富岡製糸場世界遺産伝道師協会 世界遺産情報

「富岡製糸場と絹産業遺産群」は日本で初めての近代産業遺産として2014年6月25日付でユネスコ世界遺産に登録されました。

世界遺産伝道活動報告(石段ひな祭りでの伝道活動;平成29年3月4日、5日)

2017年03月07日 21時58分06秒 | 世界遺産伝道師協会

伝道活動報告(石段ひな祭りでの伝道活動;平成29年3月4日、5日)

 

伊香保温泉石段ひな祭りでの伝道活動の報告です。

参加した伝道師は、4日は、O澤直希、S澤美代子、M下寿美江、I田みち子、N屋和幸の5名、6日は、K井拓実、T島智子、T平和子、N澤忠雄(午前中)、N屋和幸の5名でした。

活動内容は、パンフレットの配布でした。

この石段ひな祭りも平成3年3月3日午後3時3分に始まり今年で27回目とのことです。

1日目は地元の保育園児が、2日目は、一般公募の子供たちがお雛様の格好をします。

今年で公募は、18回目だとのことです。(公募は、93人の申込みで28名の子供たちが選ばれていました)

良い写真を撮ろうと多くのプロ・アマカメラマンもいましたが、やっぱり 親子ともどもほのぼのとした雰囲気での記念写真がとても楽しそうでした。

天候は、前日に県庁に資材を取りに行った時の強風とは、一転して、両日とも2時ころまでは、暖かく穏やかな伝道活動日和でした。

無料の“お餅”の配布、 “甘酒”のふるまいもありました。

ほとんどのお客様は、石段ひな祭りがあることを知らず予定通りに早く帰ってしまう方 遅く来る方と空振りのお客様が残念がっていたのが印象的でした。

我々のパンフレット配りは、比較的受け取ってくれる方が多く、「昨日 冨岡製糸場行ってきたよ」と言われる方も何人かいらっしゃいました。また すぐに「もう行ってきたよ」と言って素通りしようとするお客様は、ほとんど富岡製糸場だけなのでその方には、他の構成資産、日本遺産、群馬の絹遺産の話をすると「それじゃ」と言ってパンフレットを受け取ってくれる方がおり ひと声かける大切さも再認識することができました。

両日とも 午後3時ころには、活動も終了しました。

今回も 丸本館に 荷物を置かせていただき 大変お世話になりました。

また 丸本館をはじめとして近隣の旅館にもパンフレットを置かせていただきました。

置けなかった旅館もあります。またの機会に寄らせていただきます。

宿泊客の子供たちに子供用パンフレットは自由研究の題材にと好評のようです。

今回は、足らなかったので次回以降検討させていただきます。

例年の駐車場が 有料になったため 商工会駐車場に車を止めての移動でした。

参加した伝道師の皆様には、重いパンフレットを運んでいただきありがとうございました。

次回は、近くへの車での荷物だけでの移動もしっかりと事前に考えたいと思います。

いつも参加していただく伝道師の方たちは、気持ちよく楽しく活動をしていただいています。いろいろな観光地での活動もあります。他の伝道師の方も大歓迎です。

募集要項を見て月1回程度の参加をご検討ください。よろしくお願いいたします。

(K.N 記) 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伝道師協会 平成29年3月... | トップ | 企画展「絹の国ぐんまにふれ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界遺産伝道師協会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。