風に揺れ、水に流され、陽に導かれ、いづれどこかに辿り着く。

世間や身の回りに起きたことに関して、感じたことをだらだらと書いてみる。

ハプニングへの対処力!奇跡の19位と18位!

2017-06-19 18:07:01 | 感想

私みたいな世に埋もれている人間が書くことではないでしょうが、アイドルの総選挙で凄い対応力だなと思ったことがありました。

大きなイベントを生で見ますと、どこかしらでハプニングが起きるものです。

予期せぬものもあれば、仕掛けられたりするものもあります。

どっちにしても、それを対処しなくてはならない立場になった時に、印象を残せるかどうかが大事です。

20位の子が、アイドルのイベントでは常識的に考えて有り得ない結婚の発表をして、その発表の脈絡が余りにも整っていなかったので、会場全体が動揺した雰囲気になったところで、19位の当選コメントを求められた最後の一期生メンバーに求められた役割が、開票イベントの中でとても重要だったと思います。

当選のスピーチは、年に1回、僅かな時間であれ、自分の思いを語ることが出来るチャンスであるわけですから、会場の注目が、その人のコメントより他に向いているようでは困るわけです。

会場全体の雰囲気が『結婚』というキーワードに飲まれている状況で、それ以外の言葉を発しても誰も聞いてくれないだろうなと思う中、会場の注目をスピーチをしている人に惹きつけるように、余韻を残した流れを組み入れながら、落ち着いて対応されていたのには、驚きました。

言葉のインパクトが大き過ぎて、それでも、動揺が残っているようでしたが、18位に当選したメンバーが引き続き言葉を繋げて、17位の子のスピーチでは、その言葉に触れずに話せるようになって、ほぼ影響を残していないように感じられました。

地上波のテレビ放送のMCのおじさんの声が、必要以上にスピーチと被ってハプニングを煽っていたのが、死ぬほどウザかったのはとても残念でしたけどね。

 

お二人ともハプニング発言で、自分が言いたかったことをほとんど言えなかったかも知れませんが、自分の話を聞いてもらおうとする工夫と、あとあと発表するメンバーに負担を掛けないように、場の雰囲気を整えたことにとても感心しました。

11位と9位の子は、20位の子の発言を逆手にとって、自分の思いを力強く伝えることができて、却って、自分の印象を残せたのでしょうから、ハプニング発言も全体としては悪いことばかりではなかったようです。

 

もともとメンバーの発言に、検閲が入らないシステムですから、何を言っても自由なわけで、前のメンバーが突飛なことを言いだしても、それを収めるのは自分しかないわけですが、あの短時間で対処することが出来たお二人は凄いなぁと思います。

ご本人たちは不本意だったでしょうけど、よくぞ19位と18位に選ばれていたと思います。

 

ハプニングは日常茶飯事のようにあるわけで、対処力を上げることが大事ということを改めて思わされたひとときでした。

『アイドル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初選抜! | トップ | SHOWROOMって面白いね。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。