Who is Liena? 水属ギタリスト

Lienaとしての音楽活動や日常生活、そして水族館!

時之栖 楽園のAQUARIUM~金魚専門水族館!

2017-07-16 | マイナー水族館

今回は時之栖 楽園のアクアリウム!

珍しい金魚専門の水族館で、なんと200種類4500匹いるんだとか(!)

この楽園のアクアリウムはたぶんなのだけど、もともとは美術館(時之栖美術館)で、そこでこの

楽園のアクアリウムの企画展をおこなったら好評で、そのまま常設として決まったという、ちょっと変わった誕生した水族館。

時之栖は御殿場の高原?にあって周りは気持ちのいい環境。

こういった中にも金魚がいたり

まだ小さいけれど、チョウザメもいる!さっそく中に!

中にはいるいきなり多種の金魚!

種類が多いので、一部を!観賞魚として有名なピンポンパール。

初めてみた!キラキラ。

チョウテンガン、漢字で書くと確か頂天眼。目が上を向いている。

金魚は横からではなく、上から見るために改良されているので、実は金魚は上からみるのが一般的。

真ん中のこれ、実は数百万だかする超高級の漆塗りの杯らしい!

これがけっこーきれいで、照明でできた金魚の影がきれいで、一匹なのに影が増えて、

それが泳ぐと一斉に影が動いてこれがまた良い!写真だけじゃ伝わらない!

ヒレナガゴイの水槽!

金魚系統図。

金魚はもともと、フナの突然変異を交配して交配して・・・作られたもの。

もともとが同じ祖先なので、金魚同志で交配ができる。

ゆえに、自然にはいないので、もちろん逃がしてはいけない。

朱文金とうちょっと大きめの金魚。

チョウビ!

下に隠れるワキン?たち、

地金。地金は実は職人が作っている。

というのも、金魚のウロコを人が手ではがして、色を変えているのだ。

大型の水槽!

ものすごくたくさんあった水槽の一部なのだけど、この水槽がたくさんあって、植物もきれい!

まだ続く!

ちょっとだけ海水魚、クマノミとナンオウハギ。あの映画のあれだ。

すごい量のパロットファイヤー

とモーリー

そして、この水槽にいるオランダシシガシラはなんと

100万円!金魚は品評会で超高値がつくこともあるのだ!

グッピーも!

次のエリア。

すごいきれいな水草水槽!しかも水槽の前には椅子がおいてあってゆっくり観察ができる。

最近できたタコクラゲの水槽。これもよい!

ちょっと大きめのミズクラゲ水槽も!

次のエリアを超えて・・・

外にあるメダカの学校、もちろんせせらぎの中にメダカが泳いでる!

 

想像以上に水族館でした!金魚好きなので。近所にあれば通うのに・・・

 

水族館HPも更新しておきます!
https://www.lienasaquariumguide.com/
水族館HPでは、今までいった水族館のレビューや、行った時のブログ記事、
各水族館に合わせた楽しみ方や水族館の豆知識?みたいなのなどいろいろ書いてます!
水族館毎のの記事になっています!

 

ときめく金魚図鑑 (ときめく図鑑)
クリエーター情報なし
山と渓谷社
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九十九島動植物園 森きらら... | トップ | 佐賀県立宇宙科学館 ゆめぎ... »

コメントを投稿

マイナー水族館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL