窓の向こうの海

思考の海と、それを切り取る枠。
振り返る時に思い出すための断片。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

この闇と光 服部まゆみ

2017-07-31 00:18:40 | 読書



またしてもすごい本を読んでしまった。


去年からずっと気になっていて、最近やっと本屋さんで見つけて即買いした一冊。


王女レイアと父王を取り囲む世界の…お話。


美しいもの、耽美的なものを求めて生きるには、
醜いもの、俗物的なものを徹底的に排除しなければならないのかもしれない。


閉鎖された空間(=闇)の中で、美しく輝く光のような物語や音楽。


現実世界は幻滅するようなことも多い。
俗世的なものやひとにげんなりすることも。
わたしだって、心を閉ざして引きこもっている自覚があるから、なんだかレイアと似たような境遇にも思えた。


ただただ環境を作られ、与えられ、そこで生きることしかできなかったレイアと、自分自身で選び、望んでいるわたしとでは、大きな違いがあるのかもしれないけれど。


でも、別荘から出たレイアもまた、美しい幽閉空間の日々を恋しく思っているのだと思う。
捨てきれずに、現実が受け止めきれずに。
もどかしく毎日を過ごしている。心を閉ざし続けている。


それは、一度、ひたすらに美しい世界をその身で体験してしまったから。
観念的な美に魅了され、囚われて、現実世界を直視することを心が拒んでいるのだと思う。


それはある意味では幸せであり、でも現世でしぶとく生きていくには不幸なことだと感じた。


無垢なレイアと、周りの大人たちとの対比がよく描かれていて、興味深かった。


父王の内心での葛藤や衝動的な行動は、とても人間臭くて好きだ。


子どもの目に映る、感じる世界と、
大人たちの捉えている世界とでは、
とても大きな違いがあり、越えられない隔たりがある。


幼い頃、もっと世界は幻想的で、観念的で、美しかった。

ずっとその世界の中で生きられたらいいのに。

幼い頃は自由で、でも大人になったらまた別の意味の自由が与えられる。

中途半端なルールの中で縛られながら生きる、中高生時代が、もしかすると一番、不自由で窮屈かもしれない。
そんな風に思った。

すくなくとも、わたしは息苦しかったし、ずっともがいていた。


いま、再び本来の世界を取り戻しつつあるのかもしれないとも。



この闇と光。


世界の捉え方を自由自在に変えて、柔軟に生きられたら、案外もっとラクになれるのかもしれない。



余談だけれど、最近読んだハルチカシリーズの『惑星カロン』にも、この本にも、【ワルプルギスの夜(ヴァルプルギスの夜)】が重要なキーワードのひとつとして出てきて、とても驚いたし、思わずにやりとした。


こういうことが、読書をしていると、たまにある。

ほんの偶然なのだけれど、世界は繋がっているなあ、と感じさせられる。


どのように世界を捉えて生きるか。
美しさを希求するとはなんなのか。
その功罪。


そんなことを考えさせられる本だった。



服部まゆみさんの本、ほかにも読んでみたいなあ。


独特な世界観がわたしはすごく好きでした。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十億年 | トップ | The Glory Days »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。