ピカソ・マニマニア

詩と日記 時々ピカソ

体操部長の 大車輪

2016-11-20 00:22:41 | 詩作

 

広いとは言えない

都心の高校の校庭の片隅に

大車輪の出来る鉄棒があって

 

他の数人の部員は

卓球部等とシェアする体育館で

それぞれ勝手に運動しているのに

 

体操部長は

いつも一人もしくは部員の誰かと

大車輪をしていた

 

身長180㎝はある体躯が

誇らしげに空を蹴り

 

弱小であっても とにかく試合に出る

テニス、卓球、野球、バレーボール ・・・等と違い

 

人数も足りず 教えてくれる教師もなく

ただ漠然とそこにある器具を使っていた 体操部

 

 

部長はその後

難関国立大学理系に現役で入学

 

卒業後はアラブ系の石油会社に入社

アラブ人のような髭を生やして

仕事をしているとの 風の便り

 

部員の誰も 高校卒業後は

会ったことがないが

どうしているのかな 

 

秋の澄み渡った空を見上げると

 

体操部長の 空に吸い込まれ

大車輪をしている姿を思い出すのです

 

 

      by    風呼      

 

               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月11日 砕氷艦 ”しらせ... | トップ | 初雪の東京から新潟へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩作」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。