2本の白樺

八ヶ岳南麓の大好きな白樺と40年の歴史を紐解きました

らん展

2017-05-14 | 草花

この写真は2017年に東京ドームに於いて開催された世界の
らん展時のものです。







これからの文章は私の体験談なので写真との関連性は全くありません
只、本物のランの花を見にドームでの展示をが見たかった訳で見学に
行った時に撮りました。


これからの文章は私個人のランの育てた経緯です。



昨年、息子から母の日に「ランの寄せ植え」の鉢のプレゼントがありました。




私のランは
その年には見事なランの花が長期間の間咲いていました。



私のランは
ランの花が咲き終わった後

ランの手入れがわからないまま、また難しいと聞いていたので
そのままにしておき、水をもいい加減にしていました。






私のランは
それでもランの鉢は枯れなかったようでしたので
初心者マークでしたが大きな一鉢からの株分けを試みました。



私のランは
5鉢に振分け
ミズゴケを上に足し温度管理は必要だと聞いていたので
冬の間は暖かい部屋に移しておきました。

17年4月8日に一鉢からつぼみが1、2,3,4,5と枝について
ふくらんできたのですが、4/18にそのうちの1輪が咲きはじめました。




私のランは

すると他の鉢の枝からもつぼみが膨らみ



私のランは
5鉢のうちの3鉢からもつぼみが膨らんできて
現在では都合、ばらばらに15のらんらしきもののつぼみと
花が咲いてきています




私のランは

見栄も形も全く気にしないのでただ咲きましたと言う訳です





私のランは
しかしながら初心者マーク人としては冬を乗り越えたランの花が
ただ咲いてくれただけで喜びを感じています





私のランは

他愛もない鉢に咲いてくれたランの花には一つ一つ
つぼみが開花していく様子などを毎日見つめています




私のランは

花屋のバケツの花が一つ一つ違うように
ランの花弁も
二つとして同じものがないのでSMAPのヒット曲の内容と
同じように感じてしまいます。



私のランは

見事にばらばらに咲いているランの花たちだけど、
とにかく今年は咲いてくれたので
自然な花の勢いから少なからずパワーを貰えたような
気がしています





私のランは

来年には花の形全体がランらしい風に見られるようにと
チャレンジ精神を、と思うけど、、、そんな簡単には出来ないと
思います。




私のランは
    一般的なランの鉢の経緯の育て方とは全く違うので
          悪しからずの程お願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山麓&八ヶ岳南麓 | トップ | らん展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む