永続のページ別館

愛知県岡崎市在住
永続のページ管理人の個人日記

凡事一流

2016年04月06日 | 経営品質
私はスルメが大好物です。

最近の運転のお供はこれです。
(食べてませんからね(笑))
CDは2008年の収録です。
当時何度も聴いたはずなのに....
人間は忘れる動物です。
一万回聞いてないから、
実践してないから、
身についていないんでしょう。
うなってばかりです。💦

当時、横田さんにお会いしたときに言ったことを
思い出しました。
『このCDはスルメみたいです。』
聴けば聴くほど味がでるものの典型です。

違う時期に聴くと問題意識が違うので、食いつく場所が
違うでしょうし、自身の成熟度が上がると、感じ方が
随分違ってくると思います。

今は、ウチの指針書に照らして、聴いていくと、
あそこには、この考えを加えないといけないなぁ。
あの項目の本質はコレだ。!!
とか思えるので、さらに興味深く聴けています。

◆◆

ネッツトヨタ南国さんの本質は「凡事一流」です。

『私の言っていることは、みんな、ものの本に書いて
ありますよ。』こう、おっしゃいます。

だからこその、凡事一流。
『一番大切なのは、一番大切なことを、一番大切にする』
一流の実践力です。
奇抜な発想でゲリラ的に行う戦術ではありません。

『私の言っていることは一般論に聞えてしまう』
これは、あいち経営フォーラの基調講演に来ていただく前に
ご本人が意識していた問題であり、アンケートの回答に現れて
きた結果です。

一番大切なことを、一番大切にしていない人が、
『一番大切なのは、一番大切なことを、一番大切にする』
と聞いて、
『そんなことは、わかっている。』『知っている』
と言います。

でも、実践していません。

知っていることを「できること」に変える。
偉そうにいっている私自身の最大の課題かもしれません。


経営指針の浸透・実践にお悩みの方にオススメの逸品です。


◆◆

本は、2013年の発刊です。
私は運転が多いので、CDが役にたっています。
CDがきけないとか、ダメな方は、是非、この本で
活字として体に取り入れてください。


天外さんの書いた『リーダー学』もすばらしいです。
できる人が、できる人を客観的に分析して、第三者に理解できる
ように説明をしてくださつています。
ご本人とは違う表現で本質をついてくるので、とっても
わかりやすいと思います。



会社の目的は利益じゃない 誰もやらない「いちばん大切なことを大切にする経営」とは
クリエーター情報なし
あさ出版



「教えないから人が育つ」横田英毅のリーダー学 (人間性経営学シリーズ)
クリエーター情報なし
講談社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

使命感・価値観・軸を確立すればするほど、ストレスから解放される

2016年03月20日 | ノンカテゴリー
昨日の

『おもてなし日和』の出版記念講演会。『文屋座』


素晴らしい集まりでした。いい時間・空間でした。


確定申告あけでヘタっている身でも、


身構えなくても、スッとしみ込んで着ました。


井内さんのこともよく知らなくて、

参加を迷ったりしていましたが、




文屋さんのメルマガでの紹介で興味を持ち、

参加を決めました。


ギリギリだったので参加証は103番。

募集は100だったので、満員は想定していました。

しかし....


会場に余裕があったようで、

当日申し込みも受け付けていました。

結果は160人ですって。大盛況です。


◆◆


高野さんの講演は、

ピックアップすると下記のようなお話しがありました。

・日々の生活の中でおもてなしの練習をしていく。

・仮説を立てる力を鍛える。

・自分のとらえ方で一日は決まる。

 朝のスタートをどういう形で切るか、自分で決める。


井内さんの『足るを知る』の話と同じで、

これは、訓練で高められます。


日常にこの「訓練」を持ち込むのか、


『訓練』を続けると『習慣』になります。


常に、成長を続ける、これが、プロの領域です。


・何をするのか、基準を持つ。

1.それは、使命感と合致しているか

2.それを成し遂げるためのリソースがあるか

3.それは、自分でないといけないことか。


・自分の価値を高める


バリュープロポジションについて、

図解で説明がありました。


バリュープロポジションを決めることは戦略です。


どこで戦い勝つのか。

というか、戦わずして勝つ場所を決めること。


・伊那食の塚越会長の話をひきあいにしたお話しがありました。


 お客様 → 顧客 → ファン → 信者


 リッツはこのあとの段階、


 → 伝導師 を増やすことに力を注いでいるそうです。

 伝導師(エバンジェリスト)とは信者をつくる人です。

 広告は自分で発信。広報は社外の人が発信。

 伝導師は会社に変わって宣伝をしてくれる存在です。

 伊那食の塚越会長はこのファン作りの話をいつもしますよね。

 信者と書いて儲けるという字ができあがります。


 塚越会長は、


 『社員にどう報いるか、毎日、こればかり考えている』

  ということでした。


 「社内のおもてなしで、社員も信者になる」ということですね。



◆◆  優秀な人とは、優しさに秀でた人。

 塚越会長がよく使うこの言葉、

 この言葉を紹介したとたん、

 隣の方から大きく『ほぅ』と声が漏れました。

 会長がこれに気づいたとき、

 会長も大きな声を漏らしました。

 平成24年9月27日のことです。

 ヨリタ歯科さんが、伊那食品さんにベンチマーキングに

 訪れたときです。

 (ちゃっかり同席している私です。

 他に京都の岡村さん、パタゴニアの辻井さん)

 例によって、大久保寛司先生のファシリテーションで話が

 進んでいく最中にでてきた話です。

 『やさしく たくましく』の話から、優しいの話に。

 やさしいとは、相手の立場で考えること。

 相手のことを思いやること。

 そこから、優秀とは、優しさに秀で人。


 そして、優しさとは、人を憂う力というところまで、

 出てきました。

 日本語ってよくできていますよねぇ。

 忘己利他の『忘』とかね。心がない。

 忘己・・・私心(野心)がない。



**** 対談&質疑 ****


◆ 一流とは

井内 ・・・ 極上のものを持っている(ムダをそぎ落としている)

高野 ・・・ 成長しているプロセスそのもの。終わりがない。

       あくなき追求ですね。

そして、『謙虚』

力があるから謙虚でいられる。

強い人ほどケンカしませんね。虚勢はる必要ないし。


◆ 軸とは

高野 ・・・ でっかい人(師匠)に出会うことで感じる

井内 ・・・ 作ろうと思ってできるものではなく、出来上がるもの。

 これは、高野さんが言っておられる、

 「クレドは内から湧いてくる」と同じこと捉えました。


 自分の価値観を高めるという、

 バリュープロポジョンの話にも通じます。
   

 丁度、目の前にある平成24年9月27日のメモには、

 「何に関心を持つか」・・・価値、その後のあり方が決まる。

  という塚越会長の言葉がありました。


◆ 信者を伝導師にするには?

高野 ・・・

 それを人に伝えることで、

 価値が薄まると思うと隠す。

 価値が高まると伝える気になる。

 自分だけではもったいないと思う人。

井内 ・・・

  大好き、有難いと思っているのが信者

  伝導師は、それを突き抜けた感情をもっている。

違いは明快に説明をしていただきましたが、

どうやってもそこへ突き抜けるか。

ここは、話が深められませんでした。

◆ ストレスについて

高野 ・・・

 お客様はすべてのことをリクエストする権利がある。

 一方、リッツはすべてに応える義務はない。

 ノーと言いながら、もっといい代案を出す。 これが大切だと。


 すべてに応えることは

 100の対応−100の期待 = 0 何も残らない。

 そして、言われたことだけやる人ができてしまう。

 言われてないことを提案することで、初めて残る。

 ( 200−100=100 )

井内 ・・・

 やっていることが、自分のミッシヨンに合っているか

 判断して考えるようになってからストレスフリー

 違うなら、ノーといって嫌われてもいいや!!

 と思っている。


 「ご縁」がなかったという話にも通じます。

 ミッションと異なる話は、次元が違うので、

 ご縁がないという考えもできます。


使命感・価値観・軸を確立すればするほど、

ストレスから解放されるというですね。

良いご縁を強め、悪しきご縁を回避する。

やっぱり、ここですか。


内観をさらに進めなきゃ!!




とりとめがありませんが、こんな感じでした。

今回、直筆の手紙入りで高野さんにお誘いをうけていました。

なのに、ギリギリまで保留した自分を恥じました。

(確定申告明けは必ず体調を崩すということもありますが。

16日に体調を崩し、翌日復活したので、申し込み󾭛)

行ってよかったです。

全国の百年塾の方々ともお会いできたし。

ご縁が太くなった気がします。



講師のみなさん、文屋さん、スタッフ、参加した皆さんに

感謝します。




  


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神さまの心理を理解して、自分で解決する

2016年03月19日 | 気づき
高野登さんの『おもてなし日和』出版記念講演会。

ゲスト講師は井内由佳さんでした。

少しだけ神さまとお話しができるそうです。

天啓といっていいのかな?
ある日、夢の中で誰かが語り掛けてくる感じだそうです。

何を言うかではなく、誰がいうか。
究極の誰がが『神さま』という方です。

相手が『神さま』なので、すべてはお見通し、
見ているのは自分だけ。

絶対の基準かつ、守るのは自分次第というものに照らして、
人として大切なことを、教えてくださいます。


神さまは祈る人の願いを叶えるわけではない

◆神さまが人間に働きかける2つのこと

1.したことがされる。

  北川八郎先生が『投げたものが返ってくる』というのと同じですね。

2.自分と相手の差がなくなるように作用する

 ・少し損をする生き方をするというのは、北川先生とも一致。
  ばかばかしいと思われるように生き方をするという、興味深い
  表現もありました。
  これならが、結局自分が「ゆたか」になる道だそうです。

 ・チャッカリはダメ。

 ・出入といいます。呼吸といいます。
  どちらも、『先に出す』こと。出さないと入らない。

  人の役に立つ人は、まず自分の身を切る人。


ポイントは、

『神さまの心理を理解して、自分で解決する』

ことだそうです。


◆しあわせな人は強運な人

 ・打算はダメ
  北川先生流にいくなら、『動機の純粋性』


◆しわせな人は、人をしあわせにする人。

  幸せは人と共有するもの

◆人を幸せにする人は「欲深」な人

  ×欲張りではない。

  これも、言葉の対比で理解できました。
  欲深は自分の足元を深めもので、沖縄の川畑父さんに教わった、
  『モチベーションは深めるもの』に通じます。

  横に「張る」のは誰かのものを奪うことになりますね。

  してあげたい欲求を満たすには、金と時間があると選択肢は広がります。
  余るほどあれば、あげることができます。

  『そこそこでいい』という人は、人にあげることを考えていない、つまり
  『自分の事しか考えていない人』だそうです。

   だから、井内さんは多くの『所有』を否定していません。

◆悪い欲には要注意

1.人の目を気にする欲 ・・・ 虚像、見られたい。
   
   表面と腹の中が一致しない状態。
   「なりたい」という思いはよい。違うのに、そう見せたいというものと違う。

2.人のものを奪う欲求

   これが欲張ですね。

3.満たすために、誰かが悲しむ欲

◆Win−Win

◆よい欲を満たすために

1.欲を肯定する ・・・ 無理とかダメとか思わない

  目標は書くとよい。
  口に出す、書くなどすると、相手からも近づいてくる。

2.足るを知る

  今が有難いと思うことで次のステージに行ける。
  今が足らないと思うと、次にいけない。

  「有難いと思う」ことは訓練、クセをつけることで身につけられる。

3.しわせにする人を決める

  自分がこうなりたいからこそ、誰かのこうなりたいを応援する。
  その誰かを決める。

  これは、その結果、具体性がますのでしょうね。
 
  『鬼丸君を応援して天国にいこう!!』的な我々としては、
   この「誰」を決めると次が動くと実感しています。

◆欲をピンポイントで決めつけない。

  こだわりを捨てる。
  こだわりは血栓みたいなもので、取り去ることで、流れが生まれます。

  こだわりを捨て、ニュートラルでいることで、色々な周波数に合わせ
  られることで、可能性は広がります。
  固定しているとチャンスが減るのでしょう。

◆◆ まとめ ◆◆

『やるべきことを、粛々とする』

これで、きっと欲が満たされ強運体質になる。

◆◆

自利利他。
忘己利他。
やっぱり、これなんでしょうかね。

情けは人の為ならず。

情けはいつか自分に返ってくるので、人には情けをかけておくものだ。

この「健全な下心」は、神さまは許してくれるみたいです。

◆◆

井内さんは、ステキかつ粋な人でした。
独特の魅力をお持ちでした。

投げたものが返ってくるのだから、まず自分が粋にことをしないと
いけません。

粋な人になろうと思いました。


◆◆ ご縁


ご縁について、井内さんはブログでこう書いておられました。


『わたしはご縁を大切にしたいといつも思っています。

その場限りではなく。そう思っていると、

本当にずっとずっとお付き合いさせていただきたい方と知り合えて

こうやって愛を感じる時間を持つことができます。』

この一文に魅かれました。


ご縁も偶然に頼るものではなく、引き寄せることができると。

週明けに「ご縁」を大切にされる方にお会いします。

ある方(お会いする方の後継者)と

『ご縁』について話をしていたことで、面白いと思っていただけたようです。


これぞ、ご縁でしょうか?

事業につながるかどうかは、まさにご縁の問題ですが、

口に出したとたん、一つ繋がりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東大阪、不正経理事件の不思議。やっぱりウソはいけない。

2015年11月09日 | Weblog
保育園会計のプロ、正しい決算に定評(笑)のある、さかい税理士事務所
としては、問題というより、不思議な話です。


不正経理:東大阪の保育園4600万円で懇親や高級車購入


東大阪の保育園での不正が発覚したみたいですねぇ。
本当ならかなり問題ですね。

東大阪は中核市なので、監査権限を府から移譲されているので、
監査の主体で府は当事者外。


1.二年一回の法人監査で市は何を見ていたか?

2.毎年、児童福祉法の義務に基づいて監査している市が、
  被害者のような第三者の立場でマスコミの取材に
  応じていますね。

  被害者なんですけど、監査に行った当事者でもあるんですよね。
  4年ぶりに行ってみたらとかではなくて...
  法定の義務があるので、毎年行っていたはずなんです。
  何をみていたんでしょうね。

3.愛知県・岡崎市の事情
 
  「何をみていたの?」
   
 と、まあキツイ書き方をしましたが、

 「従業員の飲食」って...
 ウチでは認められてないげと、あっちはOKなんだ....
 というレベルです。
 こっちの監査では、そんなもの通りません。


 営利の株式会社等が支出する、従業員の明日への鋭気を養うための
 支出みたいなものは、認められていません。

 要は飲食代の支出は原則ノーなんです。
 岡崎市なんて....
 食事付きの一日研修とかありますよね。

 「この内、食事代分を算出して本人負担に...」
 と言い出すぐらい厳しいんです。
 会議の茶菓について言われることもあります。

 何百万って...💦
 重大さでいうと、
 空き巣のレベルでなくて、強盗致傷みたいなレベルです。 
 知らない間に...じゃないですね。

 人件費、事業費、事務費というおおきな区分があって、
 福利厚生費は事務費に該当(人件費は直接費のみ)、
 国から来る運営費は財源が、この三つに分かれていて、それぞれに
 収支の分析をします。

 つまり、事務費が異常な支出超過をしていたはずです。
 この差が大きいと個別に内容分析するはずですが...

4.修繕費を架空?

 1,000万円単位の修繕の支出が架空かもしれないそうで。

 10万で相見積、請書
 100万〜契約書
 250万〜競争入札

 補助のつく修繕なら、写真は当然提出。

 かなり、手をかけないと架空取引はできません。
 1万円のウソ修繕を1,000回とか...(笑)

 物品購入は150万で入札。
 保育園が車を持つことはまずありません。
 理論上、送迎バスやバンなどのものは想定されますが、
 乗用車はねぇ。💦

 事実がわかっていないので、いけませんが、
 監査はどうしてたの?
 これが一番気になります。

5.で、誰が被害者って

 園児と保護者のみなさんは気の毒です。

 あと、懲戒解雇された経理担当の保育士さん。
 悪に染まっていたのか、
 怖くて逆らえなかったのか...
 人生ぐちゃぐちゃですね。

 「あんたは言われた通りやっておけばいい!!」とか
 「あんたに罪はない、決済したのはウチや!!いざというときは守ったる」
 まぁ、すべて想像です💦

 いざとなったら、園長・副園長は経理担当を守らないし、守ることもできません。
 保護者、警察、行政、銀行、利害関係者から見たら同罪です。
 
 税理士関与もあったとかいったら、エライことです。
 無事じゃ済まんですねえ。
 「知ってたでしょ!!」と言われたら、こたえようがありません。

 税務申告してないので、今回は税理士法・税法には触れないと思いますが、
 見逃せば故意。気づかなかったら相当注意義務違反みたいな話です。
  → つまり、常に当事者にされて、一方的な被害者になれないんです。

 当事者は感覚が麻痺しているので、メチャメチャです。
  
 ダメと言える耳かき一杯の勇気が必要ですね。


 









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月です。クールビズに入らせていただきます。

2014年05月01日 | ノンカテゴリー
5月です。

緑がどんどん濃くなってきますね。

世間はゴールデンウィーク。

私は黙々と仕事させていただきます。

3月決算が多いので、有難い話です。


さて、5月ということで、

温かくというか、日中は暑くなってきましたね。

事務所のエアコンも、なしといきたいところですが、

人間よりも、

飯のタネのサーバー様のご機嫌を伺わないといけないので、

ぼちぼちリモコンに手をのばさないといけないかもしれません。(笑)


てなわけで、早々とクールビズに入らせていただきます。

よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロ」でありましょう!!

2014年03月28日 | 気づき

久々の投稿です。

万協製薬の松浦さんのFacebookの投稿を例によって無断転載によってネタにさせていただきます。
お許しを....


****************************

決算まで、あと3日!今日こそ、着地点を見つけるのだ!!
それにしてもいつも、いつでも表彰式はイイねえ!

今日は3月28日である。我が万協製薬の決算日まで、あと3日だ。
そろそろ着地点を見つけなければいけないのだが、これがまだ出来ていない。しかし、今日は着地点を決めていくつもりだ。
外で出来る仕事もたくさんある。しかし決算だけはそうはいかない。じっくり机に座って、数字とにらめっこして、総務、財務担当者と議論が必要だ。

うちの税理士は、私ほど決算の数字にこだわる社長に会ったことがないという。

しかし、社長の能力を表す数字は決算における数字だけである。
スポーツアスリートがタイムにこだわるのと、経営者が決算数字にこだわるのは同じことなのに、なぜか多くの経営者は決算は、経理部の仕事と考えがちだ。私はこれが不思議で仕方ない。
映画監督が一番楽しいのは、撮影ではなくフイルムの編集だという。
なぜなら、これが最終形を作る作業だからだ。

決算がただ通りすぎて行くだけの日なのだろうか?
いや、しかし決してそうではない。結果を予想して然るべき数値に決算を落とし込むことをやっていかないと社長の能力は、上がらない。
私はそう思っているのだ。
この能力は一年間に一回しか伸ばすチャンスが無いので、私はこの時期を大切にしている。
ちなみに昨日の表彰式では、意外と3月決算の会社が少なくて驚いた。

写真は、昨日のおもてなし経営選に選ばれたスーパーホテルの山本会長と西精工の西くんと私だ。
200近い応募企業の中から28社だけが長い3次に渡る審査を経て受賞出来た。日本で28社というのは、本当にすごい。本当にすごい会社ばかりだった。
その中でも、我々は、3人共に日本経営品質賞のイヤーホルダーである。
だからなんだか特別なのだ!

この日本経営品質賞の続きのように、このおもてなし大賞をみんなでいただけたことは、とても嬉しいことだ!
私達の物語は、まだ続いているということが、とても嬉しかったのだ!!

****************************

◆◆ これについて思うのは ◆◆

松浦さんは『アスリート』ですな。もしくは『アーティスト』

自分の目的に照らして、または、自分の美意識に照らして、この一年の活動がどうであったかを振り返っておられます。(自分のことを考えると穴があったら、入りたい...(汗))

数字にこだわるのは、とってもいい話です。
理想の財務プロポーションというものを追及する人は、細部にまで目が届くようになります。

身長、体重、ウエスト、骨密度、血糖値、γ−GTP、尿酸値....

人の評価をするために、化粧したり、節制したり、逆にシンクロの選手みたいに毎日5000キロカロリーとらないと浮力が保てず勝負にならない人もいたり...

酒飲みの私は肝臓系の数値が気になります。体重を減らしたときは、体重の変化は細かく把握してましたね。そんなアンテナがたつと、摂取するカロリーなんかも、自然に目がいきます。

どこを気にするか、どんなプロポーションでいたいか考えることで、行動が決まってきたりしますね。


◆◆ インプットとアウトプットとアウトカム。

これは、財務・経営でもまったくおなじです。

自己資本比率、使用総資本経常利益率、流動比率、

一年で摂取した栄養がどれだけあって、運動力を引き出すカロリーにどれだけ回って、体調を整えるためにどれだけ使ったか。結果、どんな体格になっていて、これを維持する血流は大丈夫か?血管つまってしまわないか?貧血は大丈夫か?武器は買えたか?その武器を持つに見合う腕力と、振り回す体幹は鍛えられているか?



◆◆

松浦さんの場合は、製薬という国際競争にさらされている業界なので、消費カロリーを減らしていてダメな世界で戦っています。だから、借金してでも栄養を大量に摂取しないといけません。この摂取した栄養が、どこに、どう行き渡っているか? こんな視点が重視されます。

だから自己資本比率は大切だけど、二の次。
使用総資本経常利益率とかのが興味あるかも知れません。
体格で負ける分ピッチ双方で勝負するなら、回転率とかね。

プロポーションでいくならギアリング比(銀行が気にする負債に関連した比率。
安定して借入を増やすなら、気になるかも。勝負かけた投資の場合は、乱れます。)

法人という人の体
寿命はなく、サグラダファミリアのように、どこまでも未完成を楽しむ体。財務プロポーションというか、経営の黄金比というか、勝負意識・美的感覚を持って楽しみながら鍛えないといけないと思いました。




「アスリート」松浦氏の勝負理論。
「アーティスト」松浦氏の芸術論。
「作家」松浦氏の司馬観ならぬ松浦観によるストーリィ構成

こんな切り口で話に耳を傾けると、松浦さんが全てに精通しているプロ意識の強い「マルチタレント」ということに気づかされます。

私も含めて、みなさん、「プロ」でありましょう!!


※今年の決算コンサートは何時でしょう。
今年こそスケジュールが合いますように....



◆◆ おまけ

年に一度の決算期の棚卸。経営に急ブレーキをかける日。国民の義務だからするだけで、付加価値ゼロ。
棚卸をしなきゃと言うと、「面倒だからしない人」が多いかと思うと、一方では「付加価値ゼロと知らず、仕事をしている気になるので、喜んでやる人」がいる。昨夜お客様とそんな話をしたところです。

嫌だけど、みなさん、必要最低限でいいのでキッチリやってくださいね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かぜのでんわ

2014年03月11日 | ノンカテゴリー
今朝の中日新聞のコラムを読んでこの絵本を知りました。

色々な方が、色々な物を通じて発信しておられます。

少しでも、多くの人が、少しでも多くのグリーフケアを得られますように。

静かに祈ります。


かぜのでんわ
クリエーター情報なし
金の星社





心で話す「風の電話」 岩手・大槌町 遺族と犠牲者つなぐ

http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/list/CK2013091102100026.html?ref=rank


http://matome.naver.jp/odai/2137956071847196001
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

できないから始めるんじゃなくできたから始めよう。

2014年01月17日 | ノンカテゴリー
今日の中日新聞に、三浦さんのことが載っていました。

こんなに頑張っているんですね。

本のタイトルを読むだけで、こみあげてくるものがあります。

脳性まひの長女 書いた!歩いた!  一世風靡した「セーラーズ」社長が育児本



忘れていました。

『セーラーズ』

大ブームでしたね。

私ゃ渋谷の店まで買いに行きましたよ(笑)

お世話になった人なので応援したいですね。

これからも、充実した日々を過ごせますように。


おニャン子着用セーラーズ社長が語る突然の閉店のワケ【セーラーズ】


叶うなら娘より一秒長く生きたい!! ~セーラーズ母娘物語~
クリエーター情報なし
講談社



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「 原点について 」

2013年12月13日 | 気づき
ジングルベルのうたがあちこちから聞こえるようになり、
高野登さんオススメの一冊を取り出しました。

(ジングルベルは宮澤さんが作詞したのです)

行為の意味。

その中の一つ。

◆◆

「 原点について 」


鳥が鳥である 原点
それは つばさを持ったこと
魚が魚である 原点
それは 水中に生まれたこと

ぼくらは ぼくら人間の原点について
一度でも考えてみたことがあるか…

鳥たちは つばさを持ったから 飛ぶ
魚たちは 水中に生まれたから 泳ぐ

ぼくら人間は 直立する人類として
生き 歩く その意識を初めから持った

− 歩いていこう 生きていこう
それが 意思する人間の原点であるなら
ぼくらは 常に その原点に立とう

◆◆

『意思する人間』

人間は二本足で歩こうと意思を持ったから歩けた。
沖縄の川畑父さんがいつも言う言葉です。

そして、この意思を持つ、どうあろうとするか、「考える」。
大きな脳を与えられた人間の象徴的特徴です。

来年はどんな意思を持って、どんな道を歩もうか。
どう人間らしく生きるか?
新年の在り方を考えないといけません。

忙しい....
心を亡くすと書いて忙しい....
そうは言ってられない....


行為の意味―青春前期のきみたちに
クリエーター情報なし
ごま書房新社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あ〜っ。

2013年12月05日 | 気づき
『あ〜っ』という言葉について。


日本語には『どうも』という便利な言葉があります。
いろんな場合に使える便利な言葉です。
中学校の国語の教科書に載っていた記憶があります。

本日取り上げるのは『どうも』ではなく『あ〜っ』です。


1.人が悪いことを見とがめるとき

2.失敗した自分を責めるとき

3.突然思い出したとき

4.1でも2でもない、上に抜ける感じ
  相手にも、自分にも指をささず、誰も責める気はない

5.お風呂に入った一発目

6.寒い中で震えながら深く息を吸い、それを吐き出すとき

7.お経の語尾
  北川先生いわく『お』は遠くに、『あ』は広く聞かせるときに有効だそうです。

8.ビートルズのCan't Buy Me Love におけるシャウト(^_^;)

9.物を落とすとき、自分が落ちるとき

などなど、色々あります。

本日は出勤途中の寒い車中で6をしながら8をきいていて、色々あるなぁ。
1とか、2とか、3とか...などと思っていて。

3...?

3・3・3

スマホ忘れた!!

戻らなきゃ!

と慌ててもどる最中に、この道が早いと選択した細い道が、工事車両で抜けられず4(^_^;)

とまぁ、こんなことがありました。(笑)

『あ〜っ』を連発する朝でした。

で?

と聞かないようにお願いします。オチはありません。

◆◆


ちなみに、うちの家内は3のときに1の発音をするのですが、いつまでたっても
慣れることができません。

私、そんなにやましいこと抱えて暮らしているんでしょうか(笑)

どんな発音でも、相手が受け取った意味が正解。

気をつけます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加