Slow Life Slow Fish

日常の何気な写真中心に

いたすけ古墳/百舌鳥古墳群:大阪府堺市(2017.05.03)

2017年07月06日 | 古墳
●いたすけ古墳(前方後円墳/全長:146m/時期:5世紀中頃)
 
いたすけ古墳は百舌鳥古墳群の中で8番目の大きさの前方後円墳です。
8番目というと巨大古墳がひしめく百舌鳥古墳群ではあまり目立たない規模ですが、146mというととんでもない大きさですね。
さらに周濠が巡っているので普通に考えて巨大な古墳ですね。
 
ただ、いたすけ古墳が規模以上にメジャーである理由が遺跡保存運動にあります。
私も生まれていない遠い昔になりますが、戦後復興期に宅地開発のために多くの古墳が破壊されたそうです。
古墳の破壊に関しては、群馬での残骸のような古墳イメージはつきます。
いたすけ古墳もその例にもれず、昭和30年、宅地開発のために破壊されそうになりました。
当時は遺跡保存という市民運動など考えられなかった時代、故森浩一先生たちにより保存運動が活発に行われ現在があるということです。
 
森先生は同志社大学で教授をされ「町人学者」と自称し勲章等はすべてお断りをしたという異端な方。
旧制堺中学に通われていたということなのでこの辺りは地元なのでしょうか。
いたすけ古墳を見て、森先生が百舌鳥古墳群に囲まれて育ったんだなと聖地を堪能しました。
 
最近では百舌鳥古墳群の世界遺産登録のために、いたすけ古墳の木々の伐採という話が出ているそうです。
ただ、この古墳はタヌキが住んでいるのが有名らしくて、古墳保護かタヌキが大事かという
ちょっとした論争になっているようですね。
古墳チェック後に知りました。
 
古墳自体は、柵がされていて近づけなくなっているので詳細なチェックはできません。
周濠のさらに周りの柵の外から眺めることになります。
古墳のくびれ部はよくわかります。

 
 
 
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『箸墓幻想』内田康夫著  | トップ | 浦安で久しぶりに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古墳」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL