変わった所ってフロントバンパーの造形、ここはPontiacのアイデンティティとも言える二分割されたグリルが特徴的です。
あとはダッシュボードの小物置の部分にフタが付いた事くらいでしょうか。

乗ってみて感じた事は非常に高い目線、そういえばLuminaの方はロワリングされていたので、こんなに視界は良くなかったはず。



さて、このPontiac Trans SportはChevrolet Lumina APV、Oldsmobile Silhouetteと兄弟車であり、わずかな違いだけでほぼ同じ車です。
この車の生まれた背景にはクライスラーのミニバン、Dodge Caravanの存在が大きい。
それまでのファミリーカーと言えばフルサイズワゴンが相場だったのですが、運転のしやすさ、居住空間の広さ、荷物が沢山積めるなどでその人気はミニバンに流れていった。
その流れは時が経つにつれ大きな市場となり、やがてアメリカン・フルサイズ・ワゴンはどの車種のラインナップからも姿を消す事となった。
日本でアメリカ製ミニバンと言えばアストロですが、トラックベースという点を考えるとDodgeの路線とは若干異なる性質で、GMがパッセンジャーカーベースで市場に投入したのがこの三兄弟車です。
クライスラーのミニバンに比べ、先進的なデザインは好みの分かれる所ではあるがこのデザインは時を同じくトヨタ・エスティマにも共通する部分が見受けられるがそちらほど幅広く受け入れられたとは言いがたい。
それ以降フェイスリフトや、1997年にはフルモデルチェンジを行い2005年まで生産されておりました。

で、ボクが購入したのはデビュー二年目の1991年式。
どお見てもかっこ悪いですよねえ。

運転席に乗込むと一畳はありそうな広大なダッシュボードが広がり、ウインドシールドの内側の掃除の困難さは世界一だと思われます。



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

この広~いマットいっぱい

2009-12-17 23:24:21 | Automobile
12月に入ってすぐ、本国にオーダーしていたポンティアック用のフロアマットとダッシュマットの出荷案内のメールが届きました。

フロアマット自体はすぐ届きましたが、一緒に送られているはずのダッシュマットが届かない。



しかもグレーでオーダーしたはずなのにどう見ても茶。
どおすんだよ!
グレーの内装に茶は合わないだろう・・・・。

しかしそんな文句の言えるほど英語が話せるわけも無く、諦めることにした。

それから約2週間、ようやくダッシュマットが届いた。



画像を良く見てほしいのだが、フロアマットもダッシュマットもほぼ同じ場所で撮影している。

え~!って思うでしょ?

この広大な広さのダッシュマット。フロアマット二枚よりも大きい。

たしかに数年前シボレー・ルミナAPVに乗っていたときにダッシュボードの奥行きに驚いたものだ。
どおやっても奥まで手が入らないのだ。

ウインドシールドの掃除だって大変なんだぞ!

Comment (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Bon Joviファンなゴルフ

2009-10-08 00:34:28 | Automobile
いやあ、今の今までゴルフにはボン・ジョヴィファンが多いのかと思っていました。



そんな仕様があるとは知らなかった。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

☆BMW E30が欲しい

2009-06-02 22:45:42 | Automobile
ずっと昔、20年近く前ボクのお気に入りのドラマがビバリーヒルズ高校白書だった。
まあこれはボクを知る人は大概知っていると思う。

その中で今でも好きなジェニー・ガース扮するケリー・テイラーが劇中双子の主人公の女の子の方、ブレンダ・ウォルシュを迎えに来る時なんかに乗っていた赤のBMWのカブリオレがすごく気になっていた。



しかしその頃はまだ22、23くらいで他にも乗りたい車がゴマンとある中、なかなか購入する機会が無かった。しかも最近の車だし、おまけに高いし(その頃は六本木カローラなんて呼ばれて掃いて捨てるほど走っていた)まだいいや、なんて思っていたのですが、ふと最近ビバヒルのDVDを観ていた時に「ああ、忘れてた!」と。

気付くと既に市場からはほとんど消え、ヤフオクで探しても1、2台くらいしかカブリオレは出てこない。しかもボクは赤限定ですから。値段は安いのだが話によるとパーツ代は結構高いらしい。しかももう既に最終型でも20年近い年月が経っているわけで、その中から程度の良いものを探すのは最早困難を極める状態になっていたのです。



きっかけは不純ですが、じつはBMWが好きなんです(E30限定)。
しかもこの形のBMWがBMWらしさを兼ね備えた最後のBMWだと思うんですけどねえ。

さあ、なんとか入手したいものです。

Comments (2)   Trackback (1)
この記事をはてなブックマークに追加

☆PRIUS

2009-05-25 22:20:18 | Automobile
昨日初めて訪れた越谷レイクタウンのショッピングセンター。
いくつかの建物に分かれており夕方に行った僕たち家族にその全てを見て回る事は不可能。
たまたま入った建物の1階にはトヨタの広いブースがあり、結構な数の展示車がありました。
参考がてら一台一台ゆっくり見て回ったのですが、一際ボクの気持ちを惹き付ける車があった。そうプリウスです。
インパネからセンタコンソール(?)にかけての上下セパレートのデザインなんかかっこいいもんね。シートの質感もスエード調のもので良し。全体の質感も非常に高く「これだったら売れるよねえ」というのが感想。



帰りにはカタログも貰ってきました。
しかも「アクセサリーカタログもちゃんと入れてね!」と店員さんには結構期待されるような一言も忘れずに!
Comment (1)
この記事をはてなブックマークに追加

☆SONY nav-u NV-U3Vに変えてみました。

2009-04-01 18:48:25 | Automobile
以前購入したNV-U2の代替品としてNV-U3Vを購入した。
同じようなものをなぜ?と思われるかもしれませんが、一番の違いはワンセグが見れるという事でしょうか?

いろいろ調べてみると走行中は本体を固定するクレードルに取付けするとワンセグを視聴できないようである。
これは困る。運転するボクが見るわけでなく、助手席に乗っている子供達の為にも!ということである。



取りあえず開封。ワンセグチューナーの為に若干厚みは増したものの正面から見る分にはNV-U2と変わりは無い。
電源のスイッチもボタン式からスライド式になった。ボタン式も押しづらかったが、このスライドも使いづらい。まあこれは個人の気持ち次第のような気もしますが。

ワンセグの評判もネット上の書き込みを見る限りイマイチのようでしたが、ボクの部屋でも問題無く視聴できるレベルなので○です。
MacでもHIWASAのワンセグを使っているが、TBSくらいしか映りませんでしたからNV-U3Vのお陰で全部のチャンネルを安心してテレビを楽しめます。

さて、車で移動中も是非ともワンセグを視聴したい!という事でネット上を検索するもどこかの知恵袋なんかでは「無理!」という回答が大変良かったりするわけで。
他にはゲーム機用のこれを買えばなんとかなるでしょう的なお金のかかるような話ばかり。

しかしクレードルから取りはぜば移動中でも見れるので、クレードルと本体のどこかを繋げなければ「見れる」という事ですよね?

で、どの部分かと考えている時にふと目にしたSNSのコミュニティの書き込みにその答えがありました!

さっそく試してみたら一回目はしっかり絶縁されておらず、20km/h程度で「安全のため・・・・」という表示が出てペケ。
再度絶縁作業をしっかりやって試乗してみると完璧でした。若干クレードルとの取付けにくくはなりますけど。

今日一日車に載っけてワンセグを付けっぱなしにしていましたが問題無し。あ、あくまでも子供達の為にやっている事なので誤解しないように!

内蔵電池の持ちですが、ワンセグ視聴では約1時間程度しか保たなかったですね。

サウンドドックシリーズIIシステム
Comment   Trackback (1)
この記事をはてなブックマークに追加

☆Super American Festival ’09でついに

2009-03-03 00:33:24 | Automobile
随分参加しておりませんが、今年のアメフェスではなんとドラッグレースが復活するそうです。
詳しくはこちらをご参照下さい。



やはりアメフェスと言ったらドラッグ抜きでは魅力も半減ですからね。

今年はリビエラ、もしくはリーガルでエントリーでしょうか。

春になると米車関係のイベントが次々と行なわれ、昔はどれもこれもと参加しまくった時期がありました。
今年参加しようと思っているイベントは
6月 Street Nationals GO!SUZUKA(身体のみ)
7月 SAF(車両含む)
11月(?) 所沢クラシックカーフェスティバル(車両含む)
と、上記三つは押さえて行こうかと思います。

サウンドドックシリーズIIシステム

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

☆ブラを外してみよう!

2008-11-30 01:08:24 | Automobile
もう二年くらい経ちますでしょうか?
このフォード・トーラスに付けたノーズブラ。



しかしこの車に乗り始めて二年半程、よく飽きずに乗り続けました。ですが意外や意外、このトーラスって飽きないのです。なんでかな?と考えてみるとまずディーラー顔じゃない事、だもんで左ハンドル、だもんでベンチシート、という条件が揃ったせいではないのかな?と思います。

あのディーラー車のマーキュリー顔ってとってもかっこ良くありません。ターンシグナルとヘッドランプがくっついているかいないかでこれほど変わるとは・・・と思っているのはボクだけで他の人にしてみれば「たいして変わってなくね?」と言われるのがオチ。ちなみに下が正規輸入車マスク。



次の左ハンドルという点。これはもう右だったらこのスタイリングでしょ?全然米車っぽさが無くなっちゃうでしょ?

でこれが購入間もない頃。
フロントとリアには不要なエアロパーツが付いていた。ホイールもアフターマーケットのボロボロ15インチだったのをヤフオクで購入した16インチに変えてますね。



しかしこのフロントスポイラーはでかくていかつくてかっこ悪くて嫌いでした。でも買うと高いんだよね。ちなみに取付け方はエアロパーツの本来の意味とはかけ離れた取付で所謂見かけ倒しでした。
もう30半ば過ぎのオッサンなので恥ずかしくて付けていられないので取っ払っちゃったのが下の画像。
ホイールは車屋さんからただで頂いた17インチ、結局未だにこれで通してます。これもまた意外と飽きのこないデザインのせいでしょうか?



その後フルブラ、フロントのみ1インチダウンで今に至る。

先日猫の爪でぼろぼろになった今のノーズブラの代わりの新品のLeBraが届いたので外してみた。



じつはブラ付けていない方がかっこ良かったかも?でもブラを付けた原因はボンネット及び左右フェンダーの凹み、フロントバンパーカバーのエアロ装着時のこすれ傷などが多数あったためそれを全てフルブラでカバーしていたのであります。
さてボンネットのみブラをして他は取付けない方が良いかな?とも思っているのですが傷、凹みがとても気になるので補修するかどうかが今後の悩みになりそうです。
Comment (1)   Trackback (1)
この記事をはてなブックマークに追加

☆疾走するヨンメリ

2008-10-11 00:04:07 | Automobile
これは少し前だが盆休みに秋田に帰省した際の帰りの山形道。
八の字のシャコタンでそれ以外は多分オリジナルでボク好みなかんじでしたね。



あえてオーバーフェンダーなどを付けず、サーフラインに飲み込まれたように収まるリアタイヤがかっこいいんだよなあ。

ちなみにヨンメリとはハコスカの次のモデルのスカイライン。
ケンとメリーのスカイラインといううたい文句から通称ケンメリ、四枚ドアはヨンメリと言います。

で、なんでスカイラインなのかというとこのケンメリ→ジャパンの次のモデルでイメージキャラクターだったポール・ニューマンに最後のお別れを。

R.I.P.
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

15年の痕

2008-07-01 21:48:21 | Automobile
結婚する前からなのでかれこれ15年間ほど借りていた場所です。
最初はリペイントする前のシボレー・エルカミーノだった。それから十数台のボクの大切な米車の所定位置。その頃は周りは全て畑でした。
画像は結婚後間もなくオールペイントしたばかりのエルカミーノと現在67年式のビュイック・リビエラGS乗りのK田君が初めて手に入れた米車のシボレー・トラックとの2ショット。後ろの林もその後切られ建売住宅となってます。



駐車場の周りには何にも無いですね。はい。

ほぼ現在の駐車場。これは4年前の画像ですが、ちょうどこの頃周りはほとんど住宅地か駐車場になってしまいました。



ワイルドキャットが止まっているところが上の画像のシボレー・トラックの場所ですね。

今日の駐車場。



6月一杯でこの駐車場は解約しました。もう停める事は無い駐車場を見ていたら、なんだか感慨深くなってしまった。
このシミはエンジンオイルは僅かで、PSFとATFの歴代の米車たちの痕。
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加