Slow Life Slow Fish

日常の何気な写真中心に

2017年4月の走行距離

2017年04月30日 | ランニング
123.26km
葛西をシーズン最終レースとして走ってこれでしばらくはレースには出ず、
じっくりと次に向けてトレーニングと思っています。
なお過去振り返ると4月はなぜか走り込み量が少なかったです。
走り始めた2013年が77kmなのはそんなものとして、
2014年が98km、2015年が43km(アキレス腱ダメージ)、2016年が88kmという具合。
そう考えると今月は例年よりは葛西後に走れているという感じでしょうか。
 
今後の計画について。
いつもなら10kmのレースを6月に入れていますが今年は無しで。
 
先日の葛西で10kmのタイムが思うほど出せなかったことで、一旦各距離での走力評価を入れていました。
指標としては、ランニング・フォーミュラのダニエルズ氏のVDOT指標。
VDOTはVO2max(最大酸素摂取能力)とランニングエコノミーが示されるという優れものです。
各年別のベストタイムをVDOT化してグラフ化してみました。


 
すると、今の自分の弱点本当の良くわかりました。
明らかにフルマラソンを走りきるトレーニングが足りない。
2017年は本格シーズンは秋なので2016年のグラフで見ると、5kmからハーフまではVDOTの数値が横に並んでいますが
フルマラソンになると、一気に落ち込みます。
この落ち込みを少しでも防ぐ練習となると、スピード練習ではなく、30km以上を走り切る筋持久力!
もし抽選に当選すれば、秋の目標は今年は10月29日開催の金沢マラソンです。
今年はとにかく10kmレースのためのスピード練習は意識せず、長い距離を走り続ける練習をしっかり行うことをここから半年やらないといけないなぁと改めてグラフを見て感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第25回葛西臨海公園ナイトマラソンスプリングステージ反省(回顧)

2017年04月26日 | レース結果
4月21日(金)、自分の記念すべきレヴュー戦でもある恒例のレースに参加してきました。
10kmの現在のベストが46分01秒で、丁度1年前のこのレースの記録。
そしてシーズン最後となるこのレース!
今回はこの記録更新を最低目標として臨みました!!
 
しかし結果は、、、46分27秒。。。
30秒も遅いタイム。
ちょっとショックでしたが、改めてデータを見て振り返りです。
 
できていなかったこととしては、スピード練習が足りていなかったと思います。
その代わり縄跳びをやりだしたりと、ストライドが大きくなる練習は少しはやってた状態。
結果は以下。


どうも大回りして長めに走ったのか、Lapで見るとそんなに変わらないんですね。
50mくらい余計に走ったようなデータになっていました。
10kmのLapで比較すると、前半はまあまあな感じ。
4kmのLapが昨年も落ち込んでいますが、これはかなり小刻みなコーナーと江戸川沿いの折り返しのところです。
ここもまあまあ走れている感じです。
ただ5kmのLapが昨年が良すぎなのか差がつきました。
その後の後半は微妙に落ち込んでFinish!
 
半面ピッチを見てみると、今回のほうがピッチは落ちていてもタイムは上がっている
ところがあるので、ストライドは大きくなっていたように見えます。
う~ん、10kmいよいよ伸び悩んできたかな?
タイムを伸ばす練習をしっかりしないと、フルマラソン練習の底上げでは伸びは望めなさそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不二山古墳:前橋市(2017.4.2)

2017年04月14日 | 関東の古墳
ハーフマラソンを午前中に走った後の午後、ぎりぎり2基のチェックをした1つが不二山古墳でした。


天川二子山古墳とはすぐ近所になるこの古墳はもともとは前方後円墳だったのが
どんどん切り取られて今は良くわからない状態で残っていました。
群馬にはこんな遺跡の残し方があるんですね。
ちょっとびっくりしたので記録しておきます。
 
そのあとは、前橋コンフォートホテルで1泊。

日曜の宿泊は非常に安くてさらに朝食もついて、さらにじゃらんのポイントも残っていたので本当に安く泊まれました。

いつも古墳の旅は行き当たりばったりで、どこの何をチェックするか無計画なんですが
朝食とりながらホテルのMAPでチェックしてとゆったり朝を過ごせたので
快適でした!
 
■不二山古墳
■場所 前橋市文京町3-2
■形状 前方後円墳
■規模 全長54.5m(現在は大部分損失)
■築造時期 6世紀後半
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tyrannochromis maculiceps(ティラノクロミス マクリケプス)

2017年04月13日 | アフリカンシクリッド
Tyrannochromis maculiceps
発色前





 




発色後




 
 
MY LIFE WITH AFLICAN CICHLIDS
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天川二子山古墳:前橋市(2017.4.2)

2017年04月12日 | 関東の古墳
前橋二子山古墳とも呼ばれる前方後円墳です。
この時は、午前中に埼玉県でハーフマラソンを走った後、電車で移動し一泊二日で前橋の古墳散策をする予定をしていました。
足の指に水ぶくれができていて歩行が大変辛い中でも古墳を見るために歩き続けました!
(二日目はレンタル自転車移動にしたんですが当日は前橋駅から歩ける範囲で)
 
天川二子山古墳は古墳を含めて公園になっている中にありました。

当日は鳥の撮影をされているのかかなりの望遠レンズをもった方々が古墳の上を陣取っていたのでなかなか細かなチェックができず。。。
 
それでも二段築造であることがよくわかるし、葺石が露出していて公園になってはいても、当時の雰囲気が少しは感じられる古墳でした。



全長は104mということで結構な規模です。
横穴式石室ということですが、どこに石室があるのかよくわかりませんでした。
前方部の墳頂には大き目の石が露出しているのでまさか竪穴式?年代的にそれはないよなぁと思いました。
この規模の古墳が公園になっているというんは、歴史になじめて前橋の方恵まれてますね!
 
 
■天川二子山古墳
■場所 群馬県前橋市文京町3-26
■形状 前方後円墳
■規模 全長104m
■築造時期 6世紀後半から7世紀
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Taeniochromis holotaenia(タエニオクロミス ホロタエニア)

2017年04月12日 | アフリカンシクリッド
Taeniochromis holotaenia
発色難易度が大変高い種です。
 
発色前


 
発色後



 
 
MY LIFE WITH AFLICAN CICHLIDS
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tyrannochromis nigriventer(ティラノクロミス ニグリヴェンター)

2017年04月09日 | アフリカンシクリッド
永らく引っ越しで散在していたストックPHOTOが見つかりましたので徐々にアップしていきます。
 
Tyrannochromis nigriventer
この個体は特に体高が低かったです。
 

 

 
Tyrannochromis nigriventer (southern)
サウザン(南部型)という識別はこだわりなので現在はもう区別はないのか情報から縁遠くわからないですが、産地の違いは明確にありました。


 
MY LIFE WITH AFLICAN CICHLIDS
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行田鉄剣マラソン2017反省(回顧)

2017年04月08日 | レース結果
4月2日(日)行田鉄剣マラソン走ってきました。
この大会今年TBSでドラマ化される池井戸潤さんの「陸王」の名が冠された大会に生まれ変わりました。
「陸王」は行田市の老舗足袋業者がランニングシューズを開発し大手メーカーに勝負を挑むという池井戸さんらしい内容です。
行田鉄剣マラソン、来年はよりメジャーになっているかもしれません。
さっそく陸王Tシャツも販売されてました(笑)。
 
土曜まで出張だったので東京へは夜に戻り、翌朝4時起床と結構ハードでした。
体調の回復も7割という感じでしょうか。
朝お風呂にゆっくり入って身体を温め、ストレッチして出発。
東京駅から行田までは乗り換え無しで行けるので交通の便は大変楽ですね。
行田駅から会場までのシャトルバスもスムーズで待ち時間はありません。
 
一度経験している大会は動きのペースが事前にしみついているので楽ですね。
どの位の待ち時間トイレが混むとか、荷物の預けは何時で良いとか、昨年の経験があるので
スタートまで無駄無い時間を過ごせます。
問題は体調だけ!
時々咳き込む状態ながら、脚はまったく問題ないので直前の練習不足がどれだけ影響するか・・・。
 
こちらが結果。
 
 
前半10kmは病み上がりを感じさせない快走でした(苦笑)。
LAPは47分5秒。
ペースとしては早いですが、特に脚も息も問題ないので、このペースが無理な訳じゃないなと思いながら4分45秒を維持できればと。
しかし15km過ぎの石畳とその後の砂利道で分かってはいながらもペースが狂いました。
ここで粘らなくてはならないところなんですが、後半5kmが完全に崩れました。
 
精神的にも弱い面もあり、まあここまで病み上がりで走ったんだから
あとはのんびり古墳を楽しもうと思ってしまったのでガックリとペースダウン。。。
ただ弱気になったのも確かですが、もしかしたら少し脱水もあったのかも。
給水で再び気力が戻り後半2kmは少し戻せてFINISH。
 
1時間43分54秒は、昨年より1分27秒の短縮で、PB(上尾)からは2分38秒遅れ。
ハーフは次どこを走るかはまだ未定ですが、これでシーズンは一旦終了。
 
終わってからは古代鍋をもらって、ゼリーフライを食べて疲れを癒しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年3月の走行距離

2017年03月31日 | ランニング
 123.53km
最終週に花粉症を悪化させ、咳き込んでしまい完全にダウンしてしまいました。
よって追い込みができず、距離を稼ぐことができないまま終えることになりました。
元来丈夫な方なのでこんなに体調悪くしたのは記憶にないくらいです。
やっぱりフルマラソンのダメージで免疫低下していたのかな?
行田鉄剣マラソンの練習どころか、レースで力を発揮できるかも
危ういので、PB更新を狙おうと意気込んでいましたが、DNSとの狭間のような
状態なので今回はセカンドベストを狙うあたりに設定して走ってこようと思っています。
 
元々は平均4分45秒/kmで走ろうと思っていたところを
5秒落して4分50秒/kmで走り切ることを目指してラスト追い込んで1時間42分でGOAL。
こんな感じで走れれば今の体調だと十分すぎるかなと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静岡マラソン2017雑記

2017年03月13日 | ランニング
今回の静岡マラソンのいろいろなマラソン以外の備忘を残しておきます。
 
○宿泊ホテル


今回はマラソンエントリー前に予約をしました。
奈良マラソンの時も同じですが宿泊難民になるリスクがあるのでとにかく1箇所予約を入れて、その後それからマラソンのエントリーという順番でした。
予約したのは、三交イン静岡さん。
駿府城まで歩いて数分なので今回の予約は良いところに泊まれました。
マラソン当日は、目覚めの風呂に入ったり、トイレにぎりぎりまで時間使ったりと、とにかくホテルは近い方が良いと昨年つくづく思ったので経験を活かせた感じです。
 
○前日の夕食
ランナーとして遠征しているので夕食にアルコール飲めません(苦笑)。
アルコール入れないで居酒屋?というのは耐えられないので、実は夕食が難儀です。
自分の場合は、今まですべて一人で走ってますから尚更苦労するんです。
実は今回止まったホテル、利便性が良かったことに加えてなんと、静岡おでん街のほぼ隣に位置したのでした!


細い小路に並ぶおでんの提灯。
小さなカウンターにはまだ席が残っている状態でしたが、ここで入ってしまうと、アルコールを入れてしまい自分に必ず負けそうなので断念した次第です。
ここがマラソン旅行と大会遠征の大きな違いですねぇ。
 
○静岡マラソンでの補給

最近は痙攣対策のほぼ特化しているような、補給体制で臨んでいます。
レース直前に一番右のグリコワンセコンドをチュッと身体に入れます。
理由は特になくて重たいので先に終わらせます。
そして前半最初の給水地点辺りで井村屋の羊羹を食べてしまいます。
あとは基本的に塩飴が口からなくならないように舐め続けながら25kmあたりで痙攣の予兆が来そうな頃に、メダリストを身体に入れます。
メダリストと自分は相性が良いと思っていて、これを身体に入れると痙攣予兆がおさまるんですね。
ということでさらに追加で予兆が来た場合に2つめのメダリストを補給します。
今回も2本補給したまではよかったんですが、その後に痙攣に襲われました(汗)。
メダリスト3本体制で臨まないといけないかも。。。。
あとは、最後の粘りの喝のために1本くらい補給を持っておいて、自分を振り絞るトリガーにしている感じです。
 
○当日その後

普通のマラソンランナーは、完走後にしっかり静岡の食べ物なり観光を満喫してから帰路に着くと思います。
前日までストイックな状態を保ってますから一度緩めたくなると思うのは当然です。
自分の場合は、月曜にどうしても重要な会議がある関係で今回は、静岡から金沢に当日戻る必要がありました。
結局マラソンを終えて、着替えたら清水駅から東海道線を乗り継ぎ東京へ、
そこから門前仲町の自宅に戻り、身体からの塩と海の潮にまみれたウェアを洗濯!
着替えて今度は出張キャスターに入れ替えて再び東京駅から新幹線で金沢へ!
朝4時起床から金沢の自宅に着いたのは夜10時半。大変慌ただしい1日でした。
一応ストイックすぎるのも精神的に良くないので、金沢への新幹線の中で少しゆっくりはしました。
 
マニアックな本を読みながらも痙攣に関して反省した苦い帰路でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加