風に揺れ、水に流され、陽に導かれ、いづれどこかに辿り着く。

世間や身の回りに起きたことに関して、感じたことをだらだらと書いてみる。

結婚発言の区切りがついたみたいだ!

2017-06-22 20:29:08 | 感想

アイドルの総選挙の場での結婚発言について、ひと区切りがついたようですね。

結論は、当人の時期をみての卒業とその後の結婚ということになりそうです。

あの場での結婚発言は、しっかりと運営の大人たちと話し合われたあと、本人の意志をもってされたようなので、パッと見はハプニングですけれど、結果的には運営的には仕込みの範疇であったと言えるでしょうね。

そこはしっかり管理された中でのパフォーマンスだったようで、他のメンバーの反応も、運営側にとっては、演出の中の想定されるところのようです。

恋愛禁止がルールとなっているという話にはなっていますが、厳密にはそうではないのかも知れません。

そもそもアイドルが恋愛を公にしたら、ファンがどう思うかは自明の理で、若い子がその対処をするのはとても困難なことだと思います。それを避けるためには、恋愛禁止と伝えた方がつまらない言動を未然に防げるのでしょう。

 

今回の当事者が、「恋愛禁止と言われて、恋愛しないのはそもそも恋愛ではない。」というニュアンスの発言をされたようですが、ごもっともな話にも思えます。

 

これまで、卒業を余儀なくされた人たちは、不用意な言動を何度か注意された上で、それでもマスコミ等に認知されたときに、卒業を通達されているような感じがしますから、これまで、運営から注意をされていない状況では、例えマスコミに報道されたとしても、厳重注意ぐらいで収まっているのでしょう。

今回は、運営のトップから、辞めなくてもいいのではとの話もあったようですが、だとしたら、最初から方針にブレはないわけです。

アイドルと言えども、アーティストなのですから、ファンに貞操を売っているのではなくて、歌やダンスやパフォーマンスを売っているのでしょうから、恋愛は、大人になれば自由でいいのだと思います。

 

スピーチで、メンバーのひとりが、『スキャンダルを笑いのネタに』という発言がありましたけど、スキャンダルを笑いのネタにしたからといって、ファンが許すはずもなく、許されたのはそれ以外のパフォーマンスが、ファンに認められたから、『スキャンダルを笑いのネタに』できたというのが正解だと思います。だとしたら、スキャンダルから立ち直れる人は、ほとんどいないということでしょうね。だから、スキャンダルがダメなんだというのは、風紀委員長の優しさでしょうね。

 

まぁ、どっちにしても、今回の件は、運営にしても、ハプニングはハプニングだったのでしょうけど、それを煽ったマスコミさんがいちばんバカなのかも知れません。

三連覇もトップアイドルの卒業も、今更そんなにニュースにはなりませんからね。

 

テレビの視聴率もそんなに良くなかったようですが、がっつり見る覚悟のある人にはとても楽しめたイベントであったと思います。

興味のない人に、楽しめるようなものではないのも、明らかです。

楽しみたい人だけが楽しむものを、そもそも国民的とか煽ったのも、マスコミさんじゃぁないのでしょうか?

ちょっと、滑稽な話です。(笑)

 

 

ファンの中に、怒る人が相当いるでしょうけど、そういう人は、悪い言い方をしたら、金を使って疑似恋愛をしているタイプの人でしょうから、沈静化には困難があるでしょうね。

でも、そういう方は、すぐに次の相手を探すかもね?それとも、お金だけは返してもらおうと頑張るのかなぁ?

 

どっちにしても、それ以外のファンは、おめでとうと言ってくれるでしょう!

ホントに結婚されるかどうかがとても不安になるキャラクターの方ではありますけどね。(笑)

 

ほんとうに好きなアイドルなら、結婚しようが、子供を産もうが、可能な限りアイドルとして活動してもらいたいと思ったりもしますしね。

 

『アイドル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SHOWROOMって面白いね。 | トップ | 何故、得票数が減るのか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

感想」カテゴリの最新記事