ホワイトステージのハウスクリーニング

ハウスクリーニングの事から日常の事から思いつきの事をありのままに。

4月。

2017-03-31 21:32:24 | ハウスクリーニング
 4月。早いですね~ あっちゅーまですね。この分だと今年もあっちゅーまで過ぎ去りますね。 

4月のホワイトステージのお得情報が更新されています。
「キッチン&レンジフード&トイレクリーニングの水回り3点がなんと¥18,000です。(税込み&駐車場代無料)

このチャンスお見逃しなく!

ホームページアドレスです。
http://www.whitestage.net/

プチニュース!  我が家にツチノコ!? が登場!?


えっ!!?? ツチノコ!!!!?


・・・つちのこではなくこたろうでした。


こたろう、あんた男前! ちなみに数日前に無事に1歳になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホワイトステージにお任せを。

2017-03-19 23:13:13 | ハウスクリーニング
先日お伺いしたお家のお風呂のドア。 汚れが堆積していました。

お客様いわくどうしてもきれいにならないとのこと。

ビフォー


アフター


ここまでが第一段階。ここからさらに「道具とケミカル」を変えて仕上げていきます。
第一段階でお客様に見て頂きOKを頂きましたが、ここから仕上げです。

お客様によっては「掃除が苦手・日々の生活で忙しくて掃除に手が回らない」そんな方は是非ご連絡を。

ホームページアドレスは http://www.whitestage.net/ です。

どんな現場でもベストは尽くします。 

ホームページから「問い合わせ」からメールで頂けると助かります。
現場によってはTELが取れない状況の場合があります。 申し訳ありません。
お返事はできるだけ早く致しますのでご理解ください。 お願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こたろう元気です。

2017-03-14 20:21:59 | ハウスクリーニング
 以前「こたろう」の事をブログでかいたのですが1日でなぜかそのブログは消えていました。
それから「こたろう」の事を書かないので心配した方から連絡を頂いたので再度、前回のこたろうブログを思い出し書いていきます。
さらに写真プラスしておきます。 いつのまにか「こたろう」ファンがいて下さってうれしい限りです。

実はこたろうは命にかかわる病気の疑いがありました。「FIP(猫伝染性腹膜炎)」という病気です。
猫の体内にいるコロナウイルスが突然変異して発症するらしい。。

生後3か月の時に子猫の「こたろう」を家族として迎えました。 その時少しくしゃみをするということで風邪?ということで1週間後に再度ペットショップにこたろうを迎えに行きました。 その後家にこたろうが家にきてから数週間後にこたろうの便がゆるくなってきました。

初めは「風邪かな?」と思い病院に行きました。その時は風邪薬を頂いたと思います。
それでも完全によくなることはなく何度か病院に通いました。それでもよくなることはなく血液検査をすることにしました。
子猫にとって血液検査は少し酷かなと思いましたが・・・・

結果は「コロナウイルス陽性」 ただしまだ発症していない。 ネコは基本的に「コロナウイルス」を持っているということ。
発症すれば・・・・ 

基本的に「FIP」に有効な治療はないとのこと。できるかぎりストレスを与えないことが重要とのこと。


私たち家族は事前に色々調べていただけに「コロナ陽性」と聞いて愕然としました。
しかし落ち込んでいてもしかたありません。 私たちは決して安くない動物病院代を惜しまず使うことを決めました。
こたろうが元気になるためなら時間・労力も惜しまないことを決めました。
こたろうは家族です。


上記に書いていることは素人の私がお医者様に聞いて素人の私が感じたことですので気になる方はご自分の耳で専門の人に聞いてください。

それからは動物病院通いです。休みの日には必ず動物病院に通いました。 
ですが便はよくならず。 再度詳しく調べると血液の中にまで「コロナウイルス」が・・・・

この時は覚悟を決め、帰りの車の中で最後までこたろうのためにできることをやろう。
ストレスがかかる病院通いもやめました。 いくら通っても良くならず、精密検査をしても良くなることはありませんから・・・

私たちはこたろうが小さい頃から食べているご飯だけを与えました。
病院通いの時はおすすめのご飯にしたり、薬を混ぜていたりしていましたが、こたろうが嫌がっている薬もありましたのですべてやめました。

家の中もほとんどの部屋に自由に行けるようにしました。オモチャやこたろうが好きそうなものを買い与えていきました。

血液にまでコロナが侵入していれば・・・  私たち家族はこたろうが1日1日を生きているだけでうれしかったです。
もちろんいつどうなるかわからない不安は常にありました。

病院通いをやめ薬もやめてからこたろうは元気になっていきました。
もちろん油断はできません。 そしてこたろうにとってベストなことはと考えていましたが答えはでません。

そうこうしているうちにこたろうの体も大きくなり、去勢手術をできるかぎり早くしないといけなくなりました。
でも色々調べていると、手術の際の麻酔がストレスになり、FIP発症のきっかけになるかもしれないという情報を見ました。
その点でかなり悩んでいましたが、こたろうも年頃になり反抗的になり、本気で噛みはじめてきました
またトイレ以外でマーキングというおしっこを部屋中にしてしまう恐れがあるので再度こたろうの体をしっかり調べ、去勢手術ができるか確認を
することにしました。 いろいろな病院を調べ、ある病院に決めました。

その病院に何度か通い精密検査を受けました。
確か腎臓?だったと思うのですが、レントゲンでコロナと戦ったあと?または戦っている最中?の何かが写っているとのこと。
ですが先生は去勢手術をしても大丈夫とのことでしたので手術をすることを決めました。

もちろん心配もありましたが無事に手術は終わり今のところ元気です。 今現在手術して約1ヶ月ちょい経ちました。

あれから病院へは行ってません。

こたろうは繊細なところがあり「病院へ行く」ということを空気を読んでおとなしくなってしまうので、私たちの判断で病院は極力行きません。
そのかわりおいしい食事と常にきれいなトイレ環境と好奇心を誘うものを用意しています。

私たちが考えてできる限りの事を家族であるこたろうにしています。こたろうは自由にそしてわがままに?しています。
とってもいい感じ。

なんとかこたろうが20歳まで自由にわがままに生きてほしいと思います。
娘の20歳の時にこたろうをまじえての家族写真を撮るのが私の夢です。
もちろんこたろうが20歳の時も家族写真です。

コロナ・FIPそして猫に関する事で気になる方は専門家の方に聞いてくださいね。
上記の事は素人の私個人が感じた事であり内容を保証するものではありません。
また質問なんかも専門家に聞いてくださいね。 私はただの猫好きなだけですので。


はじめてこたろうと出会った時の1枚
 











ソファーで爆睡。




みなさん「こたろう」を末永く見守ってください。 
あとハウスクリーニング「ホワイトステージ」も重ねて宜しくお願いいたします。


気にかけてくれた人ありがとう!僕は元気です!









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありゃ~

2017-03-11 20:53:43 | ハウスクリーニング
 「ありゃー」取られちゃいましたよ・・・「トホホ・・・・」

以前パーキングに車を止めてる時にやられちゃいましたよ・・・

ことのあらましはこんな感じ。作業が終わりパーキングに戻ると近くに止まっている車から何人かの人がこちらを見ていました。

私が大切な道具を車にしまい少し離れた精算機に向かいました。ついでに缶コーヒーも買ったりして・・・

車に戻ると近くの車に乗っている人たちがニヤニヤとしていました。
どんな関係の仕事の人達かは服装や車内に載せている道具でわかりましたが今回は具体的には書きません。

家に帰り道具を降ろそうとすると・・・・「あれ?ない?」 そうです。私が積んだはずの大切な道具がないのです・・・・

私が初めて買った思い出深い「高圧洗浄機」 共にいくつかの修羅の現場を戦い抜いた「タオル・ウエス」十数枚。
「ブラシ・スポンジ」関係のBOX 「脚立」 事前にホームセンターで買っていた「ブラシ・ドライバー等」
そして封筒に入れておいた現金。 

ありゃー・・・わずか2分弱で・・・・ 証拠がないから断定はできないけど・・・
ありゃー・・・ですね。・・・・

その晩・・導かれるようにあのパーキングに向かいましたね。もちろん何にもないけど。

私が悪いんですね。少しの油断?がこんなことになって。

もし私の大切な道具を一時的に無断で借りている人がいたらもう二度とこんな事してほしくないですね。
仕事の相棒(大切な道具)がなくなる悲しみは「道具を使う」仕事の方ならわかるはず。
一時的に無断で借りた道具で仕事をしてどんな気分なんだろうね。


そんなこんなで少しでも車から離れる時はキーをしましょうという自分自身への戒めでした。
もう・・夜中に導かれるような経験はしたくないもんですな。


ここで「清らかな川」の登場です。


とってもきれいな川でしたね。 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BGMパート2

2017-03-09 21:06:58 | ハウスクリーニング
BGMパート2です。 確か以前ブログにビジネスホテルに泊まったら「BGM」を聞くと書いたと思います。 
書いてなかったらすいません。 とりあえずBGMパート2ということで進めていきます。

写真を撮りましたので「BGM」をご確認ください。中央の上にあるボタン右から2番目です。



この「BGM」ボタンを押すとBGMが流れます。 曲は歌詞のない音楽のみです。
基本的には有名な曲のアレンジバージョンです。 それが・・・とても素敵。

若い頃はラジオ三昧の日々でしたが社会人になってからラジオとは疎遠になっていました。

BGMを聞いているときふと思いました。 「今、全国でこのBGMを聞いている人は何人いるのだろうか?」
「はたまた一人でも聞いている人はいるのだろうかと?」 きっと聞いている人は多くはないはず・・・・たぶん。

そんなことはお構いなしにひたすらとても心に響くメロディーを惜しげもなく披露するBGM。 
眠くても途中で「BGM」を消すことができません。 「この曲が終われば消そう。」と思っても次の曲が素晴らしいので消せないのです。
そして気づけば朝。気づけば一晩中「BGM」ですよ。 

過去から現在まで「プチ勘違い」が多発する私ですがこんなことを考えてしまいました。考えずにはいられませんでした。

「きっとBGMをつくっている関係者特に選曲者は魂を込めて作っているのでは。」
「多くの方が聞いているとは言えない(たぶん)BGMをここまでのレベル(極上のうなぎのおいしさの如く)を保っているのはなぜ?」
「・・・こんなもんでいいっしょ。・・・というのが微塵もない」
「心の底からBGMに心酔するのはなぜ?なんで?どうして?ほんとはどうでもいい?」と自問する時間も無駄ではないと思えるBGM。

みなさんもしホテルに泊まられた際「BGM」を見かけた際は聞かないでください。
「BGM」のボタンを押さないでください。やっぱり押してもいいです。好きにして頂いてOK!!

ということで私は「BGM」を暇だから聞いているというお話でした。 BGMパート3お楽しみに。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加