「いつ行くの?」「明日だな」

カザフスタンの首都 アスタナでのどうでもいい話はいかがですか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

出ない話

2016-11-07 21:48:14 | 日記
昨日もちらっと書いたけど、こちらでは馬肉を一般的に食べるようです。特にお客様をもてなすときのお約束「べしゅばるまっく」が有名ですが、これにも馬肉が使われます。

カザフスタンの方曰く、「馬は新鮮な草ときれいな水しか食しないから、お肉もキレイなのよ」なんだそうで。なるほど。こちらに滞在の外国人たちからは「鶏肉はホルモン剤を大量に与えているから、健康にはよくないわよ。ガチョウなら大丈夫だけど」とも言われた。(ガチョウはホルモン剤を与えると死んじゃうんだって)そうか。馬かガチョウね。(←しかし、私は未だにガチョウの肉をスーパーや市場で見たことはない)

それにしても、ここで日本との違いとか、珍しい事象に直面したとき、それは「イスラム」だからなのか、「旧ソ連」だからなのか、「中央アジア」だからなのか、それとも「遊牧民」だからなのか、と考えてみる。

例えば、冒頭のべしゅばるまっくだって、カザフスタンでも一般的だけど、キルギスタンでも一般的だそうだし。(これは中央アジアのくくりね)

車の運転の仕方は「旧ソ連」くくりなのかな〜って思うし。例えば、割り込みしてきた車が、ハザードランプをつけてお礼をするのにびっくりしたけど、これはロシアでも一般的らしい。

ラマダンの時期になるとなんとなくみんな元気がなくなってげっそりしているのはイスラムのくくりだよね。

カザフスタン語がトルコ語とものすごく似ているっていうのは。。。オスマントルコくくり?

深いよ、カザフスタン。

。。。

ところで。

今、カザフスタンのナザルバエフ大統領が日本を訪れています。楽しんでいらっしゃるでしょうか?日本での滞在。
日本のみなさま、ナザルバエフ大統領のニュース、ご覧になりましたか?

私、一度だけ大統領に至近距離でお会いしたことがあります。(←自慢。しかし、向こうは私に会ったことなど認識していないに違いない)以前大統領の訪日について、何人かのグループで話していたとき、

「そういえば、日本にはSMAPっていう大人気のグループがあって、彼らの番組にはゴルバチョフも出たことがあるから、ナザルバエフ大統領も出演されたらいいのに」って話してみたけど、でもその時はまさかこんな事態になるとは思わなかった。。。
(この中に、ナザルバエフ大統領と会う機会があるというカザフスタンの女性がいたので、そこから話が繋がらないかな〜と密かに期待していた)

あーあ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5キロの場合の話 (3キロ... | トップ | 飛んで欲しい話 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (デブシカ)
2016-11-18 22:17:01
SMAP大人気??

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。