あと3年で娘をひとり暮らしさせるぞッ!

専業主婦のどうでもいい日記です。

文化祭リハーサル

2016-11-05 10:59:45 | 中学校生活
もうすぐ文化祭。

ここしばらく、娘のイライラは合唱から映像へ移行しつつある。

あーもー

映像というのは、学校や自分たちのしょーもないネタやら紙芝居やらをビデオに撮って、パソコンで編集したモノをスクリーンで発表するというもの。

今年は、学校側の都合で体育館ではなく、文化ホールでする。

なので、毎年必ずするピアノの合奏はダメ。劇はダメ。楽器はダメ、ってことで、映像かダンスやお笑いのネタなど、道具を使わなくてもいいもの、という制限されての出し物やった

で、映像に偏った。

生徒会長は部活グループと映像やけど、撮るだけ撮って先生に丸投げ。

「編集してください」

なので、相当ラク。

娘たちの映像グループは、一緒に通学してるコンちゃん、さっちゃん、Rちゃん、それから親友ちゃんと、愚痴聞き少年、ゼリー君、副会長のBくん。

恋ダンスもしようと練習してた。せやけど、生徒会の先生が段取り悪くて撮影時間を確保できず、カット。

ちはやふるの胸きゅんシーンを入れたくて、せやけど男女でするのもおもしろくないから、愚痴聞き少年(男役)とゼリー君(女役)で撮ったけど、それ以外のシーンが撮れず、カット。

まあ、そんなこんな。

そして娘のイライラのほとんどが『さっちゃん』

さっちゃんとは本当に相性が悪い。

最初のイライラは、出し物の企画を提出するとき、全員そろってなあかんのに、時間通りに来なかった。

そして遅れてきたのに謝りもせず、ヘラヘラ笑ってた。

とりあえず当選して本番用はなにをするかの話し合いで、さっちゃん

「あたし顔は映りたくない」

娘、はあ~? じゃあなんのためにこのチームに参加したん?

文句を言う、こっちの案は嫌がる、アイデアを出すけど煮詰めてないから先の展開や具体性がない、話を聞くだけ時間の無駄、もう、はっきり言って、いるだけ邪魔、と心の中で不満が積もっていく。

そのはけ口は、おかんに愚痴を言うことやから、大迷惑やわ

昨日のリハーサルでは、生徒会の先生がいつも通り段取り下手で、予定では映像が最後やったんやけど最初の方にすることになって、そのせいで生徒会役員は、てんやわんや、やったらしい。

で、映像がスクリーンで映されたとき、予定通りの時間じゃなかったから、生徒会員ではないさっちゃんは視ることが出来なかった。

ロビーで喋ってたから。

それを娘に怒ったらしい。

「なんで呼びに来てくれへんかったん。視られへんかったやん」

娘、爆発しそうになった、と

娘の話だけではね、わからへんのやけどね、さっちゃんには、さっちゃんの言い分があるやろうしね。

さっちゃんは幼稚園のときから知ってるけど、でもまあ、ずっとこんな感じなんやわ

自分勝手で、自分中心。

相手の事情とか、一切考えない。感情をそのままストレートに向ける。我が儘で幼稚。

正直で素直と言えば、そうなんやし、裏表もないから、割り切ってつきあえばええんやろうけど、娘は思慮のない言動に多大なストレスを覚える性格で、相当しんどいらしい

「高校行ったら、もうあの子と会うことはない」を合い言葉の様に呟く娘。

呪いの呪文みたいやから、やめてほしいわ



ジャンル:
子供
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恋はモーモク 2 | トップ | 排水って大事やわ。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
文化祭 (兼好法師2世)
2016-11-05 16:17:54
文化祭で、ピアノや楽器、演劇はだめ・・・・となると、何のための文化祭やら・・・・ですね。
文化ホールでされるということで、ピアノの使用料、音響の設定、演劇のセットの組み立てなどなど、学校が面倒くさがったのではないでしょうか?

本来、文化祭は生徒たちのためにあるもの。
学校があれこれ制限を加えるものではないと思うのですが。
(公序良俗に反しない限り・・・・)

最近の学校を見ていると、生徒中心ではなく学校や先生方の都合のほうが優先されることが多いです。
生徒たちには、かわいそうなことだと思っています。
本当にもう……。 (きょん)
2016-11-05 20:16:18
連日のコメント、ありがとうございます。
今年の文化祭は、例年通りがいかず、去年の生徒会で事務仕事を完璧にしていた先生が異動になって、色々、残念な事ばかりなんです。
やはり金銭的な問題だと思います。それに演劇は大道具の移動とか、大変なのも理解できるんですが。
生徒会の負担が多くて、大変でした。
もうすぐ引退だと思うとほっとします(^o^)

コメントを投稿

中学校生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL