札幌市のギター教室から!

札幌市でギター教室を開いている、Kギタースクールの辻林圭です。ギター&ウクレレを弾きたい方はぜひお越し下さい。

マルチ・レストを使ったギタレレ&テナーウクレレ等の姿勢

2015年01月30日 | ギター&楽器&作曲関連
マルチ・レストは6弦ウクレレやギタレレのような小型ギターと、特に相性がいいです。



吸盤が縦についているため、ギタレレのような薄めのボディでも取り付けが可能です。
マルチ・レストを使うことで理想的なフォームでギタレレやテナーウクレレ等を構えることが可能となります。


マルチ・レストとギター用足台を併用した姿勢。クラシックギターのようなフォームでの演奏が可能です。


フラメンコギターのように足を組んで、マルチ・レストを使った姿勢。
マルチ・レストを使わなかった場合よりはるかに安定感があります。(私はこの姿勢で演奏しております。)

右腕のポジションが定まらない方は、もう一つマルチ・レストを上部のほうに取り付ければ、右腕もしっかり安定してより演奏しやすくなります。


(横板がラッカー塗装でない楽器の場合、吸盤がつきにくいのでビニールテープなどを貼ることをお勧めいたします。)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発表会あとの打ち上げ | トップ | ピアノ レッスン 音大では... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む