札幌市のギター教室から!

札幌市でギター教室を開いている、Kギタースクールの辻林圭です。ギター&ウクレレを弾きたい方はぜひお越し下さい。

石狩リベンジその3

2017年05月06日 | さっぽろ裏名所
国道231号の石狩通りを北上すると優雅な風車姿が。ばらと川の優雅な姿を右手に見ながら進むと、佐藤水産のサーモンファクトリーがあり、ここによって名物の秋鮭ジャンボおにぎりを買いました。
その写真がこれ。想像してみてね。
ここ、すごく観光客で混んでた。ぎゅうぎゅう状態。ここら辺では唯一の観光客向け施設だからかな。
長居せずさっさと近くの信号から石狩新港へ左折します。

このルートも自転車は走りやすい。歩道がなくても車道広いし走る車もめったにない!いい気分で一人旅です。
20分走ると石狩新港の東側に到着。朝市場も開かれている場所です。
でもちょっと予想と違った。
人、多くないか?
車たくさん止まってるし。
釣りびとだらけ。釣竿だらけ。テント張ってバーベキューしてるし。
こんなの見たかったわけじゃないんだけどなー。
しかもエンジンの空吹かしの音がうるさすぎ。
暴走族の集会か?

砂浜に降りたくてとことこ進んでいったら、原因わかった。
ここら辺バギー?マリオカート?の練習コースになってるのね。
砂の上をケタタマシイ音をたててバイクやバギーが走り回ってる。
すごい砂煙。ひでー場所!

波打ち際の近くまで車を乗り入れ、釣りや焼き肉してるのも多数。
参りました。
おにぎり食べたけど、長居する気になれずに、ほどほどで退散しました。
海はキレイでした。
でも、海のうえでもジェットスキーがブンブンうるさくてね。
ぜにばこの方がはるかに良かったぜ。

そしてそれでケチがついたのか?
帰りはルートを変えて花畔埠頭線という港沿いの道を選んだのだが、なんだかペダルがさっきより重く感じるんだよね。

あ、途中ガスタンクの列の前を通るんだけど、一つユニークなのがありました。津波避難用タンクというのがあって津波のときは上に登り逃げるようになっています。ああ、その写真もパァ!見せたかったなあ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石狩リベンジ行きは天国帰り... | トップ | 石狩リベンジその4ラスト »
最近の画像もっと見る

さっぽろ裏名所」カテゴリの最新記事