AGENDA / Menneskehetens Massegrav


ノルウェー発 Crust/Hardcore、AGENDA
2014年、10曲収録 1stアルバム。

ヨーロピアンな暗い雰囲気とダークなメロディーを薄くまとい勢いよく走る楽曲は、気持ちのメタリックさと激速に畳みかけるブラッケンドなパートが曲によりぶち組み込まれ、更に力強い喚き叫びボーカルがまくし立てまくる、なかなかにブルータル且つ、気持ちの昂る展開をみせるクラスト/ハードコアです。。この AGENDA はメロディックなのかどうかと問われるとメロディックだとは思いますが、ただ、前面に出て曲を引っ張る様な分かりやすいメロディーはないので、もう少し強めのギターのメロディーがあってもいいなぁ、というのが正直な感想です。。とはいえ、かっちりとしたメロディックな展開で緩急つけながらも快速するので、モヤモヤを蹴散らし、拳を力強く握らせるハードコアです!

Bandcamp - https://agendanorway.bandcamp.com
facebook - http://www.facebook.com/agendanorway

本 1stの 1曲目。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

BLOOD I BLEED / Gods out of monsters


オランダ発 Grind/Fast Core、BLOOD I BLEED
2009年、23曲収録 2ndアルバム。

30秒前後を中心に、長くても 1分半の楽曲で猪突猛進に突っ走りまくる全 23曲、約 17分。。楽曲は出だしのイントロ部分で違いは分かるものの、激速に雪崩込みぶっ叩きだしたら、もはや何曲目なのか分からないくらいに混沌と走りまくり、更にイビリッシュに喚き叫ぶボーカルも始終ブチ切れまくりと強力で、まさに有無をも言わせず、息をもつかせずな問答無用の激速グラインド/ファストコア。。 ボリュームを上げて聴くと、日頃の嫌なことをスカッとさせてくれる、兎にも角にも最高にキレたサウンドです!

Bandcamp - https://bloodibleed.bandcamp.com/


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

TOXICOLOGY / Unfit for Survival


US発 Grindcore/Crustcore、TOXICOLOGY
2017年 4月、19曲収録 1stアルバム。

往年のスウェディッシュデスの様なジャリジャリとしたギターの音で荒くドカドカと走るクラスティーグラインドな楽曲は、バンドは特にメタルからの影響は示唆していない様ですが気持ちメタルさを備えていて、このたまに顔を出すメタルな部分が荒く殺伐とササクレだった曲展開に添加剤的な良アクセントになっていて、聴いていると暴れ走り回りたくなる程に気持ちが昂ってくるのです。。また、ロウな咆哮のボーカルがブルタルさに拍車をかける悪さ全開で堪らんのです。。緩急と激速を交錯させ、各曲展開がしっかりと組み込まれた、全 19曲、約 26分。。グラインドコアは Unholy Grave から スウェディッシュデスメタル
Entombed が好きな方にまでオススメしたいサウンド、バンドです! Highly Recommended !!

Bandcamp - https://toxicology.bandcamp.com/
facebook - https://www.facebook.com/ToxicologyBand/


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

SEX VIRGIN KILLER / VAZINISM


日本発 Melodic Metal/Punk/Visual、SEX VIRGIN KILLER
2017年、13曲収録 1stアルバム。

以前に紹介している 2008年の 1stミニ から 2曲、2009年のシングル から 1曲、そして 2013年の 2枚のシングルから 2曲が再録され、インストとカバー曲含めた全 13曲、約 59分。。既発曲のかっこ良さは勿論、新曲が良い意味で何ら変わることのない、今まで らしい サウンドで、日本のバンドならではの歌謡曲的な節回しのメロディアスさ、且つ、切なげな泣きのフレーズを聴く度に、嬉しくてただただニヤけてしまうのです。。アルバム 1曲目の出だしから拳が突き上がるかっこよさで、続く 2~5曲目の流れ、そしてその後の曲の配置も実に良く、ラスト 2曲の流れも惹かれるのです。。本アルバムを聴いているとメロディアスな曲を一緒に口ずさんだり、メロディックメタルなサウンドに自然と頭が揺れたり、泣きのメロディーに聴き浸ったりと、実に聴き応えのある楽曲が揃ったアルバムです。。何度も言いますが、この日本のバンドならではなメロディアスさが堪らないのです。
現時点で本アルバムを試聴出来るサイトがないのは実に惜しいです。。あればもっと知れ渡ると思うし、もっと知れ渡ってほしいと願うので。

2017年のベスト音源上位は勿論のこと、この先まだ続く音楽好き人生の中でもベストアルバムで居続けること確定な快作です!
This is Japanese Native Melodic Metal/Rock !!

HP - http://sexvirginkiller.com/
facebook - https://www.facebook.com/Sexvirginkiller

シングル曲で本音源の 7曲目 「悪魔の歌 -Devil Song-」

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヤなことそっとミュート / BUBBLE


東京発 オルタナティブ/Emo Rock、4人組ガールズユニット、ヤなことそっとミュート
2017年4月リリース、13曲収録 1stアルバム。

2016年にリリースされた 1stシングル音源から既にガチなロック/エモサウンドで、それもその筈、Say Hello to SunshineBACKDATE NOVEMBER の 2バンドの楽曲をヤナミュー用に歌詞を差し替えられた曲で、その後の 2ndシングル、そして本 1stアルバムも両バンドメンバーからオリジナル楽曲の提供もあり、アルバム通じて感情深く筋の通ったロックでエモーショナルでメロディアスなサウンドが実に聴き応えがあるのですが、この太いサウンドに乗る彼女達の伸びやかで澄んだ歌声が限りなく純度高く、爽やかながらも力強い全 13曲、約 50分。。楽曲はメロディアスですが、いわゆる歌謡曲的なポップなメロディアスさというのは控え目で、とはいえアルバムの中にはストレートで分かりやすい曲もありますが、いわゆる洋楽的なエモなメロディアスさなので、一聴しても良さは勿論ですが、繰り返し聴き込むことにより更に良さが沁み出てくるサウンド、楽曲です。。2017年のベスト音源上位確定の素晴らしいエモ/ロックアルバムです!

ヤナミューの活動フィールドはアイドルになりますが、本アルバムはデジパック仕様で、表、裏ジャケにはメンバー写真がないからなのか、購入した地元のタワレコではアイドルコーナーには置いていませんでした。ですので、アイドルに少し抵抗がある方でも、しゃれたジャケットですので手に取りやすいアルバムではないかと。。本アルバムを聴いていると続けてエモなバンドが聴きたくなり、日本のバンドで同じく女性ボーカルだと bufferinsstart of the day などを、また NAHTThe Feather Side 辺りを CD棚から引っぱり出すのです。。

HP - http://yanakotosottomute.com/

本アルバムの 3曲目。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ