「いつ行くの?」「明日だな」

カザフスタンの首都 アスタナでのどうでもいい話はいかがですか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

重い話

2016-12-20 13:56:45 | 日記
夏休みに日本で買ってきた靴下に、どんどん穴が開いてくる。しかも足の裏の部分。普通、つま先とか、かかととか、出っ張っている部分に穴が開きそうなものなのに、なぜ、床に面している部分に穴・・・?重量が問題なのか・・・?

半年もはいていない靴下を捨てるのは忍びないので、適当な布でざっくり(ここが重要)継ぎを当てて再び使用中。

さて。

最初にこちらに来る際は、お米10キロくらい持ってきたけど、もうそんなことはしない。なぜならこちらで売られているお米も普通においしくいただけるから。カザフスタンは実は米どころ。特に炊きたてはモチモチ感もあっておにぎりも作れる。その名も、

りす、薔薇買った。

・・・本当はちょっと違うと思う。りずばらかっと、かな?でも「りす、薔薇買った」でも十分通じます。この、「りす」もしくは「りず」が「米」の意味。イタリア語でも近い発音かな。

すごい、カザフスタン、遊牧していたと思ったらお米も作っていたのね、なんて毎回感心して買っていたら、

「バラカットって、中国産もあるわよ」

と誰かに教えられた。

え・・・。

そういえば、以前買ったお米に漂白剤の臭いがついていたことがあったっけ・・・(←いや、だからそうだと言っているわけではない)。

がーん・・・。

最近は市場のお店で5キロ入りの袋を買っている。その袋は、多分お店で小分けしているのか、透明な袋で品名も何も書いてない。

これから気をつけようっと。

と思っていたところ、今日市場でお米を買った。

私 「りす薔薇買った下さい」(←ちょっとロシア語で)

店員 「はいこれ」

私 「これ、どこで作られたの?」

店員 「キタイ」

・・・なるほど。中国か。「キタイ」で、中国の意味。違う国にいたとき「キーナ」が中国の意味、ってことがあったな。「CHI」を「チャ」と発音するのは少数派なのか?

ああ、今までお米の産地は確認していなかった〜。

と反省し、

私 「カザフスタン製は?」と聞いたところ

25キロ入りの米袋を渡された。25キロ・・・。

店員の男の子が「大丈夫だよ、車まで持って行ってあげる」と言うのでありがたくお願いしたけれど、アパートの駐車場から台所まではどうやって運べばいいんだ?

・・・。

いい案がないので、米袋はまだ車の中に置かれている。

ちなみにこの25キロのお米は8000テンゲでしたので、今日のレートだと2800円だって。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 眠りの森の美女を観た話 | トップ | 見つかった話 その② »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (でぶしか)
2017-01-12 02:14:46
25キロ!!
Unknown (カーチャ)
2017-01-12 13:40:59
でぶしか、
そうよ!結局自分一人で抱えて運んだわ。しかも抱えて運んでいるときに知り合いに会ったし!
Unknown (ぬらり)
2017-01-24 20:25:33
えー、バラカット中国産なの?! すごいショックです・・・ でも知ってよかった・・・
Unknown (カーチャ)
2017-01-25 02:48:55
ぬらりちゃん、
そうです、私もショックでした。。。時々漂白剤の臭いがすることあるよね?
カザフ産を指定して買ったら、そっちの方が美味しかった気がします。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。