窓の向こうの海

思考の海と、それを切り取る枠。
振り返る時に思い出すための断片。

雪月花黙示録 恩田陸

2017-06-20 14:22:38 | 読書



すこし、いやかなりご無沙汰の読書でした。

恩田陸、つまり作者買いの一冊。

エンタメ色が強くて最初はとっつきにくかったけれど、
読んでいるうちにどんどん引き込まれていきました。
蘇芳がとにかく可愛い。ザ恩田ガールって感じで。
でも男の子も女の子も、いつもよりちょっとだけ薄っぺらかった、内面が。

レビューでも相当言われているようだけれど
終わり方もまぁ恩田節という感じで、曖昧にぶった斬る、文字通りそんな感じだった。

でも恩田作品は過程や文章を楽しんでいるのでそこそこの満足度でした。
これ、書いていて途中で疲れちゃったんだろうなあ。


次はやっと『蜜蜂と遠雷』を読みまーす!


積み本が溜まりすぎているので、一冊ずつじっくり消化していこう。

読書の梅雨、そんな感じで。



また読んだら感想かきます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スキキライ | トップ | 誠実さとは。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。