ヤポネシアンレゲェ

新しい日常を追い求めるギター弾きホワイト教授のゆるゆる人生散歩日記。目指すは架空のリゾートミュージックアイランド。

バンコクナイツ、オキナワナイツ

2017-06-15 03:17:00 | 東京フラッシュバック
梅雨も後半の沖縄

本日、どしゃ降り。

このバケツをひっくり返したような大雨と台風の凄さは、現地で経験したことないと中々伝わらない。



車で行くと、本部半島の山の道は、あちこちがけ崩れや、倒れた木の枝で危険注意報。

道路の脇の側溝のからは、噴水のように雨水が吹き上がる。

川はまっ茶色、で今にもあふれて流れ出そう。

土木工事の質の悪さゆえか、ちゃんとした道路も水溜りがあちらこちらにあって、急に水しぶきを上げて川を横切るようなことになってしまう。

夜もカミナリ、ゴーロゴロ!
フラッシュライトがピカピカ!!


こんな日は、
フルボリュームで
V.U.の「ホワイトライト、ホワイトヒート」

田舎の山の中の生活で腐って来た脳味噌に、歪んだ音の注射液を打ち込むと、正に東京フラッシュバック。

パラダイスでも夢でもない現実のオキナワからしばし逃避行。


唾をはいては歩いた、夜の街、、、


踏み切りと、電車がうるさい酒場、、、


半年でワタシは止めました、と見せられた腕の血管の注射針の跡、、、




シスターレイが始まると、それまでの全ての曲が、この17分にもおよぶ楽曲の前奏であることに気づく。


そういえば、映画「バンコクナイツ」のサントラのために結成された、
Suri Yamuhi And The Babylon Bandに参加しているベーシストのN野氏、

「どの曲も、俺が弾くとシスターレイになる」

って、言ってたな。

さすが、、、


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「森のおうち」ホテル小屋12... | トップ | 三島由紀夫のSF小説 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東京フラッシュバック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL