旭川トンボ紀行

北海道旭川市を中心としたトンボの写真とその生態

アカメイトトンボ終齢幼虫

2017年05月16日 | ヤゴ(幼虫)
皆様お久しぶりです!
こちら北海道でもそろそろトンボの羽化が始まる時期となりましたが、先日、道トンボ研の仲間4名とアカメイト幼虫の採集調査を行ってきましたので、写真をアップさせていただきます。


体長27mm内外。緑褐色~濃褐色をした大型のイトトンボ幼虫で、尾鰓には明瞭な褐色斑紋と中央分節があります。クロイトトンボ属幼虫と良く似ており混棲地では紛らわしいですが、
終齢幼虫では明らかに大きいこと、尾鰓中央付近にはっきりとした中央分節があることで見分けられます。国内では北海道のみに生息するトンボですが近年は激減し、現存産地も僅か数
箇所しか知られていません。

今シーズンこそは成虫の姿も見てみたいものですね~。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 活動の終わり・・・・・ | トップ | 2017年シーズンイン! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。