富岡製糸場世界遺産伝道師協会 世界遺産情報

「富岡製糸場と絹産業遺産群」は日本で初めての近代産業遺産として2014年6月25日付でユネスコ世界遺産に登録されました。

桐生・買場紗綾市で「富岡製糸場絹産業遺産群」を世界遺産へのキャンペーン

2007年10月17日 21時30分50秒 | 世界遺産伝道師協会
 10月6日(土)東毛支部の活動として買場紗綾市でのキャンペーンを行いました。

場所は「本一・本二まちづくりの会」会長森壽作氏宅(「桐生新町重要建造物」の木札のかかる)前、右の角を曲がると買場紗綾市、左手に天神様の骨董市、ふたつの市への人の流れが交わる特等地。
 
 本町通りの両側にはフリーマーケットが並び、有鄰館ではからくり人形が上演されていました。おかげで通りに人の流れが途切れることはありませんでした。渋い色目の着物を粋に着こなした男性や街並みを撮影する人もいます。

 地元の我々も久し振りに見るにぎやかな桐生の町にうれしくなりながら、伝道師8名は汗をかきながら(晴天で暑かったのです!)伝道活動を行いました。

 チラシを受け取ってくれる人たちの反応は非常に良く、「桐生は世界遺産に向けて動いている」ことを実感しました。「もう少しもらえますか?」と言う人や「自分も何かしたいと思うけど、どうしたらいいか?」ときいてくる人もいました。「伝道師になってください」と答えたのはもちろんです。「桐生が入って初めて絹蚕業遺産群として完結する」ことをアピールする必要性を感じたものの、手ごたえは十分でした。

 キャンペーン後、100年前の趣をそのまま残す山田さん宅で支部ミーティングを行いました。さらに活動にはずみがついてきそうな東毛支部です。(報告者H.S伝道師)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜「原三溪市民研究会」で”... | トップ | 「写真家・田中弘子作品展&... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。