白い彗星の艦長室のひとり言

ガンプラをはじめとして、各種トイ、話題のアニメについて盛り上がりましょう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

機動戦士ガンダム00 ♯25 刹那 その3

2008-03-30 20:24:20 | 機動戦士ガンダムOO
この記事は『機動戦士ガンダム00』第25話の最終パート及び総括的感想の記事です。
番組前半Aパート感想はその1、番組後半Bパート感想はその2をそれぞれご覧下さい。


A.D.2312

ソレスタルビーイングと国連軍との死闘から4年後、オービタルリングを纏った地球から遠く離れたアステロイドの奥、スペースコロニーに沙慈は居ました。

ルイス、久しぶりにメールを出します。君から返事が来なくなって、もう2年が経ちました。
でも、どうしても伝えたい事があったから…
僕、今年から宇宙で働く事になったんだ。悲しい事がたくさんあったけど、でも小さな夢を一つだけ叶えたよ。
だから、もう一つの夢も叶えさせて欲しい。
待ってるよ……ルイス
宇宙で待っているから……

あれから4年、自分を取り戻した沙慈は、コロニーの建設に関わっているようです。
夢であった宇宙で働く事を現実の物とし、そしてもう一つの夢だったルイスと一緒に宇宙で働く事を夢見て。

その沙慈の目に映る一陣の光…
「あ、あれは?!」
「ありゃあ、GN粒子の光か?どこの機体だ??」
「あれは、連邦の物じゃない。粒子の色が違うよ」
「あぁ…確かに」
(あの光…そう、あの光は……ガンダム?!)

この4年間で、GN粒子という言葉は極一般的になったようです。
そして、沙慈の口から語られた連邦という言葉。

「国際連合が地球連邦に改名して1年、我々は連邦参加国全328カ国の賛同を得て、各国の軍隊を解体、一元化し“地球連邦平和維持軍”として発足する事をここに宣言します」

会場に詰め掛けた多くの人々から拍手が送られる中、連邦首相と思われる人物から各国の軍隊の解体及び“地球連邦平和維持軍”の発足が発表されました。
会場前には、巨大なランスを構えた(カッチョエエ…)GN-Xの後継機と思われる機体が、さながら衛兵のようにずらりと立ち並んでいます。

「全ての国の軍が無くなり、我が平和維持軍が唯一の軍隊となった時、世界は真の統一を果たす事になるでしょう。その道標となるべく我々は邁進していく所存です」

モビルスーツの足元に並んだ将兵の中には、元AEUのマネキン、そして元人革連のセルゲイの他、元AEUのエース、パトリック・コーラサワーの姿も見えます。


イオリアの計画の目的が地球連邦の形成であるとかなり以前から書いてきたので、この光景は感慨深い物がありますが、今の考えとしては、連邦の形成は計画の一部若しくは一つの選択支、または過程でしかないと思います。
そこを履き違えたアレハンドロは、統一された世界を我が物にしようとしましたが、リボンズの言うとおりにそれは器量が小さい望みでしかなかったのだと思います。

イオリアは恐らくもっと先の未来をも見据えた人類の変化、彼の最後のメッセージにもあった人類は変わらなければならないという事を目的にしていたように感じます。

太陽光発電により世界を3つにまとめ、更にソレスタルビーイングの武力介入で世界は一つにまとまりつつあります。
そこから人類が宇宙へと生活圏を広げるのも一つの可能性、過程として存在するのでしょうし、人類が未来永存在し続ける為にはもっと大きな世界の変革、そして人類その物の変革が必要になるのでしょう。


そして、連邦首相の演説の言葉からは少なからず連邦に参加していない国もあるようで、連邦がどのような手段でこれを迎合するかが、これからの争点になりそうです。また、テロリストなどの武力を行使する集団に対しては、平和維持軍がその対処に当たるのでしょう。
かつてのソレスタルビーイングのように…

                 ◆

マリナの元を去るシーリン。
連邦にアザディスタンが参加したのかどうかは分かりませんが、そうであるとしたら、皇女という立場は不要になったという事でしょうか。


「これで世界は変わったのですか?お嬢様」
「さあ…」
「今の世界はお気に召しませんか?」
「期待はしているわ…世界が変わっていく事を」
そして、すっかりネーナを手懐けたと思われる王留美は、世界の変革をどう見ているのか。


「始まるよ…イノベイター。人類の未来が…」
新たな衣装を纏ったリボンズ。これからが彼本来の役目という事でしょうか。
イノベイターというのが、彼の後ろに控えている5人の総称かどうかは分かりませんが、革新者・導入者という意味を持つこの言葉は、リボンズの目的にも関係しているように思います。
彼らはどのように人類を導こうというのか…
そして、それは連邦の目指す未来とは異なるのか…


連邦の制服らしき物を着たマスクの男…
間違いなくあの人でしょうが、何故マスクを付けるのか?
瀕死の重傷を負い、顔に消せない傷を負ったのか、過去の自分と決別し、グラハム・エイカー(あ、書いちゃった…)としてではなく、別の人間として生きる手段なのか…

荒々しくグラスを叩きつける男は、肩のタトゥを見ても明らかですが、アリー・アル・サーシェスその人でしょう(EDクレジットに名前があるし…)。
ロックオンの決死の覚悟も虚しく、やはりというかしぶとく生き残っていたようです。連邦の世の中は彼のような人間には住みやすい世の中ではないのか、かなり荒れているようです。


そして、恐らく一番話題を呼ぶであろうツーショット、ロックオンのような髪型をしたティエリアそっくりの人と、その後ろに控えているのは髪を切ったルイス!

「フ…」
セリフこれだけですが、ティエリア役の神谷浩史さんの声ではなく…
その秘密はEDクレジットにありました。

リジェネ・レジェッタ…CV朴ロ美

これは第2部に向けての大きな謎になりそうです。
ルイスがメールの返事を出せなくなった事にも関係しているでしょうし、何故ルイスが?と単純に疑問も沸きます。
そして、彼(彼女?)は一体何者なのか…


アステロイドの中、かつてのトリニティ艦のような艦艇が係留されてる基地にやってきた王留美。

「ご足労だったな、お嬢様」
「状況はいかがですか?」
「1機目はロールアウトした。今は実戦に向けてのテストに出払っている」
「他の機体は?」
「予定通り、順次ロールアウトする予定だ」

第4世代ともいえそうな機体が順次ロールアウトを迎えているようです。
イアン・ヴァスティが語る実戦に向けてのテストというのが、沙慈の見たGNドライブの光という事でしょうね。

「良かったら、見せてくださらない?第1世代の機体を」
「ん?了解」

“GN-0 GUNDAM”の文字が書かれたハッチがせり上がると、中からは0(オー)ガンダムの姿が。
王留美の姿越しには“GN-00 GUNDAM”の文字も確認できます。

「これが0(オー)ガンダム…初めて太陽炉を搭載して稼動した機体…」
「太陽炉は取り外して既に(別の)機体に装着してある。だが、こいつを使ってもマッチしなかった…エクシアの太陽炉でも上手く行くかどうか…」

王留美は新型のパイロットスーツのような物を着ていますが、その後にも同様のスーツを着た人物が一人。
恐らくネーナかと思っていましたが、ネーナはどうやら別の部屋でモニター越しにこの様子を見ているようです。
その虹彩の様子からは、ハッキングでしょうか?!

とすれば、王留美の後ろにいるのは誰?
紅龍とは明らかに身長が違うように感じるのですが…


そして、イアンの言葉にも気になる点が、それは太陽炉ごとの性能差。
0(オー)ガンダムの太陽炉は、フェレシュテが使っていた物で勿論オリジナルの太陽炉。それがマッチしなくてエクシアの物を試すという口ぶりは、太陽炉ごとの性能差(性質か?)がある事が伺えます。

「世界を変える機体…00(ダブルオー)ガンダム…」


我が家のモニターでは真っ暗でよく分かりませんでしたが、某所で拾ってきた画像では補正されているのか細部を確認する事ができます。

パッと見はエクシアをよりガンダムぽくリファインした印象ですね。
番組開始当初は、後半の主役モビルスーツとして00ガンダムというのが出てくるんだと冗談半分で思っていましたが、正に本当に登場した00ガンダム…
今のところは、ガンダムぽくないエクシアのデザインが気に入っていますが、これも人気の出そうなデザインですね。より分かりやすくガンダムしていると思います。

また噂では、00ガンダムは太陽炉を2つ搭載するガンダムという事ですが、稼動できる機体を1機減らしてまで2つの太陽炉を搭載するメリットは…
結構ありそうです。
単純に蛇口の数が増える事でのパワーアップも図れそうですし、交互に使用する事で粒子を大量に消費する攻撃でも粒子切れを防ぐ事ができそうです。
トランザムも2度続けて使用する事も可能になるとか、一度の使用でのパワーダウン状態も回避できそうです。

いい事尽くめのツインドライブですが、パイロットへの責任も2倍以上に跳ね上がりますね。破壊若しくは鹵獲された際のデメリットは甚大です。

また、ここに0(オー)ガンダム及びその太陽炉があるという事は、外伝での支援組織フェレシュテは解散若しくは壊滅あるいは統合したという事でしょうか。
今一つフェレシュテの敵が明確でないので、どのような経緯があったのかは窺い知れませんが、外伝の連載は本編終了後も続くようなので、第2期までの間は色々と楽しませてくれそうです。

そして、何よりも重要なのが、ソレスタルビーイングが今だ顕在しているという事。連邦の世の中になったとしても、彼らにとってはそれは目指すべき世界とは違うという事なのでしょう。
画面に出てきていない刹那、アレルヤ、ティエリア、スメラギさん、フェルトがどうなっているのかは分かりませんが(ロックオンについてはオフィシャルガイドに死亡となっているので、とりあえずそういう事として…)、00ガンダムを世界を変える為の機体と呼ぶからには、世界は変える必要があると考えているのでしょう。

最後に映し出された“Mission Incomplete”は、作戦失敗の意味も持ちますが、それでは第1期のラストはバッドエンディングになってしまうので、作戦は今だ終わっていないという意味として、第2期へと繋がるのでしょう。


半年間欠かさず視聴し、拙いながらも個人的感想をネットに上げる事を続けてきました。番組が始まる前は正直あまり期待していなかったのですが(オイオイ)
蓋を開けてみると、今までのガンダムとは異質の雰囲気と世界観を持ち、少しずつ小出しにされる要素にいつの間にかどっぷりとハマってしまいました。

ガンダムという作品や単にロボット物といわれる作品に期待する物は人それぞれ十人十色なので、ガンダム00についても見る人全てが面白いと感じたがどうかは分かりませんし、恐らくそんな事はないでしょう。
キャラクターの掘り下げが少ないぞとか、恋愛要素が足りないとか、世界の枠組みや政治の話なんか小難しいのは置いといて、もっとメカを出せメカを!という方もいる事でしょう。

それでも個人的にはとても楽しめた作品で、第2部が非常に待ち遠しくもあります。ここまでのめり込んで見た作品は久しぶりでした。

第1部が終了した事で判明した多くの謎もあれば、いまだ判明していない謎もまた数多く残っています。
これらの情報を整理しながら、視聴感想という形式とは異なりますが、不定期にガンダム00に関しての記事は続けて行きたいと思っています。

まずは、毎週長くて拙いない文章を読み続けていただいた皆様に感謝しつつ、一旦締めたいと思います。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (25)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 機動戦士ガンダム00 ♯25... | トップ | マクロスF #01 クロース... »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しんで、拝読しております。 (松)
2008-03-31 00:53:56
はじめまして。
私は、香港に住んで働いているものです。
民法の放送を見られない私にとって、白い彗星さんのレヴューは、毎週とても楽しみでした。
2週間遅れで、レンタルDVDになったものを見ていたのですが、より深く鑑賞することがでました。
これからも、記事を楽しみにしています。
Unknown (スカウター)
2008-03-31 06:27:25
まずはお疲れ様でした。
結局CB意外のメインキャラは残ることになりましたね。
パトリックもしぶといですが、グラハムとサーシェスも大概ですね。

そしてやはりあのシーン。
あれをみるかぎりルイスはまだマイナスの位置にいるようですね。
色んな憶測が飛んでますが、こればっかりは半年待つしかないようです。
あのティエリアみたいなのがリジェネだったんですね。
私はすっかりティエリアだと思ってました。
リジェネは留美の後ろの奴かと。

やはりここのレビューは読むもんですね。

私も艦長さんとおなじで初めは期待してまS(略)
でもやはりおなじで話が進むにつれ引き込まれていきました。

新たな旋風を巻き起こした00。半年なんてまてるかー!

ではお疲れ様でした。
半年間のレビューお疲れ様でした (イズ)
2008-03-31 08:36:30
僕も正直ディスティニーの後だったんで「00ってどんなガンダムなのかな~」とか思いながら見てはまっていったタイプです(笑)

今回は相打ちと名言(迷言?)がとにかく多かったように感じましたね(A^_^;)

ガンダム00の感想・情報・考察など書いている方はたくさんいらっしゃったのですが、個人的に彗星さんのが一番わかりやすく読みやすかったです。
また半年後も本編と彗星さんのレビューを楽しみにして待ってます。ありがとうございました。
お疲れさまでした。 (M2)
2008-03-31 09:51:17
リボンズは、介入するでなし、
傍観して、最後にアレハンドロを嘲笑してましたね。
まぁ、アレハンドロのMSが出て来た時の頭部の形状で”雑魚”的な感じがして、アレハンドロが敗れた後にグラハムの登場で”ラスボス?”の立場も奪われ(汗)哀れでしたね。

4年間、リボンズは沈黙を守ってた様ですが、彼らの目的が気になりますね。
(しかし、リボンズはあのままヴェーダのところにいるってことですよね?)

しかし、最後の王留美+他1名+ネーナのノーマルスーツのデザインが、世界観的に00以外のデザインっぽいのがちょっと違和感が~
(どちらかというとマクロス的なデザインに見えた)
イアンは第2、第3、第4と開発に関与してるって事になるんですよね。

GN-Xの新型。
持ってる槍に、”ペイドル・スピア”?と感じ、
衛兵MSかい?と思いましたわ(汗)

最終話までGN-X(旧型)のコックピット位置をハッキリさせなかったのは、コーラサワーの生死をぼかす必要があったからなんですかねぇ~
お疲れ様でした (Zくろば)
2008-03-31 12:34:40
お疲れ様でした。
自分にとってもこのレビューは「00」を楽しむ上で非常に役立ちました(例えば、自分が気付きもしていなかった細かい描写が記載してあったり・・・)。
リボンズが黒幕でしたね。今のところ、連邦が成立した世界観でこれに侵略か何かを行いそうなのは彼しか考えられませんが・・・。
00ガンダムですが本当に出てきて驚きました(笑)
この画像を見た限りでは、ストライクに似通った顔ですね。しかしこのバストアップだけでパクリだと判断するのも早計ですし、続報を待ちます・・・とはいっても第2期直前までお預けでしょうが(汗)
何を言ったって第2期が始まらないと分かりませんし、ここで失礼します。
Unknown (Ihsotih)
2008-03-31 13:34:41
毎回、本編視聴後に読ませていただいてきましたが、文章力、洞察力にただただ関心するばかりです。
楽しいレヴューありがとうございました。

00は僕にとっても、忘れられない作品になりました。
ありがとうございました (彗星)
2008-03-31 16:23:18
>松さん
はじめまして。
海外からコメントをいただけるとは、今更ながらネットは凄いですね。
2週間でレンタルが見られるのも凄いですね。
少しでもお役に立てたのなら幸いですが、ここにコメントをいただいているという事は視聴前に…あわわ(汗)

>スカウターさん
ありがとうございます。
リジェネに関しては憶測でしかなく、王留美の後ろに居た人も誰なのか気になっているのですが、「フ…」という笑い声は何となく朴さんのお声に感じました。
ルイスの俯き加減は好きであそこに居るのではなさそうですね…

>イズさん
ありがとうございます。
自分は他の方が書かれている00の感想記事をあまり読まないので(ここに来ていただいている方以外は)、正直自分の書いた文章を客観的に見られないのですが、そう言っていただけると少しは毎週書いていた価値のような物を感じることができました。
半年後、無事に再開できるように頑張ります。

>M2さん
ありがとうございます。
リボンズは恐らくはヴェーダのところに居るのでしょうが、彼がヴェーダを使って何をしようとしているのか気になりますね。

スーツのデザインは確かに特徴的でしたね。あの光るリボンのような物は何かの役目があるのでしょうか。

新型GN-X?が持っていたランス(スピア)は個人的にもツボでした。あのような巨大なランスを持ったメカは大好きなんです(コードギアスのアレとかFSSのアレとか…)
GN-XのCGモデルも楽しみにしています。

>Zくろばさん
ありがとうございます。
他の方のお返事にも書きましたが、あらすじと個人的な感想と個人的な考察の入り混じったカオスな文章でしたが、それが少しでもお役に立てのなら幸いです。

00ガンダムはよりガンダムぽくなって、仰るようにSEED系ガンダムの雰囲気もありますよね。全体像が見えてくればまた違った印象になるのでしょうが。

>hsotihさん
毎回読んでいただいたとの事で、本当にありがとうございました。
洞察力と言われると恐縮してしまいます(汗)
半年後の第2部が待ち遠しいですね♪
2期に向けて… (百鬼扇)
2008-03-31 20:31:55
あの新型を見た瞬間「コスモバビロニアだーw」と思った私は病気です(断言)
00ガンダムの方はテッカマンブレードかと一瞬感じてしまうほどの重症です…
なんとなくですが、私はシルエットフォーミュラ辺りかF91にちょっと似た印象を受けました。


様々な謎を抱えたまま(ある意味当然ですが…)2期への休止期間に入ります。
ともあれ一区切り、ですね。同じ作品を、違う視点から見た記事を追い、読み続けたのは初めてです。
これから半年間、何に関する記事をUPして頂けるのか、とても楽しみです(笑)

それでは、ひとまずここで失礼します。
Unknown (れん)
2008-03-31 22:40:23
>「これが0(オー)ガンダム…初めて太陽炉を搭載して稼動した機体…」

 その後にOOを見せられるわけですが、これって「太陽炉を搭載しても稼動しなかった第一世代機体」ということですよね。今になって太陽炉のマッチングをやっているのは、太陽炉自体変化していくものなのでしょうか?。
 予想ではOOは超多機能な万能型の機体であったが、何らかの原因でまともに稼動できなかった。そこで特殊な機能を排除しあくまで無難に稼動する機体として開発されたのがOガンダム。
 更にOOに搭載された機能をそれぞれOガンダムをベースに機能を特化させて開発されたのが第2世代以降のガンダム達。
 おそらく本来のOOガンダムは巨大なGNソードを振り回しながら、GNバズーカで狙い撃ち、あまり意味無いけど気分で変形してみたり、GNフィールドを張りつつなんとなく装甲をパージして弱くなったり、非常時には機体を捨ててコアファイターで脱出するガンダムなのでしょう・・さすがにそれは無いと思うけどw

 デザイン的にはOガンダムが一番最初っぽいけど。


>「世界を変える機体…00(ダブルオー)ガンダム…」

 ・・と過大な期待をされていますが、1機のガンダムより少し性能が劣ってもたくさんのGNXだと思うのですがね。

 何はともあれ、SEEDはまるで受け付けなかったくせにしてOOは予想に反してこれほどハマルとは思いませんでした。半年後の続編が楽しみですね。
ありがとうございます (彗星)
2008-04-01 00:24:19
>百鬼扇さん
そうですね、ランスといえばクロスボーンバンガードを忘れてはいけないですよね♪
自ら文章を書かれる方に読み続けていただいたのはとても嬉しいです。

半年間何しようかな(笑)

>れんさん
オリジナルの太陽炉にマッチングの差異があるという情報は初出だったので、自分の中でも考えがまとまっていません(汗)

00がエクシア等より以前の機体というのはとても面白いですね!
0ガンダムと同系列の名前が付いているのは何かの意味があるのでしょうね。

第1期終盤は数の論理に押されていたソレスタルビーイングが、どのような対策をしているのか楽しみです。

コメントを投稿

機動戦士ガンダムOO」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

ガンダム00 ストーリー 第25話 刹那 (機動戦士ガンダム00(ダブルオー)について)
『 忌々しいイオリア・シュヘンベルグの亡霊どもめ、このアレハンドロ・コーナーが新世界へのたむけにしてやろう』この言葉から最終回が始まった。そして、『 エクシア、刹那・F・セイエイ、目標を駆逐する 』と刹那。ティエリアからの応答なし、アレルヤは応戦中。アレ...
機動戦士ガンダム00 第25話(最終話)「刹那」 (ある休日のティータイム)
あまりの怒涛の展開すぎて、今まで繰り返し見ていました、1期最終話。とりあえず言えることは、最高のアニメでした!!最終回までリアルタイムで見たアニメはこれが初めてです。なんであんな引きなんですか!?10月まで生殺しじゃあないですか!??! (|||ノ`□´)ノオオオォォ...