ホワイトステージのハウスクリーニング

ハウスクリーニングの事から日常の事から思いつきの事をありのままに。

ホームページができました。

2018-01-11 21:09:47 | ハウスクリーニング
ホームページができました。 http://fw-hc.com/whitestage でございます。
ご興味のある方はぜひ見てくださいね。

・・・・・・・・カバキャラいますよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本年もよろしくお願い致します。

2018-01-10 20:33:46 | ハウスクリーニング
 あけましておめでとうございます。本日1月10日ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

おかげさまで愛猫のこたろうと争いの絶えない毎日を送っています。 毎日外に出せと、こたろう(猫)がいうので外に出すと一瞬の隙をついてご近所さんの車の下にダッシュするんです。 捕まえるのに一苦労な日々です。 こんな感じで輝きに満ちた人生の日々を過ごしております。

私のブログですが一度も私自身読み返したことはありませんし今後も読み返すこともないでしょう。
更新も頻繁ではありません。ですがいるんですね。見ている人が。ある一定数以上の方が日々みているんですね。ありがとうございます。
今年もこのブログに遊びに来てください。お待ちしています。

そうそう今後、私のビジネスにおける大戦略ですが「地域密着」にこだわった取り組みをしていきます。大戦略イコール「地域密着」みたいな。
鶴見区を中心として「ちょっとしたこと」「少しのお手伝い」なんかどうかなと考えています。
とってもリーズナブルな料金でしていこうと思います。 ご近所さんならママチャリに乗ってお仕事しようかなと考えています。
目指せ!とっても身近なお掃除屋さん&些細なことでも頼みやすいお兄さんになります。(今現在アラフォー)
ハウスクリーニングは広域にちょっとした頼み事は地域限定にしていこうと思います。

誰もが知りたいマイビジネスの大戦略に至った経緯ですが、お伺いするお客様の多くがハウスクリーニング以外に「ちょっとした頼み事」があるケースが多いいんです。例えば「キッチンの上のゴキブリ2匹を始末してほしい。私は見るのもいや触るなんて無理。」「ソファーの向きを変えたい。こんなことを人に頼めない。」「押入れの奥にアルバムがあるので取ってほしい。」などなど。

多くの方がご近所さんにも「こんなことを頼むのは恥ずかしい。」「迷惑がかかる。」「なんか家に入れたくない」という理由でちょっとしたことができずにすっきりしない気持ちでおられました。

ハウスクリーニングで私が作業しているのを見て「この人ならちょっとした頼み事でも言いやすそうだから」という理由で頼まれたり。
ハウスクリーニング後お客様と雑談をしていると「あなた話やすいからこんなこと頼むけどベランダのごみ下のごみ置き場までもっていってくれる!?」
そんな「ホントに些細な事でも人によってはできないこと苦手なこともあるんですね。」

本来ならハウスクリーニングのついでにできることがあればお手伝いしたいですがお手伝いすると、みなさんお土産をくれたりコーヒー代という形で包んでくれるんですね。こんなことでなんか申し訳ないという気持ちになるんですが頼まれた方はほんとに嬉しそうなんですね。

人によってはハウスクリーニングは必要ないけど「ちょっとしたこと、手伝ってほしい事」あるんですね。
ご近所さんや管理人さんにも言いずらいこと(悪い意味ではなく)ほんとに些細なことをお手伝いできればと思っています。

何人かのお客さんから聞いたのですが・・・
ガラスのテーブルを隣の部屋に移動したいので業者に連絡すると2人で8千円(出張費別)だそうです。(たぶん実働1分以内)
ねずみの死骸除去5千円(出張費別)(たぶん実働5分以内)
とのこと。 確かに高いと思われますが業者からしたら「大人が動けばそれなりに費用は発生するよだって仕事だから。」
会社を維持していくにはマネーが必要なのはわかります。しかも自分で商売するとよくわかるんだなこれが。 
でもお客さんの立場からすると・・・・

私のビジネスの基本として儲けることも大事!ほんと大事!しかも自分で商売するとわかるんだなこれがパート2というのを踏まえて・・・
「儲けよりも、楽しい事、納得のいく事、好きな人としか仕事をしない」という
「勘違い&商売不向き」精神がマイビジネスのベースです。残念ですが今のところ本当です。

なのでマイビジネスとして「地域密着(鶴見区周辺)のちょっとしたお手伝いはじめました。
料金や詳細はカミングスーン(近いうちにね)ということで。

ちなみに私は同業他社でよくみかける○○○○円以上じゃないと仕事は受け付けませんというのはマイビジネスに反するのでしていません。
鶴見区周辺の皆さん「ちょっとしたお手伝い」だけでもお伺いさせて頂きますよ。

というわけで本年もよろしくお願い致します。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もありがとうございました。

2017-12-28 19:58:23 | ハウスクリーニング
今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おいしく頂きました。

2017-12-06 22:02:36 | ハウスクリーニング
 先日お伺いしたお客様に色々とおいしいものを頂きました。

おにぎりにカフェオレそしてエクレア。帰りにはチーズケーキまで頂きました。ありがとうございます。
作業中にこれもできますか?追加でこんなんもできますか?ということでしたのでできる限り頑張らせて頂きました。
あと窓2枠きにされていましたが時間切れ。 今度時間のある時にご連絡頂けるとありがたいです。
料金はお約束通りスペシャルプライスでさせて頂きます。

お客さんによっては作業中に「追加」をされる方もいますし、次回のご注文をして頂ける方もいます。
一緒にティータイムをする時もあれば一緒にホームセンターへ行くこともあります。

ほとんどの方は電話の時と実際にお会いした時の「感じ」が違います。
実際に作業をしながら会話をすると「親近感」がでてくるのでしょうか?

お客様に言われるのは「電話をするのに緊張した。」「どんな人が来るのか不安」「料金を高く請求されたらどうしよう」
そう思われる方がよくいらっしゃいます。 
ですがお会いして少し話をすれば「もっと早くに連絡をしておけば」と思われる方もいらっしゃいます。
かしこまらずにざっくばらんにお掃除の事頼めると思います。

例えばこんな細かい事でも言っていいのかな?シリーズ(冷蔵庫の表面や上の埃を取ってほしい)(トイレの床だけきれいにしてほしい。)(お風呂の排水溝だけきれいにしてほしい。)(キッチンのシンクだけきれいにしてほしい)なんかもOK! 
これだけのサービスだとちょっとさびしいので何かのサービスと細かい事をセットでして頂けると助かります。

できることできないことありますが・・・ 
また汚れについても染みやどうしても落ちない汚れ、素材にダメージを与えてしまうのでは?という場合などなどもあります。 
できることはしますができないこともあります。

事前に詳しく言っていただけると非常に助かります。 
リピーターさんにはスペシャル価格で対応もしているとかしていないとか。


私はねこです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コロ...コロ...

2017-11-27 21:25:49 | ハウスクリーニング
 コロ...コロ....っと考え方が以前思っていたことが最近変わってきています。
若い頃とは真逆の考え方になっていたり「こうなったらダメ」っと思っていたのにいつの間にかそうなっていた自分に気づいたり・・・
自然なことなのかわかりませんが、考えが「コロ...コロ...」っと変わります。

例えば社会に出た時に「この仕事は食べるためにしている」「今の仕事は好きではない」「この会社にしがみつく」
という人を「なんて向上心がないんだ。こんな大人にならないぞ!」と肩に力が入っていました。
そして現在・・・コロ・・・「このようなセリフを言う大人・・・わりと好きかも」にコロ...っと変わっているアラフォーの私がいます。

この年になってやっとあの時の大人達のセリフの「意味が分かりましたとさ。」 
そしてこの意味が分かってよかった。なおかつ理解できる私でよかったと思います。
若い頃の私では理解・共感できない事がわかるようになってきました。 

私のオヤジは70歳を超え超人的な仕事量をこなしています。
今、海外で一人で機械の組み立てをしています。
日本にいる仲間たちは長い間日本を離れるのはNG。小さい子供がいるからNG。海外の治安が・・・などなどの理由で応援にこれず。
オヤジは「単騎での海外へ出撃です。」
日本からバラバラにばらした機械を一人で海外で組み立てるのです。
何千万何億という機械です。 精密な部品を作る機械ですので100分の1ミクロン単位の精度で仕上げなければいけません。
クレーン等を使って何トンもあるパーツや細かい部品を使い機械をくみ上げていきます。
現場は1歩進むたびに「問題が出てきます」 例えば大型機械を移設するのに移設先の工場の手前の電線が邪魔で機械が入らない。
クレーンが2トンまでしか持ち上がらないのに。パーツは3トン。機械をばらす前から壊れている。 本来4ヶ所から油が出ないといけないのにメーカーの手抜き?で1ヶ所からしか油が出ない。 1台の機械をバラすだけでもトラブル&問題が毎回数多くあります。
私は何度もオヤジの奇跡をこの目で見てきました。 「これは不可能。ムリ」ということを「創意工夫、知恵、根気」でクリアーしていく過程を。

行く先々の会社でオヤジは「先生、機械のドクター」といわれていました。
時々オヤジはこう言っていました。
「落ち目だな・・・先生って言われたら・・だって俺先生じゃないもん。機械を直したりばらしたり組み立てるだけ。」
「ドクターって言われても俺ドクターじゃないもん。ただ機械の仕事してるだけ。」
「最近、世の中には自称先生ってのもいるし、資格がないのに先生ってのもいる。そーゆーのってどう思う?」
「そいつらだめだろ!?それを言うやつも言われるやつも、なんだかな。」

「俺はこの仕事好きでもない。嫌いでもない。ただ飯食うためにやってんだよな」っていってました。
私の事を「日雇い労働者」「早く安定した仕事につけ」と言いながら「10万円頂戴。釣竿買うから」って言う人間の言葉です。

おやじいわく「好きでもないし嫌いでもない。飯食うために仕事している。」という言葉。
昔ならわからなかった言葉。コロ・・・コロ・・・として・・・今ならわかります。 

仕事に燃えてる人(気遣いができ常識のある人)しっかり仕事をこなす人(笑顔で文句言わない)「私が見て仕事頑張っているなあ」と思う人はほとんど
「今の仕事・・・ご飯食べるためにしてるよ」「とりあえず子供育てないと」「仕事はなんだっていいよ」っていうんですね。(全員ではない)

逆に「お客さんのためにすべてをささげる!」「私はこんなに努力している!」「私はこんなにできる!」「人が幸せになることが生き甲斐!!」っていう人ほど・・・・「・・・・・ねっ。」(個人の感想・全員がそうではなく、狭い世界に生きる私の経験から出た個人の勘違い思い違いな感想)

朝早くから夜遅くまで働く方々。きつい仕事をしている方々。心ならずも不本意な仕事をしている方々。 多いいんじゃないでしょうか。
私の若い頃は「固定観念・自意識過剰・どあほがつくほどの不器用なお人よし(個人の感想)があった気がします。」

アラフォーの今は「物を見る考えや思っていることは変わる。昔のウソつき上司の「人や世間に対する言葉」はあの頃はわかりませんでしたが今は身にしみてわかります。」

社会人1年目からアラフォーの今でも変わらないのは「名前と財布の中身と・・・バガボンドの最新刊早く出ろ。」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加