BLOG*海から陸へ・・・

主に千葉県のビーチコーミングで集めた漂着物や作品等の紹介。

これも春の風物詩?

2017-05-26 00:24:00 | *その他漂着物

珍しく連投~。

良く行く浜がやたら死骸だらけだったぁー。

特にモンゴウイカがたくさん打ち上がってて
調べてみたらコウイカ類の寿命は1~2年で
5月頃と11月頃に産卵期を迎え
産卵が終わると死んでしまうんだって。
そして先日の強風&時化で打ち上げられたのかも。

お母さんイカ達、頑張ったんだね。

この日の海は鏡のように凪いでいて
卵にとっては優しいゆりかごのような状態だったでしょう。

そうそう、死骸だらけというからに他にもありまして、
イカの他にはお約束の鳥類。
それからあれはボラかな。
ボラは釣り人が棄てたのか
点々と打ち上がっていました。

また、別の浜ではイノシシだかブタだか?の死骸が
どーんと砂浜に鎮座していました。

打ち上がった枯れアマモもゴッソリ絡み合っていて
気を抜くと何かを踏んでしまいそうな
そんな状況でした。

浮遊の青ものやウミソウメンは見かけませんでした。
有るときは浜が花畑のようにカラフルに彩られるのですけどね。


小だけど大だよ。

2017-05-24 23:13:59 | *棘皮動物

これなーんだ。
ヒントはタイトルにあり(^^)


















正解は
小さなオオブンブクでした。

いま漂白中です。

ヒラタとオカメは欠片だけだった。


あれっ?
そういやこんなタイトル
前にも使ったような気がしてきたww


ビーチコーミングの後

2017-05-10 21:05:25 | *あれこれ

こんなに溜めずにその都度片付けなさいよって話しなんですけど
暫く寝かしておくと、
あれ?こんなの拾ってた?わー(*'▽'*)
って事もあってなんとなく2度楽しめる時もあるんだヨ(苦笑)

オキナエビスだって!

2017-05-05 00:05:05 | *貝類

いやー、ビックリしました。

親切な方が教えて下さって
この度手持ちの貝がオキナエビスだとわかりました。

実はこのオキナエビス、随分昔に拾ったものでした。
(多分10年ぐらい前じゃないかな-。)

ボロなのに他の何とも似ていなかったから
ずっと捨てずに蔵入りしていた物なのです。
そしてボロ過ぎて調べもしなかった…!(笑)

拾った場所は覚えています。
なぜならその頃マキミゾグルマにハマって
それかと思って持ち帰ってみたものの、よく見れば全然違うじゃん
でもこれなんだろね?と思ったものでした。

そしてずーっと箱に眠らせていたのです。
その箱の中も何度か整理していたし選別の度に触れていたのに
これだけはこんなにボロでもなぜか捨てなかったのー。
不思議だー。


まさか自分がオキナエビスを拾うなんて思いもしていなかったし
図鑑で見るそれは色付きの綺麗な物。
博物館で見る物もこれよりもっと大きいし綺麗だから
これがオキナエビスだなんて疑いもしませんでした。

腐っても鯛?
ボロでもオキナエビスですって(笑)

そして蔵(箱)から出てリビングのコレクションケースに収まりました。(笑)

皆様もこれを目に焼き付けておいて下さいませ。
綺麗な物ではなく、ちょいとくたびれたオキナが目の前に突然現れるかも知れませんから(^^)



エーッ

2017-04-24 13:14:06 | *その他漂着物

そう、Aが落ちてたんです(笑)

材質は木ですかね。


えー、A ってなんだよ~って考えてて
アベさん
アンドウさん
アナゴさん
…色々考えてみて、ふと
「SとEはないか!?」って思って
更に周辺捜索してみたけど、無かったぁ~(´-ω-`)

でももしかしたら、今後出てくるかも知れないから
引き続き気を付けて探してみようと思います(^^)



気をつけなきゃ。

2017-04-18 23:24:27 | *貝類

むむっ!?

これはー。
食べてるなぁ!?

機会があったら私も是非1度はと思っているけど
このたぐいの貝は成長がとても遅いんだって。

ゆえに乱獲に非常に弱いとのこと。
取り切ってしまうような事をすればそこからまた数を増やすのはとても難しいんだって。

素人が無闇に乱獲なんかしちゃったら大変なことになりますね。

なんだってそうだけど
節度ある判断・行動って大事。
なんだかんだいって人間が一番厄介なことしますもんね。
それを正せるのもまた人間なんですが。


因みにこれを発見した場所は古くから栄える漁師町で
捨てられた貝殻も新しい物ばかりではなかったように見受けられました。
毎年食されていると考えると、絶滅しないよう
取る量も節度を持って行っているのではと推測しました。
(凄い量だけど…(^^;))

海に合わないね

2017-04-15 17:26:09 | *その他漂着物

捨てられたのでしょうけど
点々と落ちていたそれは
砂浜で浮いちゃうぐらい目立ってました。

捨てるぐらいならくれよー(笑)

大好物のいちごでした。

赤い小手毬

2017-04-13 00:11:04 | *棘皮動物

久々に出遭いました♪

きゃー(*≧Δ≦)
って、思わず声が出たほど嬉しかったですww

海はワカメが伸びきって
千切れた様々な海草で賑やかでした。

岩場も貝が産み付けた真新しい卵がたくさん。

ツバメの飛来と共に、南房総では田植えも始まっていました。
夕方にはコウモリも飛んでいます。

このところ雨が続いていましたが
桜ももう少し楽しめそうです。


天然浅蜊

2017-03-26 00:48:13 | *貝類

今日はちょっとだけ潮干狩りしてきた。
家族で味噌汁1杯分ずつぐらいかな。

天然の浅蜊って色も柄もツヤもほんと綺麗だね!


禁漁区ではないところは限られてくるし
潮が昼間引くようになるから
今週辺りから人でごった返しそう。

義母の話しでは、埋め立てが進む前は
歩いて沖まで出てザルにいっぱいの
大きな浅蜊が取れたそうです。
その大きな浅蜊が今でも忘れられないって。

その義母、浅蜊を剥くのがホントに上手で職人ぽいの!(笑)
子供の頃は嫌と言うほど剥いたからねー
身体が覚えてるのよ(笑)
と仰っていました。

浅蜊を剥くなんて、今の私には出来ませんて。
とにかく色々な場面で、教わることが多いです。
ありがたいです。



漢字を間違えていたので訂正しました。




百聞は一見に如かず

2017-03-11 23:18:25 | *その他・お知らせ

今年は津波被害のあった地域の方から
直接話を伺う機会がありました。

大昔にも津波被害があったこの地域では
東日本大震災の津波では過去の教訓を活かし
一人の犠牲者も出すことなく今日に至っているとのことでした。

普段私が足を運ぶ浜も建物のあそこまで海面が上がったのだと聞いてゾッとしたり
それでも被害を乗り越えて今平穏を取り戻している逞しさが嬉しかったり…。

百聞は一見に如かずですね
テレビで見聞きしてるだけでなく
現地に行って経験談を聞いてその場所を見ると、
その時のイメージや、じゃあそうなったときどうする?
っていう事もしみじみ考えれました。

年に何度か行く場所なので、他人事じゃなかったです。


こちらの冊子は子供向けに無料配布している物で
この地域で起こりうる災害や対処などが
わかりやすーく書かれています。

わたしみたいなアホでもわかる(笑)
ありがたいです。

おはなしをきかせてくれたのは81歳のお母さん。
いつまでも元気でいて欲しいです。
そして出来るだけ沢山の人にそのお話しを伝えていって欲しいです。



ことしも、合掌。