風に揺れ、水に流され、陽に導かれ、いづれどこかに辿り着く。

世間や身の回りに起きたことに関して、感じたことをだらだらと書いてみる。

大きなイベントを通過したら、株価が下がった!

2017-06-15 20:02:33 | 日記

注目のイベントを通過したら、予測通りの結果だったにも関わらず、その先の不透明感のために、円高になり、株価が下がりました。

日経平均株価20,000円を維持することは、当面無理そうな感じです。

20,000円を維持するということは、それ以上に上昇するであろう期待があってこそだということでしょうから、株価の先高感は期待できないということのなのでしょう。

トレードをしていて、気持ちが良いのが、予想を当てるということなのでしょうけど、予想することで人の頭にもたげてくるのは、思い込みです。

思い込んでしまうと、思い込みと違う方向に値動きするだけで、対応が二手三手遅れてしまい、大きな損を抱えることになるようです。

 

株やFXの予想なんて、上がるか下がるかの2択ですから、ある意味、どっちのケースも考えておけば良いようなものなのに、どちらかを選んでしまうのが、人間の性なのでしょうか?(笑)

藤井四段で盛り上がっている将棋は、次指す手ですら何十手もあって、その中から最善手を選ばなければ勝てないものと比べると、とても簡単なのに最善手を選び損ねるものなんですね。

 

株価が上がって、さらに上がったらどうなるか?

株価が上がって、すぐに下がったらどうなるか?

株価が下がって、すぐに上がったらどうなるか?

株価が下がって、さらに下がったらどうなるか?

 

まぁ、1回のトレードで考えることは、この4点ぐらいで、保有ポジションの中で、対応力が弱いところに手を打てばいいものなのに、それが案外できないものなのですね。

 

そろそろ直近の底値に来ているから下がらないだろうと一瞬思ってしまったことで、売り玉の投入を先送りしたら、なんとなんと60円以上下がりやがって、えらい目に遭いました。(笑)

仕方がないので、下がりきった引け前に売り建てをしましたが、これで、反転上昇しようものなら、底値の売り玉がのちのち面倒なことになるだろうと思います。

 

上がる要素が少ない日本の株のようですが、間違って上がってくれると、利益がっぽりが期待できるポジションの状況ですから、下がったときに備えるのが明日の課題のようです。

 

予想なんかしないぞと言いながら、予想を当てるのが楽しみでもあるのです。

困ったもんです。

『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの頃に戻れたら!? | トップ | アイドルも大変そうだ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。