札幌市のギター教室から!

札幌市でギター教室を開いている、Kギタースクールの辻林圭です。ギター&ウクレレを弾きたい方はぜひお越し下さい。

クラギとBoss AD-3の設定

2017年04月21日 | ギター&楽器&作曲関連
クラギのアストリアスにアンプつないでリバーブMAXでかけたら、酔って気分が悪くなった。
アコギやクラギだからってリバーブかけすぎるのは禁物だ。

思うにエフェクター系は使いなれてないけど、それを使って飽きずにある程度の時間続けて演奏できれば、それが自分に合ったセッティングなのだろうと思う。
当然10万もする機材と1万円の機材では高い値段のほうがいいに決まってるが、それにこだわることなく自分の持ってる機材で、自分が飽きない音づくりをすることが重要なんだな。

ぼくのAD-3はリバーブを3時、トップを2時が良い感じ。ボトムはシャープなほうがクラギのベース音をはっきりさせてくれるので、9時くらいの位置が良いみたい。
その設定で一時間弾いても飽きなかったです。

ちなみにアンプの方は影響あるかないかわからんけど、toneが10時、リバーブが4時になってた。

で、今日大さんにこのギターを見てもらったら、軽く順ゾリしてるくらいで、ほかは全然問題ないって。
アストリアスすげえな。ぼくの二番目に買ったギターでかれこれ30年くらい経ってるけど、ネックもねじれることなく、乾燥しまくった部屋においてもフレットのバリもでない。
日本製ギター最高だ。

アストリアスのウクレレもネック丈夫なのかな?
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 札幌裏名所 ダブルで除菌? | トップ | 今日のおやつ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む