窓の向こうの海

思考の海と、それを切り取る枠。
振り返る時に思い出すための断片。

誠実さとは。

2017-06-20 14:59:20 | 考え事



最近、『誠実さ』についてすごく考えさせられることが立て続けにあったので、
思うところを書き残しておこうと思う。

とりとめもなく、支離滅裂な文章になってしまいそう。
はじめに断っておきます、あくまで自分のためのメモのようなもの。



ここ半年ほど、ネットの人間関係のなかで少なくない時間を過ごしてきた。

引きこもり状態のわたしにとって、それはとても貴重な場所だった。

今の自分は基本的に、なかなか外に出たくても出られない状況なので、
ネットもリアルもさほど変わらない『自分』で過ごしているつもりだ。

つまり、特には人格を作ったり繕ったりせずに、
割とそのままの自分で人と関わっている、ということ。

ネットとリアルを完全に分けている人もいると思う、
どちらが本当の自分とか、そういうことでもなくて。

でも個人的には、結局ある程度は、顔が見えなかったり情報が限られている分、
逆にその人の本質が炙り出しのように見えてくるのがネットのような、気がする。

わたしはその中でも、外見によらずに仲よくしたり、
内面を評価してもらったりすることでうれしく思うことも多かった。
話し方とか、考え方とか、そういうところで褒められたり、
好きだと言ってもらえると自信がついた。

大学生のころ、容姿や見た目の雰囲気で勝手に判断されたり、
なめられたりするのが本当に嫌だったのもあって、なおさら。


そんなこんなで、楽しくチャットやスカイプで会話するゲーム友達が増えていたのだけれど、最近納得いかないことがあり。

それなりに仲良くなった子のひとりから、すこし前に個人的に相談を受けていて。
その子はツイッターのフォロワーさんとトラブってしまい、というか一方的に被害を受けたようなものなのだけれど。
それでいろいろとあったせいで、人間不信になってしまって、と言われて。
リアルのほうでも家族が倒れてしまい、ごたごたしていて大変そうだった。

わたしはその子のことを大事に思っていたしすごく心配で、
自分なりに親身に相談にのったつもりでいた。


でも、そのすこしあと、最近、別の友達から、
その子がトラブった子と前以上に仲よく話していると聞いてしまい、
わたしは、すごくモヤっとして。

あれだけ暴言を吐かれたり、酷い仕打ちを受けたりしたのに、
ストレス性の胃腸炎になったとまで言っていたのに、
その原因の子とまた仲よく接することへの違和感ももちろんあったけれど、
なにより、曲がりなりにも問題が解決したのなら、
私に一言あってもよかったんじゃないかなあ、と思って。

所詮ネットの人間関係、という考え方は、わたしはあまり好きではない。

ネットだからこそ、相対するときに顔が見えない特殊な環境だからこそ、
そういう些細なところに人間性が表れてしまうのではないか、と思う。

あまりにもやっとしたので、その子に直接聞いた。
そのときにされた説明も、正直、うーんと思ってしまった。

その子の考え方も、ネットは第二の人生だと思っているから、人間関係は大事にしたい。
一度喧嘩しても、修復可能ならまた元通り仲よくしたい。
そんな風に言っていたけれど、正直、関わってリアルで体調を崩したまで
追い詰められた相手とまた関わる必要はあるのだろうか?
単純にまず、そこが疑問。

それに加えて、目の前の人間関係に必死で、
相談した相手のことは雑に扱っているように思えて、矛盾を感じる。

単に慰めてほしい、自分の味方がほしいだけだったのならなんだか、
都合よく使われたみたいでとても悲しい。

中途半端な信頼関係。

そんなことを思った。

その子はわたしとも仲よくしていきたいと思っているみたいだけれど、
すこし不信感が募ってしまった。



書いていてあまりに愚痴っぽくなってしまって、
自分自身に辟易してきたので、このへんで終わります。


誠実さとは、相手への真摯なふるまいとは何か、
そんなことを今一度考えさせられたのでした。


相手の立場に立って物事を考えられるようになりたい。切実に。
こんなわたしは理屈っぽいのかなあ、めんどくさいのかなあ。


ちょっと今は落ち込んでいます。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪月花黙示録 恩田陸 | トップ | ルートスフィア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。