ホワイトステージのハウスクリーニング

ハウスクリーニングの事から日常の事から思いつきの事をありのままに。

落とし物。

2016-01-22 19:05:18 | ハウスクリーニング
 少し前にショルダーバッグをなくしました。中身は財布(免許証・カード・現金)鍵、手帳等入ってました。
朝出かける前になかったんです・・その時の時間は朝5時30分ごろ・・・申し訳ないが「癒し妻」を起こして事情を説明したところすぐに起きて
探してくれました・・・が・・・なかったんです。私は急いでいたのですぐに車に飛び乗ったんですが「癒し妻」がサッといくばくかの現金を私に手渡してくれました。 ありがたいですね。 その後かばんは見つかりました。 癒し妻のやさしさを再確認する出来事でした。

実は私、よく落とし物を拾います。以前電車通勤が多かったのですが「財布・定期券」を何度も拾いました。
落とし物を拾うその度にいつも「拾うのやめようかな、面倒なことになったり、誤解されたりするのいやだな。」って思うんですが拾うんですね。
落とし物を拾うのって「勇気」がいるんですね。 駅員さんに落とし物を届けるんですが・・・う~ん、毎回なんですがつれないんですよね・・・
私が届けると・・・「あっ置いといてください」「はい、もういいですよ」 こんな感じで終わりなんです。
仕事で忙しいのかもしれないし、落とし物の届けなんていつもの事でかまっていられないんでしょうか・・・
でも言ってほしんですよね「ありがとうごいます」「わざわざご苦労様です」的な言葉を・・・・ 
私が求めすぎでしょうかね・・・・

そうそう去年かな?近所の交差点で携帯を拾いました。その時は土砂降りの雨で夜でした。このままでは車やバイクに踏まれて壊れてしまうのでは?
土砂降りの雨で壊れてしまうのでは?持ち主困ってるよな。とおもいながらも「面倒なことに巻き込まれたくない」と思い一度通り過ぎました。
ですがやはり気になり拾いに行きました。 その時私は傘を持っていなかったのですでにびしょ濡れでしたが、そのまま警○署に持っていきました。
警○署で携帯を拾ったことを伝えると「そこに座ってて」といわれ待つこと約10分その後、紙を渡され名前住所を記入。口頭で拾った場所を説明。
その後「もういいでよ」で終わりました・・・・ 私はずぶぬれで息を弾ませて落とし物を持ってきたのだから「雨の中ご苦労様」「落とした人たすかりますね」という言葉を期待したのですが・・・・  私が求めすぎでしょうね・・・

でも人生捨てたものではありません。 ある商業施設で「封筒に入った大金を落としました。」家に帰ってから気づいてかばんの中を何度も確認してもなく「癒し妻」と途方にくれました。(途方にくれるという表現、今、好きになりました。) ダメもとである商業施設にTELをして封筒の中身等を詳しく説明すると、なんと同じようなものが届いているとのこと。 私は急いで取りに伺いました。 取りに行く途中で何度も「全額なくてもいいから少しだけでもあれば助かる」と何度も何度もつぶやいていました。 不安な気持ちを抱えたまま取りに行くとサービスカウンターの方が「ステキなスマイルでこちらですね。」と手渡してくれました。中身をその場で確認することになり、確認すると「たぶん、きっと・・・いや絶対に全額入っていました。」
取りに行く途中不安で仕方なかったのですが帰りは拾って届けてくれた方の善意に胸がいっぱいでした。

正直、今まで少しの勇気をだして落とし物を届けたから今回「助けてもらったのかな?」と思いましたね。
「大切な物を落とした人の気持ち」「大切な物を落としたけど人の善意で落とし物が戻った時の気持ち」忘れてはいけませんね。

あっ!私は自分のブログを見ないし、何を書いたかほとんど忘れているので同じこと書いてたらすいません。
覚えているのは「チー君と運動会」ぐらいです。(テヘペロ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫を抱いた女性。

2016-01-16 18:37:46 | ハウスクリーニング
 大手ハウスクリーニング会社で修業しているときに「一人暮らし専用でペットOK!」のお宅にエアコン清掃に伺ったときのお話です。
基本的に二人ペアでお客様のお宅に行くのですがその時はバタバタと忙しく私一人でお客様のところへ行くことになりました。

マンションに入る前に外にある「お部屋番号を押して「呼び出し」を押して」お部屋からお客様が鍵を解除するタイプでした。
私は約束の時間5分前に「呼び出し」をしたのですがいらっしゃらない様子。 3分前にも「呼び出し」を押しても返答なし。
その時マンション入り口の透明ガラスの向こうにエレベーターと大きな鏡があることに気づきました。猫を抱いた女性が大きな鏡ごしにこちらを見ているように思いました。 わたしはなぜか気づかないふりをして時計を見たりお客様伝票をみたりして時間をつぶしました。
時間が約束の時間ちょうどになりました。私はまた「呼び出し」を押しました。 返答はありません。 その時今まで感じていた視線を感じなくなっていました。 5分後「呼び出し」を押すとお客様から返事がありマンションの中へそしてお客様のお部屋へ。

出てこられたお客様は若い女性でした。きれいな猫を抱えていました。
エアコン清掃ということでしたので外したパネル、フィルター等を浴室で洗えるかどうか確認してから作業に入ります。
了解を得たので外したパネル、フィルターを浴室で洗っているとナナメ後ろ、私から見たら(ほぼ死角)から視線を感じました。
視線を感じながらナナメ後ろ(ほぼ死角)を振り返ってみる事になぜかためらいを感じました。もう少しで洗い終わるころ「にゃ~」とナナメ後ろ(ほぼ死角)から猫の声が聞こえました。ほぼ同時にお客様から「今からほんの少しでかけますがいいですか?」と聞かれたので、「大丈夫です」と伝えました。 3~4分後、私がエアコンの本体を洗っているときに背中に視線を感じたので振り返ると猫を抱いた女性がこちらを見ていました。ちなみに猫はテーブルに置いてある缶コーヒーを見ていました。 私は「お帰りになったんですね。あと30分前後で終了します。」と伝えました。 

女性はとてもすてきな笑顔で「わかりました」と応えてくれました。 作業が終了したとき女性からテーブルにある缶コーヒーを勧められました。
「さっき買いに行ったので時間が経って冷たくないかもしれませんが飲んでいってください」といわれましたので私は断るでもなく「車で頂きます。」ともいわずその場でコーヒーを頂きました。 その時女性が「一人暮らし専用マンションに住んでいる理由」「ヘビースモーカーで部屋中がヤニで薄茶色なこと」「エアコンのフィルターを自分で洗おうとしたがとても自分では触ることもためらう状態だったこと」「人間が苦手なこと」を私に話してくれました。

コーヒーをおいしく頂いたあと私は部屋をでてマンションをでました。台車に荷物を載せゆっくり歩いていると、背中に視線を感じました。先程とは違う感じの視線でした。私は振り向くと先程の女性が鏡ごしではなくマンションの外からこちらを見ていました。 私は挨拶をして荷物をこかさないよう台車をゆっくり押して車に向かいました。女性は挨拶をするでもなく手を振るでもなくただこちらをみていました。 ただ違うことは1時間前とは違う「視線」と腕には「猫」がいなかったことでした。   
1時間前とは違う変化がまだあります。私の心の変化です。私は帰りの車の中で「掃除屋になる覚悟」を決めました。
掃除屋はただ汚れた物だけをきれいにするのではないと気づいたからです。 
     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裸足。

2016-01-03 22:04:12 | ハウスクリーニング
 皆様、お元気でしょうか? 私は元気です。
お正月は楽しく過ごせましたか? 私は楽しく過ごせました。 今年はなんかいいことがある気がします。ないような気はしません。今のところ。

昨年の12月29日応援先の現場で裸足にて床の洗浄&ワックス作業を致しました。(半日かけて)
応援先の方が「あっ!スリッパ持ってくんの忘れた!」っていうセリフを私は隣の部屋で荷物移動をしているときに聞きました。
私は「間違いであってほしい。」「あっ!こんなとこにスリッパ隠れてた!よかったー」っていう日本語を期待しながら隣の部屋で高価な絵画を
丁寧に移動していました。 その2分後私は誰に言われるでもなく「裸足」になっていました。 久しぶりに膝上までズボンをめくりあげましたよ。

寒さを覚悟したんですが全く寒くなかったですね。12月末なのに寒さを感じない・・・ ついに「視力・膝・腰・奥歯」以外のところが悪くなったかと思いました。とうとう足の裏の感覚までダメになったか・・・と思っていたら他の人が「裸足でも大丈夫・・・あっ。やっぱ冷たい。」と言っていましたが私は半日裸足で床びちゃびちゃの中平気でしたよ。 どうやら足の裏まで正常ではないようですね。
まあそんな小さいことは気にしない男です。私は。 そんな自分を認めながら日々生きていきたいものですよね。


きっと多くの人がお正月に1年の目標を掲げると思いますがみなさんは何かありますか。
誰も興味もないと知っていますが、私の今年の目標は・・・秘密です。(テヘペロ) 
あっ!ちゃんと言います。  「親孝行です」  今まで親孝行も親不孝もあまりしてこなかったので今年は「親孝行」の年にします。

そのためにはみなさん。私にハウスクリーニングの依頼お願いします。

今年も私は飾らず「冷たさを感じない裸足」のまま歩いていきますので、ご理解ある方ご連絡お願い致します。

 連絡先は whitestage@docomo.ne.jpまでお願いいたします。 



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加