ピカソ・マニマニア

詩と日記 時々ピカソ

蜜蜂と遠雷 後日談

2017-06-18 22:49:19 | エッセー詩

 

主人公の一人 亜夜ちゃんが

ピアノコンクール本選で演奏した

プロコイエフ『ピアノ協奏曲 第二番』を

U-TUBUで聞いていると

夫が通りかかった

 

「ほら 亜弥ちゃんが本選で演奏した

『ピアノ協奏曲第二番』 よ」 と言うと

 

ショパンと シューベルトの違いも

分からない夫が

立ち止まって 暫く聞いていました

 

「塵くんが第三次予選で弾いた

『アフリカ幻想曲 op89』も聞いたけど

もの凄い迫力だったわよ」

 

 

本を読んでいる時は 早く結果を知りたいので

曲目は無視をしてページをめくった

 

実際、全く分からなかったし

 

読み終えると 何だか無性に

三人が弾いた曲がどんなだか

知りたくなった

 

マサルが プロコイエフ『ピアノ協奏曲第三番』

 

塵くんは バルトーク 『ピアノ協奏曲第三番』

 

全部聞いてみました

 

 

村の居酒屋の踊り とか

小鳥に説教する アッシジの聖フランチェスコ 

とかの副題がないので

 

それぞれ

10回は聞かないとイメージは涌かないでしょう

 

 

こんなに早くて難しい曲を

暗譜で弾くなんて ピアニストって

超優秀な頭脳の持ち主と 感服

 

 

この本は 次姉から 長姉を経て

私に廻って来たものですが

 

クラシックに全く造詣のない

義兄も私の夫も

ちゃんと読み切りました

 

で 我が家でも 冒頭の

主人公の名前での会話も成立

 

 

何とも魅力的な 本に出合いました

 

 

 

       by   風呼       

 

 

               ブログランキング・にほんブログ村へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”親鸞” 激動編 上下巻  ... | トップ | 御所五郎蔵 於・歌舞伎座 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。