2本の白樺

八ヶ岳南麓の大好きな白樺と40年の歴史を紐解きました

世界文化遺産  ①

2016-09-19 | 旅行

姫路城 別名「白鷺城」 



  白く輝く大天守



平成の保存修理はかけがえのない国宝を築城時そのままの美しい
姿で次の世代へ引き継ぐため、漆喰壁の塗り替えや屋根瓦の葺き直し
を中心に約5年をかけて行われました。


  


狭間(さま)
一般的には丸や三角形、正方形(鉄砲用)縦長長方形(弓、矢用)の
4種類、城を防備するために重要な仕掛けでした。


    






西の丸方面からの白亜の要塞






姫路城西御屋敷跡庭園 ”好古園 ”   

  



姫路城を望む日本庭園 ”活水軒”
御屋敷の庭を眺めながら御食事が出来ます。 



姫路城の眺めを取り入れた「流れの平庭」 「御屋敷の庭」
「茶の庭」 「夏木の庭」 「築山池泉の庭」 「竹の庭」
「花の庭」 「潮音斉」  姫路城を借景に好古園の散策がお勧めです。
 







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南麓の歴史の一端 (Ⅲ) | トップ | 清里ロックの再建に想う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事