あと3年で娘をひとり暮らしさせるぞッ!

専業主婦のどうでもいい日記です。

バイオリン、ヤバいと思ったけどギリギリセーフかも?

2016-09-08 13:52:13 | 吹奏楽部
幼稚園年中のとき、バイオリンを習い始めた娘。

小6の3月、発表会に出て、吹奏楽部をするから、と辞めました。

おかんはバイオリン続けて欲しかったのに、まさかのバレエを残すという暴挙に出た娘

まあ、しゃーないけどね

家で練習せなあかんピアノやバイオリンは、部活して宿題して、の生活ではきつい。

少なくとも娘の体力では



家にあるバイオリン。バイオリンってのは身長が伸びると買い換えなあかんのやわ

一番小さいのが1/8というサイズ。真ん中がたぶん1/2(うろおぼえ)

左の大きいのがフルサイズ。つまり大人用。

辞めることを決めてたから、練習用のお安いもんどす。フルサイズが6万円弱。

娘、たまーに弾いてた。中1の時は吹奏楽のオーボエ、学校のを使ってたし、家ではバイオリンって感じで。

でも最近はオーボエばっかりやったけど、中2の文化祭でちょっとだけバイオリン弾いて、ちょっぴり復活。

弦がついに寿命やわ、つーのでネットで買って、自分で張り替えや、というと

「大丈夫、できるできる」

と言ってたのに、いきなりピキーンって切れたし

先生に張り替えてもらってたのを見てたから、出来ると思い込んでたらしい。

駒っていう弦を浮かせてる板が外れたとか言うてるし

もーッ

弦の張り替えくらい自分でできなあかんやん

こんなわけで、3年間ご無沙汰してた先生にメール。

そしたら、駒に破損がなければ大丈夫ですが、駒は立てておいてください。駒を外してしまうと魂柱が倒れてしまい、職人さんじゃないと直せません、との返信メールが。

ええ、なにそれ~、娘、駒、どないしてるん~ッ

というわけで大急ぎで見たら



立ててあった~~~

魂柱って、名前からして怖いで

とりあえず、一度先生に見てもらえそう

来週はオーボエもメンテナンスに出すのやわ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吹奏楽部の卒部式

2016-08-31 00:36:24 | 吹奏楽部
先日、娘は吹奏楽部の卒部式を経て、卒部しました

いや~、最後までいったわ

もう、やめてくれてええで、と何回思ったことか

卒部式では先生からひとりひとりに言葉をくれはります

娘には

「今まで多くの生徒を見てきました。その中で、Cさんは、一番上手なオーボエ奏者でした。先生は、夏の演奏会ソロの風笛を聴いたとき、鳥肌が立ちました。それは、だれも見てないところで、Cさんが本当に一生懸命練習してきたからです。後輩のみんなはCさんをお見本にして欲しいです。高校に行っても、絶対オーボエを続けてください」

だいたい、そんな感じの言葉をくれはりました。

楽器のことや、音楽のことはよくわからないけど、昼休みに吹奏楽部の副部長の用事、放送部長の仕事、生徒会の用事、と重なることもよくあった娘。2学期からは副部長がなくなるから、ラクになるかな

新学期そうそう、体育祭があるんやけど、娘、今年初めてリレーの補欠メンバーになってるらしい

補欠はめったに出ないやろうけど、間違っても出ないでほしい

だいたい、体育祭は放送部長の娘、ほとんど本部に詰めてウグイス嬢やのに

体育祭ではパフォーマンス係やけど、どうも男子がやる気ないって憤慨してる

もうちょっと穏やかにいってほしいで

催事にムキになる娘。

ほどほどに……って技は、いつになったら習得してくれるんやろう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

部活、終わりました。

2016-08-11 16:25:49 | 吹奏楽部
娘の中学校吹奏楽部、予選を勝ち残り、県大会には進みましたが、関西大会には行けず、終了しました。

でも、金賞を取ったので、なかなか良かったのでしょう

隣り中は予選でよかったものの銅賞。

予選で娘の中学を一点差で上回っていた隣りの先中が関西大会へ駒を進めたってことやから、群雄割拠というか、音楽はそのときそのときで変わるんやな

良いことばかりやなくて、嫌な思いもした娘やけど、よく頑張りました

2年間、副部長お疲れ様

8月最初の1週間は、部活と、塾の夏休み講習で大変やった

部活が午前練習の日は、朝、中学校に車で送っていって、お昼に迎えに行って、車の中でお弁当食べさせて塾に送っていき、4時に迎えに行って家で晩ご飯食べさせて7時前に再び塾に送っていき、9時半に迎えに行く、なんて日もあったわ

子どもがしんどいのはもちろんやけど、おかんもしんどいっちゅーねん

まあ、部活が終わったので、塾も少しラクになるかな。

せやけど、塾のお盆休み、長すぎる

8月6日から15日までって

逆にその期間、自力で勉強、できるんかな

なんか、部活部活で疲れてたから、塾以外、なにもしてへんし

しかも今日は、遊びに行ってしもたし

まあ、今日の遊びは不可抗力みたいな感じやけど、また機会があったら書こうかな

愚痴聞き係少年と遊びに行ってます~

吹奏楽部は演奏はもうないけど、次の部長副部長決めがあるそうで、さらに保護者的には卒部式が

もーひとふんばりッ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少しは報われるとき 8

2016-08-04 10:45:54 | 吹奏楽部
吹奏楽部の保護者で結成されている保護者会。

参加してるのは一部の保護者なんやけど、私も参加させてもろてます

コンクールに行くときにジュースを差し入れするので、先生、バスの運転手さん、生徒に。

そのジュースの買い出し、前日から手分けして冷蔵庫で冷やす、当日保冷剤と一緒に学校に持ってきてクーラーボックスに詰めてバスに積み込む。

そんなのが主な仕事。

まあ、大して役にはたってまへんが

ママ友さんたちと仲良くさせてもろてます

定期演奏会では差し入れとかないんやけど、我が子達の演奏を聴きに集まるわけやわ

保護者会のリーダーしてくれてるママさんが、

「今日の発表会、『風笛』が一番楽しみやねん」

風笛……、そうオーボエの娘がソロで演奏する曲。

自分の子はホルンやから、ほとんど演奏せえへんのになぜに? と聞けば、リーダーさん、高校時代吹奏楽部やってん、と。

「私がやってた吹奏楽部にはオーボエがなかってん。それで、オーボエをしらんかってんけど、よその演奏で風笛を聴いたとき、めっちゃ感動してん。なんて綺麗な音色やろう、って。せやから今日は風笛が楽しみで」

そうか。

吹奏楽経験者は楽しみも奥深いんやな。羨ましいどす

そんなこんなで定期演奏会、もう、めっちゃ良かったです

全体的に上手やったし、初めて舞台に立った1年生もがんばってた。

卒業生も手伝いに来てくれてて、ここ数年で一番良い発表会やった、って

ソロ曲、風笛、すごく美しかった

いや、娘は一部ちょっと失敗したんやけど、普段全然失敗せんとこが、やっぱり緊張してたんやな。

みんなの伴奏的なあんなこんなが~

ピアノも弾いてもらってたし

オーボエは高音が難しいらしいけど、いつも息切れしてたとこ、すっと吹いてたな~。

後半調子出たって言うてた

なんていうか、ああ、この子、ほんまにオーボエが自分の一部なんやな、って初めて感じたわ。音楽の「おの字」もわからん素人のおかんやけど。

演奏会終わったとき、さっちゃんのお母さんが

「あの音色をいつも家で聴けるなんて、羨ましいわ」

と言うてくれた さっちゃんママも元吹奏楽部。

リーダーさんや他のお母さんも

「ビデオで風笛のとこ何回も巻き戻して聴いたわ」と言うてくれはった

演奏の後、先生が娘にこっそり

「よかったで。みんなの前でほめたらあかんから」

と他の子がいないときに、ほめてくれはったらしい。

色々、嫌がらせされたりもしたけど、最後は一番いじめてた子らが

「感動したー」

って言ってくれた

頑張れば報われるんやな

お疲れ様

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少しは報われるとき 7

2016-07-30 10:29:19 | 吹奏楽部
なんか、久しぶりのブログ更新ですが、夏休みのお弁当との戦いに明け暮れながら、生きてます

吹奏楽部、夏の定期演奏会でソロの曲をもらった娘、同級生からの嫉み、そねみ、嫌がらせ、無視、といった、いじめに限りなく近い精神的苦痛を受けながら部活してました

ときどき、家で演奏会で歌う歌詞をコピーしていた娘。

「なんで3枚いるん?」

「あたしは歌わへんねん。これ、他の子がいるねん」

「他の子が使うのを、あんたがコピーせなあかんの?」

「ソロ曲もらってんから、これくらいはせな」

ソロ曲をもらうって、大変なんやな

オーボエの娘、入部したときにはオーボエ専門の先輩がいなかったので、ほとんど教えてもらえなかった。

クランポンのオーボエ(約45万円)を買ったとき、楽器屋さんにそういう経緯を話したら、ワンレッスン無料でつけてくれはった。

で、そのレッスンの先生が、のだめカンタービレのオーボエの黒木君みたいな感じで、親子で感動しまくった

いや、それはともかく、そのレッスンで、オーボエの基礎練習とか、取り扱いとか、リードのことなんかをようやく教えてもらえた娘。

それが、去年、中2の秋。

ソロ曲を演奏するにあたって、もう一度ワンレッスンお願いしたい、というので楽器屋さんに相談してみた。

そしたら、去年の先生は引っ越ししはって無理やけど、他の先生にお願いしてみます、と言うてもらえて、2度目のワンレッスン(2時間8640円)。今度は自腹。

ソロ曲を中心に見てもらったら、なんか指使いに問題があったようで

「この曲はいいけど、他の曲でこの指使いやと吹きづらいよね。でも今から変えるのは時間がないし、演奏会終わったら、変えようか」

す、すまん、娘

レッスンの日をもっと早くに設定していれば……

音楽経験のないおかんは、肝心なことをわかってないらしい

レッスンが終わった後、楽器屋さんから連絡があって、先生が

「このまま個人レッスンを受けずにいるのはもったいない」といわはりました。って。

娘もレッスン受けたいらしいし、9月から月1くらいでみてもらうことに。

正直、高校でもオーボエをさせてもらえるか、わからへんのに、受験でバタバタしてるときにレッスンなんて、どうなんやろ? とも思うけどなあ

ところで、今まで自分にぴったりのリードがどうしてもなくて、困ってた娘。

レッスンを見てくれた先生が作った楽器店で販売してるリードを試させてもらったけど、合わなかった

でも、先生は予想通りやと。

楽器店に出してるリードは初心者用のリードなので、今の娘には軽すぎるやろうと。

で、レッスンの後、娘に合わせて作ってくれはった。3週間くらい待ったけど、そのリードが自分にぴったりで、めっちゃ綺麗な音が鳴ってた

お値段は3000円+税。

これからのリードが見つかった~

しかし、高校でオーボエさせてもらえるんかな

中学はもうすぐ引退やで

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少しは報われるとき 6

2016-06-13 13:25:50 | 吹奏楽部
吹奏楽部でオーボエ担当してる娘、吹奏楽部の先生に将来について聞かれたらしい。

「将来、どんな大学行くの?」

「ええ~、まだ考えてないです」

「そうなん? 音大目指し。絶対、音大行くべきやわ」

「でもあたし、ピアノが弾けないんで……」

そんなやりとりが、合奏でみんないるときにあったそうで

30人以上部員がいれば、高校の音楽科とか音大目指してる子もいるわけで、ピアノも弾けへん娘ひとり褒められれば、当然おもしろくないわよ、ほんまに

合奏中、大泣きしてた3年生がいたらしい

腹立つわ、悔しいわでやんな

その子、先生に呼び出されて、帰ってきて娘に「ごめん」と謝ったらしいけど、土曜日とかの1日練習のお弁当タイムは、完全に無視されてるようで、ひとりだけ無言で食べてるらしい

はあ~…………

もー、勘弁して

褒めてもらえなくていいですから

音大なんて、いろんな意味で無理ですから~

ピアノとか、お金とか

っていうか、普通科でいいよ、普通科で!

普通科しかいけへんけど、普通科に行ける子は普通科がええねん~

高校、美術科に行って大学受験で苦労したおかんの叫び
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少しは報われるとき 5

2016-05-23 20:03:57 | 吹奏楽部
3年を前にした春休みくらいから、今まで一度も褒めてくれなかった主任顧問の先生が、娘を褒めてくれるようになった。

「ほんまに上手やわ。中学生に出せる音色じゃないで」

アンサンブルのメンバーにすら選ばれへんかった娘。

コツコツ頑張ってきたかいがあったと喜んだのもつかの間。

同級生、特に同じパート練習の子たちから、嫌がらせやいじめが多発した。

「同じ部屋にいたくない」

と言われたり、楽譜係の子から楽譜をコピーしてもらえへんかったり。

ところが、そんな嫌がやせが下火になった時期があったらしい。

なんでやろ? と思ってたら、パートの子達、隣の中学校の発表会を見に行ったんやと。

それでその子のひとりが娘に

「なあなあ、隣り中のオーボエ、なんか変な音がしてたんやけど」

って言うたそう。

「変な音ってなんで? オーボエ自体が問題あるんかな?」

家で練習してる娘に聞くと、娘が

「腹式ができてないと、オーボエって変な音が鳴るねん」

そして腹式呼吸をせずに吹いてみてくれた。

「なにそのおもちゃのラッパみたいな音?」

同じオーボエとリードを使っても、息の入れ方で全然違う

今までオーボエは、インドの蛇遣いの笛の音みたい、と思ってた私。

まあ、そんなわけで、嫌がらせを繰り返してきた子達も、ちょっと娘を見直して、一時的に攻撃の手を納めたって。

とはいえ、一瞬ってもんやったみたいやけど
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少しは報われるとき 4

2016-04-23 11:31:18 | 吹奏楽部
なんか、ずいぶん更新できませんでした

大変な状況で過ごしてる方々のことを思うと、ブログしてていいのか、みたいな気分に

でも、助けに行けない人は、普段通り買い物をして、食べて、税金を納めることが復興に繋がるんだとも思います。

長崎と鹿児島に親戚がいるのですが、そちらは揺れただけで済んだそうです。

ほっとしました。



続きます、とあった記事、誰も待ってないと思うけど、中途半端で気持ち悪いので、書きます~。

気分の悪くなる様な内容ですが


夏の発表会の曲のひとつがA曲になった日、楽譜係がコピーして配る作業に移るらしい。

その数日後、夏の大会かなんかの課題曲選びで、先生が

「○○の曲にします。何番にするか決めたいけど、みんな何番をしたい?」

「1番がしたいです」

「3番がいいと思います」

「2番がいいです」

と、それぞれ意見を出し合うんやけど、なかなかみんなの希望がひとつにまとまらず。

そして先生が

「オーボエが多いのは何番やったっけ?」

「3番です」

「ああ、そうやったっけ」

そこで、こっそりしらけた表情で顔を見合わす子が数人いたと。

発表会でオーボエのソロするのに、課題曲もオーボエ目立つ曲にするつもりなんやわ、と業腹の子達が確実にいる。

実際、それから娘に対する態度が露骨になった。

A曲の練習をしているとき、娘のソロが終わった途端、これ見よがしに溜息をつく、とか、

「こんな曲、やってられへんわ。私ら全然吹くとこないやん。もう発表会出たくないわ」

と聞こえる様に言ってる、と。

「Kちゃんだって、こんなんやってられへんやろ?」

と後輩に同意を求めたり、大事な決めごとを娘のいないときに決定してたりと、嫌がらせが続いたらしい。

そして、そのことを吐き出す友達が娘にはいないんやわ

親友ちゃんにさえ、それを言えないんよな

頑張って練習しても、ろくなことにならない。

出る杭は打たれる。

あの子らとはあと1年でほとんど会うことはなくなる、そう思いながら乗り切るしかないわ、と肩を落とす娘に、心が軽くなる言葉をかけてあげられへん母でした。

もう、一刻も早く夏になって部活が終わって欲しい






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少しは報われるとき3

2016-04-15 12:31:13 | 吹奏楽部
吹奏楽部、春の発表会は娘的に散々な有様やった

まあそれでも、部活を辞める、という方向には行かないらしい。

現実問題として、一人しかいない楽器を担当していて辞めるということは、部活として困るのやわ。

部分的にソロがあったりするから、辞めるとその曲を吹奏楽部として選曲できなくなる

娘、入部したとき、オーボエ専門の先輩がいなかった。

なぜなら、一学年上のオーボエ担当やった先輩が、孤独に耐えきれず、途中で辞めたから。

それで、オーボエのソロパートがある曲をしたいんやけど、だれかオーボエをしてくれるひと、立候補してくれへん? と先生に頼まれて、クラリネットの子が手を挙げた、と。

本来クラリネットやけど、曲によってオーボエもします、やったわけ。

その先輩が3年生の時、娘、1年生。

3年生は夏に引退するので、娘はほとんど自力でネットとかで調べながらどこを押さえたら、どの音が出る、なんてことを覚えていった。

自分が苦労したから、後輩が来るまでは繋がなあかんと頑張る決意をしたらしい。

そうしているうちに、よその中学校の吹奏楽部の先生がオーボエ上手いって褒めてくれはったり、その中学校の子が褒めてくれたりで、ちょっと浮上してた

そんなとき、次の発表会の曲決めの日。

娘の練習を聴いてた先生

「中学生が出せる音色じゃない」

ってーーーーーッ!

今まで、一度も褒めてくれたことない先生が、いきなりーーーーッと娘、感激に打ち震えた。

つい先日「副部長の役目を果たしてない」とボロクソ言われて泣いてくせに

もう完全に飴と鞭でっせ

先生が娘にA曲とB曲、どっちをしたい? と聞かはった。

B曲は2度ほど吹いたことがある。オーボエが結構ソロがあるんやけど、途中でフルートとのデュオもある曲。

A曲は娘達の学年と後輩はまったくしたことがない曲。

娘「A曲をしたいです」と。

A曲は娘と入れ違いで卒業したオーボエ担当の子のために買った楽譜。

完全にオーボエのための曲。

娘、友達の家でそのDVDを見せてもらったことがある

そのときから、ずっと憧れてた

とにかくその入れ違いの卒業生が、もの凄く上手な子やったらしい

せやから、いつかあたしもこの曲を吹いてみたいって。

「じゃあ、A曲にしよう。頑張ってるしな」と

続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少しは報われるとき2

2016-04-14 16:53:22 | 吹奏楽部
半年くらい前あたりから、吹奏楽部は歪みはじめていたらしい。

普段の練習は、それぞれのパートに分かれて練習する。

サックスはサックスだけ。

クラリネットはクラリネットだけ。

コントラバスはチューバと一緒に、みたいな。

なので、娘は他のパートのことを今ひとつわかってなかった

ただ、副部長なので、各部屋にまわって出席欠席を確認し、先生に報告する、という使命が有り、そのとき、誰と誰がいつもまじめに練習せずに遊んでるな、喋ってるな、とは思ってた。

各パートにはパートリーダーがいるので、その子が注意してるのかな、しても聞いてくれないのかな、でもうちのパートも似た様なもんか、と流していたんやと

で、サボってる子らがグループになって、自分たちが練習しないのはいじめられてるからや、とまじめな子たちからきつく言われて練習できないんです、と先生に訴えたらしい

まじめに練習して加害者にされた子たちの中には、部長ちゃんや学年トップガールもいてるのに、主任先生はサボりグループの言うことを信じてしもた

なもんやから、吹奏楽部は分裂崩壊寸前になって、2年生(当時)の担任総出で聞き取り調査

結局、まともに練習出来ないまま、3月の発表会を迎えてしもたんやわ

私みたいな音楽のおの字もわからんおばはんには 「結構上手にできてるやん」 と思ったけど、

娘曰く 「悪いデキやったわ」と。

ところで、この発表会が終わった日、家に帰ってくるなり娘、泣き出した

先生に「副部長の役目を果たしてない」と言われたって

先生がそういわはるのなら、そうなんやろう。

あんたのパートはある程度練習も出来てるんやろうけど、他の人間関係に尽力せなあかんやんか、と思ってはったんちゃう?

あの時期は、生徒会が忙しかったから、あんたからしたら、3年生を送る会と卒業式の準備でいっぱいいっぱいやったよ。自分の練習だってままならんかったよ。

でも、吹奏楽部が分裂しそうになってるのに、対岸の火事みたいな対応やったんちゃう?

それでもな、生徒会大変やったけど、部活も一生懸命やってたし、まじめに頑張ってる子を怒るのも正しいかどうか、お母さんも、よくわからへん。

そんな理解してくれへん先生の元でするのは嫌やと思ったら、部活、辞めたらいいで。部活なんて、やってもやらんでも、どっちでもいいねんから、と言うたら、娘、無言で考え込んでました。

以前書いた 少しは報われるとき で、部活やめたらええやんと言うてたのは、こんな事情でした。

続きます……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少しは報われるとき

2016-03-27 12:58:53 | 吹奏楽部
先日、隣の中学校に娘さんが通ってるお母さんに、スーパーで会いました。

以前習ってたバレエで一緒やったので、顔見知り。

「久しぶりやね~」

お互い、娘が同じ学年で吹奏楽部。

話は自然と部活の話題に。

向こうはフルート。娘はオーボエ。

「オーボエ、大変やわ。リードでお金かかるし~」

「ああ、オーボエ、上手なんやってね。聞いてるよ」

「え?」

「うちの部活の先生、S中のCさんって子のオーボエが上手い、って凄く褒めてはるねんて」

「えええええ?」

S中のオーボエは現在娘ひとり。Cは娘の名前。ええ~

娘、先輩も後輩もいてないから、いつまで経っても上達ぶりがわからへん

先生も経験がない楽器やから、指導は出来ないと放置してはる

誰からも褒めてもらうことがないし、私ら夫婦もわからへんから驚いた

しかし、なぜよその中学校の先生は褒めてくれるのに、自分の中学の先生は褒めてくれへんのやろ。

まあ、そういうもんなんかな

その中学校の吹奏楽部の1年生、この間、娘の中学校の発表会、聴きにきてくれてたんやけど、その中のひとりが

『オーボエとサックスがすごく上手でした。勉強になりました』

って生活ノートに書いてくれたそうで、娘、感激でうるうるしてた

最近、部活は嫌なことだらけで、私は娘に

「部活、やめたらええやん」

と言うてたので、一縷の光ってやつどすわ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プレゼントの買い物、最終決着。

2016-03-26 17:01:13 | 吹奏楽部
先輩への卒業プレゼント、結局、電車に乗って遠くまで買いに行くことになり、娘と1年生の後輩は行かずにお金だけ預けることで決着したらしい。

「後輩の子、かわいそうやん。ひとりだけ学年下やし。あたしも行くことにしたら、その子も行くしかなくなるし」

と言いつつ、電車に乗って1日つぶしてまでそのメンバーと出かけたくなかった娘

JRの駅まで親が送り迎えできへんって言った、と言い訳にしろって伝えたんやけど、こういうの、ええのかな

「あたしは友達に対して合理性を求めてしまうねん」

なにそれ?

これだけのお金と労力と時間を費やしてまで一緒に過ごしたいメンバーか? と自分に問いかければ、答えは否、やと

はあ~……

そもそも、買い物をするという話し合いの際に、いきなり

「遠くで買いたい」

と言ってくることが不満。なんでそんなに一方的に自分の主張を押しつけてくるんや。

「遠くのあの店で売ってるあれ、この辺の店にはないし、いいなあと思うんやけど、みんなどう思う?」

くらいの発言でなければ、我が儘以外の何物でもない。

理由も明確にしないまま、ただ遊びに行きたいんやろ? としか思えず、先輩のプレゼントはとってつけたオマケやんか、というのが、娘の主張。

我が儘を正当化するメンバーと行動を共に出来るのは、近所の自転車で行ける場所までが限界やと言い切る娘

遊びに行きたいなら、行きたいメンバーで行ってくれ。でも後輩や違う楽器であなたたちとは懇意でないあたしも一緒に行動をしなければならないときは、遠慮したらどうですか? 配慮がなさ過ぎるでしょ? って。

娘の言い分だけを聞けば、頷きたくもなるんやけど、でも、無駄なことが楽しい年頃やけどなあ~

合理性とか言われたら………

はっきり言って、心配しかないわ、うちの娘

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友達と価値観が違いすぎる娘

2016-03-17 13:48:26 | 吹奏楽部
娘が友達と上手くやっていけないらしい。

部活で、卒業生の先輩にプレゼントを渡す、という慣例行事があるんやけど、そのプレゼントを買いに行くのが娘的にイライラするのやと。

下級生で400円ずつ出し合って、先輩にプレゼントを渡す。

それはまあ当然やし、OKです。

いままで、娘は友達のプレゼントを近所のお店で買ってるし、他の子たちもその店で買ってるし、先輩からもなにかもらうときもその店で買った物をもらってる。

せやのに、その店で買うのいややな、もっと遠い店で買おう、と言い出した子がいて、それに賛同した子が2人いて、遠出することになった、と

娘、いつもの店で買うのがなんであかんのか、理解できへん、と

遠くまで行くのは電車賃もかかるし、時間もかかる。

近所でみんな買ってるし、そのなかで選べば良いやん、って。

正直、遠くまで電車で行くなら親にとっても最寄りのJR駅まで車で送迎するかバス代わたさなあかん

たかが1000円のプレゼントに? と言いたい

交通費の方が高くつくわ

そもそもその話、娘がいないときに決めたらしい。

副部長の娘は各パートの練習室に行って出欠を確認して、先生の所に伝えにいかなあかんのやけど、その間に話が進んだって。

買い物も『楽しいお出かけ』と位置づけられればええんやろうけど、そんな時間があるんやったら楽器の練習するか勉強する方がよっぽどいい、て。

もともと、そのメンバーとは上手くいってない娘。

練習中に喋るんやったら邪魔やから出て行って、というスタンス。

まともに口には出してないらしいけど、まあ、娘のことやし態度で伝わってるやろう。

仲良くもないし、仲良くしたくもないメンバーと、なんでそんな遠くまでいかなあかんの、は~、も~、って

娘の話だけ聞けば、なるほど、と言いたくなるけど、もっと友達と楽しく過ごせへんもんなんかな。

「あの子らとは価値観が違いすぎて、無理」

と言い捨てる娘に

「高校に行ったら、あの子らとは離れ離れや。もうちょっとの辛抱やで」

と、なだめるしかない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

部活の先生が・・・。

2016-02-26 21:12:14 | 吹奏楽部

吹奏楽部の副顧問の先生が、新採から3年なので、4月に移動にならはる可能性が高いです。

なので、副部長を務める娘に

「部長さんと一緒に、3年生の元部長、副部長に聞きに行きや。前の先生が中学校移動にならはったとき、色紙かなにか、しはりましたか、って」

何日も前に声を掛けたんやけど、部長さんとは、クラスが違うし、楽器のパートが違うもんやから、なかなか話す時間がとれへんみたい。

せやけど、もし買うもんがあるんやったら、保護者会が買い出しに行ったり、集金せなあかんねんから、早めに聞き取り調査してくれな

娘も「これは確かに、部長、副部長が動かなあかんな」と頷いてはいるものの、放送部長は昼休み取られるし、放課後は三年生を送る会の準備で、執行部は集合かかるしで、いっぱいいっぱい、らしい

困ったもんやな

オット、学校移動の時は、サッカー部の保護者さまから、なんか盛大にしてもらいましたが、どうなんやろ?

保護者会のモチベーションにもよるよな~。

今の学校には保護者会ないし、たぶん、なにもないでしょう。なくても全然いいと思うけどね。保護者に気を遣わずに済むのやから。

でも、女の子ってやっぱり気持ちが深いのかな~と思ったのは、オットがたった1年だけ、女子バレーボールの副顧問をしたときのこと。

専門外で役にも立てなかったのに、最後の挨拶をしたとき、女の子達が泣いてくれたらしい

それで、大急ぎで色紙に寄せ書きを書いてくれたのやって

担当の部活が変わるだけで、学校は一緒やのに

ありがたいこっちゃなあ~

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は吹奏楽部、午前練習。

2016-01-23 08:42:28 | 吹奏楽部
娘、今日は土曜日の午前練習に行きました。

最近、3年生を送る会の準備があって、放課後は生徒会ばっかりやから、久しぶりにオーボエがゆっくり吹けると喜んでた

でも、合奏がイヤやわ~って

「昨日、楽譜をもらったのに、今日、合奏やで」

昨日は塾の日やったから、当然、家でも練習できず 初見で合奏になるらしい。

「なんで昨日、楽譜もらったん?」

「フルートパート楽譜係の美少女がアンサンブルメンバーやったから、楽譜、配り忘れてやってん。それに最近、雪で朝練なしとかあったし」

「ああ、あの子、雑なとこあるもんなあ。でも、そんな事情やったら、先生に言ったらええやん」

「あの先生が『そうですか、じゃあ、しょうがないね』なんていうわけないやん」

「そうか、そうやな」

合奏の日が決まってるんやから、娘が何回も楽譜係に要求せなあかんかったんやろな。


最近娘は学校のストレスが多い。

主に生徒会がらみ。

吹奏楽部の部長さんに迷惑がかからないようにと頑張ってるけど、生徒会イベントの負担が多すぎてパンク状態

生徒会の先生にも憤懣やるかたない状態で、学校では誰にも言えへんから、家で爆発してる

部活の副部長が当たったのに、生徒会に立候補したのは失敗やったかな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加