ホワイトステージのハウスクリーニング

ハウスクリーニングの事から日常の事から思いつきの事をありのままに。

うまし。

2016-10-16 21:47:17 | ハウスクリーニング
 先日近くの公園でイベントがあり散歩がてら家族で遊びに行きました。
あまり期待していなかったのですが、いろいろとお店が出店しており楽しめそうな感じ。
過去いろいろなイベントに出店しているお店で「○○日本一」「○○優勝」「○○グランプリ」などのものを食べても私には響かず・・・・でした。

しかし今回は素晴らしいお店ばかり。「サバ関係」「ぶどう」「コーヒー・ホットドッグ」「ハンバーガー」等々。
すべて大当たり!こんな素晴らしいイベントお見事です。 しかも働いてる方々の「マナーや気遣い」お見事です。

少し前にTVで紹介されていて気になっていたお店をディスカバリー。 アイスカフェラテを頼んだのにホットが手渡されたのはご愛嬌だね。
私が「TVを見ましたよ!気になっていたんですが、今日お会いできてうれしいです。」と伝えるとほんとうに嬉しそうに「ありがとう」を言われました。
私は何か買ったときやご飯を食べたとき必ず一言感謝を言うようにしています。

例えば「ごはんほんとうにおいしかったです。特にご飯のふっくらした感じとエビフライの下ごしらえの丁寧さよかったです。」
「お店の前にあるボードのメニューの内容見やすくて、かわいいですね。毎日変えてるんですか?」「この前来ておいしかったのでまた来ました。一番のおすすめは何ですか?」

こんなかんじでほぼ一言いいます。お店の人からしたら「こんな些細なとこまで気づいてもらった」「いつも頑張ってたところ。誰も何にも言ってもらえなかったけど見てくれてたんだ。」そうすると「よし!今日も一日頑張ろう!」「これからもこだわりをもって頑張ろう!うれしい!」
そんなきもちになってくれればと思います。 私もお店で働いてる時お客さんの何気ない一言がうれしかったですから。

たった一言で人って「表情や気持ち」が変わるんですね。 

私もコーヒーが好きで自分でもよく作るんですが、あのカフェラテ(コーヒーじゃないけど)かなりおいしかったですね。

やっぱりこだわっているお店って素敵です。 しかも私や「癒し妻」がおいしいと思うお店って決して高いお店じゃないんです。
それでも「気遣いや感謝のある接客ができ食べ物も心を込めて素材にこだわって作っている」そんなお店ってあるんですね。

リーズナブルでしかも満足度の高いお店。私個人の感想ですが一握りかな。人によって味覚なんかが違うけど。

こういうお店に行くと自分も「頑張ろう!」って思います。 

そうそう最近、ホームページのリニューアル考えてます。今のは友人に頼んだものなんですが今度はその道のプロに頼もうと思っています。

料金もリーズナブル(限界まで)にするつもりです。  料金が安いからよくない。料金が高いから大丈夫。
知らないところだから不安。 有名な会社だから安心。   きっとこういうのハウスクリーニングに関しては関係ないのかな?とおもいます。

ハウスクリーニングの仕事って「どんな道具でどんな洗剤を使い、誰がどんな気持ちで仕事をするのか」ということがすべてだと思います。

もちろん判断するのはお客さん。

最近いろいろなハウスクリーニング会社のホームページを拝見させて頂いているんですが、みなさん素晴らしい方たちばかり。
ホームページから人柄の良さ、仕事に対する真摯な姿勢、お客様のことをしっかり考えていることが伝わります。
同業者としてうれしい限りです。 私もこの会社に依頼しようかな?って思うぐらい気持ちが伝わります。

私の最終目標は「ハウスクリーニングってかっこいい、学校卒業したらハウスクリーニングに携わりたい。」と若い人が思うこと。 
もっともっと同業者が増えて「低料金でマナーもよく仕上がりもよく」というレベルになれば今よりハウスクリーニングの認知度、必要性も今より上がるのでは?と思います。



なんでもいいけどごはんまだかニャー。 と、こたろう氏思っているとかいないとか。

   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相談TEL2件ありました。 | トップ | 適材適所。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。