風に揺れ、水に流され、陽に導かれ、いづれどこかに辿り着く。

世間や身の回りに起きたことに関して、感じたことをだらだらと書いてみる。

総選挙の開票をしっかり見てしまった。

2017-06-17 22:13:43 | 感想

BSスカパーとSHOWROOMを並行して見ながら、AKB48の総選挙を楽しませてもらいました。

私が2票投票した子は、40,202票を獲得して、第14位見事選抜メンバーに入りました。

何故か、末尾の2票が嬉しかったりします。(笑)

もしかしたらというより、たぶん17位以下だと思って、BSスカパーを見てましたが、それが無駄となり(笑)、地上波の放送枠で発表されて良かったです。

最初の印象は、普通に良い子なのかなと思っていましたが、アイドルになるのを目指すような子ですから、とっても個性的で良い意味で戦闘的な子だったのだと分かりました。

ますます、今後の活躍が楽しみです。

なかなかいろいろあった総選挙でした。

 

その中で20位となった人が結婚発表をしました。

Twitterなどでは、非難のコメントが多そうですが、ネットで情報を見ると、週刊誌にネタをつかまれているようなので、たぶん報道をされる前に、ファンに伝えることを選んだのかも知れません。

明らかに場違いの発言だと非難を浴びているとしたら、それは覚悟の上かも知れませんね。

後のことは、本人とナンバーワンから少し頼りないと言われている運営の大人たちが決めるでしょう。

おじさんの立場としたら、結婚はおめでたいことなので、投票をしていない人は、『おめでとう。』という言葉以外は発すべきではないと思います。

投票した人は、ちゃんと思いをぶつける機会を設けて、真摯に対応してもらったら良いと思います。

人生は、自分でも予測できず、何があるか分からないものですからね。タイミングが悪いことも多々あるものです。

 

それよりも19位があの子で良かったかも知れません。

若い子であったら、何もコメントできないし、場の雰囲気も変えられなかったかも知れませんね。

来年も出馬するようなので、選抜入りかな?

 

それよりも、速報1位で、5位に入選した子のスピーチがとても良かったです。

速報から追加された票数が2万票ぐらいだったように思いますが、ファンが速報のために1日で投票をやりきった努力に、本人の日頃の頑張りが伝わってくるような気がします。

ファンのみなさんも1度上げた順位を来年下げるわけにはいかないでしょうから、本人が頑張る以上応援を続けてくれるでしょうね。

NGT48に加入するまでの経緯を知ると、来年選挙に出るであろう3位と4位のメンバーの対極的な立場のメンバーであり、最大のライバルになるかも知れません。

応援しがいがありそうです。

 

26位だった子の発表して呼ばれたときの表情が笑顔でもない、泣くでもないの厳しい表情を見て、目標に届かなかった悔しさが伝わってきました。

だから、どうなんだというと、来年まで覚えておこうということですか。

 

それと、52位の子は、前年度から大幅ランクダウンです。

呼ばれたときの表情も明らかに不本意だと伝わるものでした。

票数も昨年より大きく下がっていましたので、ファンが余所に流れてしまったのかも知れませんが、どうも波瀾万丈な子なんでしょうね。

浮き沈みが激しそうです。

これも来年まで覚えておこうっと。

 

1位と2位の子の票数は圧倒的でした。

来年は、一人は卒業で、もう一人は出馬しないと言っているので、その40万票の行方が気になりますね。

 

票数で言えば、80位の子の票数は前年より高くなっていますが、1位と3位以外の子たちは、前年の同順位の票数を下回っているので、来年度以降は1位の票数も大幅に減るでしょうから相当な混戦になることが予想されて、誰にでもチャンスが生まれるような気がします。

 

まぁ、長時間でしたけど、なかなか面白かったです。

 

 

『アイドル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さぁ、総選挙の開票だ!沖縄... | トップ | 前年21位から52位へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。