働き盛り夫婦で世界一周旅行

30代後半で世界一周旅行。いい年して文無しで帰国した2年後、子供を授かる。そして2012年ジャカルタへの赴任辞令が。

ジャカルタ絆駅伝2017

2017-05-14 23:49:56 | ジャカルタでのぼやき
酔っ払って調子に乗りまくり、今年のジャカルタ絆駅伝に出ることになってしまい、1番びっくりしているのは、何を隠そうこのわたし。
なんせ、ただ走ることが何より嫌い、楽しくない、と小さい頃からずっと思い続けている
なのに、なぜ駅伝なんだー。

何故?

この年になって、何故か自分の苦手と思っていた分野に挑戦したくなった、と言ったらかっこよすぎるよねーわたし

でも、そうなんだよね、実は。

嫌い、苦手、と自分に限界作ってるのは自分だったりすることに、やっと最近気付き始めました。

と、かっこいいことは、はいはいと聞き流して頂き、何のこっちゃない、この数ヶ月でまた体重が増え、どうにもこうにも更年期太りに歯止めが利かないので、駅伝出場を掲げたら、否応無しに走る練習して、少しは体重落ちるんじゃないかという、おばさんの野望の幕開けだったのでした

そんな私の飽くなき野望に付き合い、一緒に出場してくれることを、1つ返事で『いいよ』と賛同してくれたあけさんに感謝です。ありがとう、あけさん。

結局体重は全く落ちなかったものの、3日おきに走る練習してたら、意外と楽しくなって来たりして、3キロは速くはないものの、苦しくなく走れることがわかって来ました。

また調子に乗って、11月にあるジャカルタマラソン5キロコース出ちゃおうかなーなんて、おばはんの新しい野望の幕開けとなるかもしれません。







スタートダッシュ最前列で、ガチトップランナーと張り合おうとする夫、ジャカルタ新聞の一面に載りました(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tempe kering

2017-05-08 13:39:52 | ジャカルタでのぼやき
ずっと前に、今はすでに本帰国してしまったお友達のメイドさんが作ってくれたTempe keringの味が忘れられずにいたら、テンポラリーで1ヶ月だけ我が家に来てくれてるメイドさんが、『作れるよ』と言うので、材料調達も全てお願いして、作ってもらいました。
単発で来てくれてるこのメイドさん、どうも掃除よりも料理のほうが得意らしく、日本食もかなりの腕前で、おひたしやら酢の物やらまでも、かなり1人でちゃっちゃか作ってくれます。
ここまでされると、私の必要性かなり無くなりますな。



これがTempe kering
細かく切ったテンペとピーナッツ、ちりめんじゃこをカラッと揚げて、数種類のスパイスとやし砂糖などを煮詰めて絡めたインドネシア料理。

お味のほうは、前食べたものより、ちょっと甘めでしたが、カラッとしていて美味しかったー。でもカロリー高いよねーやっぱり。



こんな餃子も1人でちゃっちゃか作ります。

一度料理上手メイドさんに来てもらうと、益々使い物にならない主婦具合が加速しますな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ受ける洗礼?

2017-04-29 20:20:04 | ジャカルタでのぼやき
約4週間弱の日本滞在から、ジャカルタに戻ること一週間。またしても、夜中の腹痛に眠れずの朝を迎えた先週末の日曜日。
それでも、日本で肥えた3キロ増の体重は、何故か戻らない。

まぁボチボチ戻すしかないかな

お腹痛くてもお茶はしちゃうんだよねー。シティウォーク内にあるカフェで。
コスパ◯、クオリティも◯なカフェです。

common ground





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新学期もいよいよ始まり

2017-04-21 20:37:12 | ジャカルタでのぼやき
日本より少し遅いですが、やっと18日から学校が始まりました。
ジャカルタに戻ってみると、うちで真面目にずっと働いていてくれた穏やかなメイドさんが、妊娠したのでやめさせてもらいたいと言って、来なくはなるわ、インドネシア人としては、中々のキレ者と認めていた、真面目な家庭車の運転手に、お金を借りたいと切り出されたり、と立て続けに今まで体験したことのない事態に、アタフタしている毎日です。
早く、平穏なジャカルタ生活に戻りたい。
とは言え、この事態まだしばらくは落ち着くまでには、時間がかかるでしょーね。




イスクティアルモスクにて
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いきおいで、、、

2017-04-17 11:24:27 | ジャカルタでのぼやき
5月14日にジャカルタ中心部で、行われる絆駅伝に、わたくし勢いで参加することになりました(笑)
日本で三浦雄一郎さんの出演されてるCM見て、何歳になっても筋力は付けられる、と言うフレーズに感化され、ボケ防止にも筋肉は有効と友達に励まされ、勢い余って参加に至りました。可能な限り頑張ってみます。
と大げさに言っておりますが、走るのは2.7kmのみ。されど、走るの嫌いな私にはハーフマラソンにでも参加するか如く、ビビっております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満開桜を見ると、、、

2017-04-13 16:15:26 | ジャカルタでのぼやき
毎年春に一時帰国して思うこと。
満開の桜を見るせいなのか、何か新しいことを始めたくなる。
さて、今年は何をしようかな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BBQとお誕生日会

2015-12-05 22:44:54 | ジャカルタでのぼやき

アパートを4月末に引っ越して、また1から出直し感がいっぱいの約半年が過ぎました。

自分たちは新しい場所で知り合いも徐々に増える中でも、本帰国する人、引っ越しや移動する人などなど、ジャカルタでは、3月、8月、12月は別れの季節でもあります。

そんな中、仲良くしてもらっていた家族が、夫の地元伊丹市に本帰国。

お別れBBQが企画され、たまたまその日が、ゆうきち誕生日だったこともあり、ちゃっかり便乗お誕生日会もしてもらうことにしました。でへ

今年は家族3人でお誕生日会の予定が、ゆうきちはみんなでBBQプラス自分の誕生日会までしてもらえて、すこぶるご機嫌でありました。

 

めちゃいい笑顔(やっぱり親ばか)

 

いざ、ふー。。

 

みんな大好き、チョコレートケーキ

 

生意気そうなゆうきち。みんなありがとう。著作権大丈夫かな。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幼稚園の年長運動会

2015-10-10 22:52:31 | ジャカルタでのぼやき

去年の年少時運動会は、まさかの骨ひびあとの足引きずりの運動会。

今年は幼稚園最後の運動会。

また骨折なんてことがありませんように~と祈りながら運動会を迎えました。

ジャカルタ日本人学校幼稚部の運動会は、なんといっても年長が毎年主役。

去年私がPTA役員席から見させてもらった時も、年長さんはすご~いと、感動したのを覚えています。

子供はもちろん主役でかっこいいのですが、あそこまで6歳児を仕込む先生方の並並みならぬご苦労、痛み入ります。

しかし、仕上がりは超素晴らしく、毎年感動の嵐のようです。

さて、今年はその感動の年長運動会。

年長さんになると、個人競争、全員リレー(100m弱ほどのトラックを1周全員走ります)、ダイナミックな表現も、親子リレーも、と盛りだくさん。

そのうえ、一人一役、各役割を果たさなければなりません。準備体操のリーダーとなり全員の前で体操する子、各チームの応援合戦の団長副団長、ポンポン隊長隊員、旗振り、トロフィー授与担当などなど。

そんな中、ゆうきち去年の骨ひびがトラウマか?運動会好きじゃないんだよね~。いつもながら母トホホの巻きです。

んなことなら、大役をひきうけて来るな~とややイラッ。

なんとなくやる気なしのゆうきち、引き受けてきたのは、おそるべし応援団長なのです。

むしろ母的には、なんでわざわざそのような大役を引き受けてくるのかわからず。しかも、自分からやりたいと言ったそうなのです。

やる気満々の子は他にもいたそうなんですが、オーディションの結果、一番声がばかデカかったらしいゆうきちに決まったと、後日教えていただきました。

大丈夫?ほんとにできるの?何度も本人に聞きましたが、うーんわかんない!

ざけんなーそんな安請け合いしてきて。

担任の先生からは、大きな声が出るようにおうちでも練習してみてくださいね、ほめて励ましてあげてくださいね、とむしろ母苦手なことを言われ、こっちがどぎまぎ。

しかしながら、結局その後ゆうきちは家で一度も練習することも、披露することもなく、本番当日を迎えました。ほんまに大丈夫なんかねー?半信半疑。でもこけてもきっといい経験だよね。

その反対に、一生懸命練習したのは、走る練習。休みのたびに夫と、一緒によーいドンっと、スタートダッシュの練習してました。

 

そしていざ運動会。去年は不完全燃焼だったせいでしょうか、思いのほか頑張ってました。やるときゃやるのね。

個人競争も、リレーもそりゃー必死で走ってました。個人競争は、ゴール紐寸前で止まり、まさかの3着。紐を振り切るまで走ってたら、たぶん1着だったように見えたのだけど。らしいというか、いまひとつ負けん気にかける性格?というか。

大役の応援団長も、リハーサルも体調不良で欠席したため、ほんとにぶっつけ本番。

しかししかし、我が子ながらやるときゃやるのねーと、また感心したよ。

かっこよかったー。

にこりともせずに(きっとゆうきちなりに緊張してたのかな?)精一杯大声だして、力いっぱい最後までやり遂げてました。

ポンポン隊を引っ張ってくれた仲良しの隊長も、副団長くんも、旗振りの二人もほんとに力いっぱい協力してくれて、みんなで勝ち取った応援大賞だったね。

すごい経験したね。

自信喪失になってた去年の運動会の分も、今年の経験はきっとささやかかもだけど、小さな自信になってくれるといいなと思います。

夫と私は、無事に終えた運動会、安堵感でいっぱいでした。大役お疲れさま。

まだまだ先は長いよ。いろいろなこと一つずつ乗り越えて、少しずつ大きくなってね。

そして今日も感動をありがとう。

 

年長全員リレー、トラック1周走らせるJJSTK見ごたえたっぷりです。

 

お父さんも必死。若いパパに負けてられんぜ。

 

あんたは、頼むから無理せんといてくれー

 

団長必死です。

 

この団長副団長、ポンポン隊長副隊長みんなの表情。

ほんと、頑張ったね=みんなで勝ち取った応援大賞だったよ。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャカルタの温泉宿

2015-10-04 20:10:54 | ジャカルタでのぼやき

 

ジャカルタから車で1時間ほどにある、ボゴール近郊に温泉があると聞き、行ってきました。

南国で温泉って、わざわざいく必要あるのーという気はしますが、暑くてもたまには入りたい熱いお風呂、それが日本人ではありませんか-?

HPから直接ホテルに予約し、途中悪路を抜けてどうやって行けばよいのか聞いてみると、どうやらスントゥールという町にある、とある公園まで来てくれれば、そこからホテルの車で案内してくれるという。

途中まさにほんとに悪路、未舗装だけならぬ、大きな石があちこちに飛び出ていて、しかも急斜面。とはいえ、悪路は30分弱ほどで通り抜け、やっとホテルに到着しました。

日本人も結構来るよ~とは聞いていましたが、お値段の割に部屋や食事がいまいちだったり、人によっては衛生面が不安でとか、あまり良い噂は聞いていませんでしたが、百聞は一見に如かず精神で宿泊することにしました。

 

で、行ってみると、、、

なんだろー野趣あふれる露天風呂、サイコーではありませんか。

サロン巻いてビール飲みながら、何時間も出たり入ってり。すっかりゆでだこならぬゆで豚?に仕上がりました(笑)

噂通り?部屋は清潔とは言えず、しかも蚊地獄。持参した蚊取りラケット、昼夜問わず夫と二人でぶんぶん振り回しまし奮闘しましたが、あまりの数の多さに退治しきれず、夜中も寝れず。どこからか終日侵入してる模様。

蚊帳がいるぞー必須です、あの部屋は。

ともあれ、お風呂は我が家にとってはサイコー。次はお風呂だけ日帰りで入りに行きます。

泊まる方は、十分に蚊の対策を。と言っても、蚊取り線香やら蚊取りラケットなんかじゃ全く足りません。

どうぞ蚊帳をお持ちください。

 

 南国風?と片付けてしまってよいのか、ロビー

 泊まったお部屋、トイレとシャワーは半外のため、これまた蚊がぶんぶん

 お部屋についてる露天風呂、何はともあれサイコーのお風呂

 これは日帰り客用用露天風呂

 プライベートバスのため、それぞれ囲いで覆われていて、あずまや風休憩所も隣接。敷物持参で。

 

 これも日帰り用プライベートバス。同じようなものが7.8個くらいはあると思います。

 

 虫探しに出発

 宿の敷地内には、なにやらフルーツの木もありますが、食べれませんでした。

 Getしましたが、、、

 次はちょうちょを捕獲

 自然の中で遊ぶのはやっぱり楽しいよね

 水きれいではなさそうだけど、魚もいて金魚すくい?

 

食事は数十種類もあるメニューから好きなだけ食べれますが、どれも???特に日本人の子供にはきついので、持参するべし。

手前の見た目ミートソース風パスタですが、何度これ何?と聞いても、カルボナーラパスタと言い張るスタッフ。トホホでしょ(笑)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパーカーにはまる

2015-09-19 10:26:58 | ジャカルタでのぼやき

最近、夫がアイパッドにダウンロードしたゲームの影響で、俗にいうスーパーカーのとりこになってしまったゆうきち。

もちろん東京でも本物を販売している店も、実際は知っている車もたくさんありますが、ここジャカルタでもよく見かけます。

アパートの近くにも販売店があるので、間近で見てみようということになり、行ってみました。(完全に冷やかし客にしか見られない)

しかも、ゆうきちがというよりも、夫が見に行きたかったに違いない。

そもそもランボルギーニ買うお金あるなら、家でも買ってくれ。。と思う現実派の私。

まっ、ともあれ、行ってみたものの、指紋つけても怒られるんじゃないかと、ひやひや。

でも実際は外に雨ざらしのランボルギーニ様達。これでいいのか、ジャカルター。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加