徒然ぱんだ庵

いろいろある毎日。
でも、お江戸の片隅で、目の前にある楽しみを見つけて生きて行きたい。

『相棒15』 第9話「あとぴん~角田課長の告白」

2016-12-07 22:23:16 | 和ミステリー 他

 第9話「あとぴん~角田課長の告白」
対五課長・角田の中学時代の同級生が殺害される事件が発生
34年前の写真が過去と現在の因縁をあぶり出す!

産廃場で光田(樋渡真司)という男性の撲殺死体が発見された。光田は組対五課長・角田(山西惇)の中学時代の同級生で、20年前に家族のもとら姿を消して以来、ずっと消息が分からなかったらしい。角田によると、光田の妻は当時の恩師・小林(柴田次郎)の娘で、病床に伏してこん睡状態の恩師のために、一刻も早く情報がほしいという。角田の思いを汲んで捜査に乗り出した右京(水谷豊)は、産廃場の近所の住民から、光田が現場監督の仁藤(相島一之)という男から暴力を受け、金をせびり取られていたという情報を得る……。
角田の同級生は、なぜ、誰に殺されたのか?
犯行を自供した男の真意とは…!?
角田を翻弄する時を超えた難解な事件に、特命係が立ち上がる!!
以上HP

 事件の被害者が同級生だったため、右京さんに相談したい角田課長は、巧みに冠城さんを青木のところにやって、「仲間はずれ」にしたが、黙っている冠城さんではなく、捜査に加わる――借りを作って、「仲間はずれにしないで」と付け加えるのを忘れない。このように始まる。中学生の仲の良い5人の写真仲間、それをやさしく見守るあとぴん先生。時がたち、どうしてこんなになってしまったのか。それは、いつもポアロが言うように、一つ一つのピースがはまって形を成してゆく。
 最後の最後まで、全容がわからない事件だった。犯人、そしてそもそものきっかけを作った情報は、と言ったところで物語は終わった。
 それにしても角田課長は、まっすぐで、いい人だ。そしてついに右京さんが「鑑識の敷居が高くて」と言っている。そうだ、米沢さんがいないからねえ。そこは角田課長が、うまくやってくれているらしい……
 このシーズンはなかなかいいぞ。

 
 今日のお昼前、荷物が届いた。英国旅行のときにご一緒した、札幌に住む方からだ。
  
 手作りの小箱だ。彼女は、いらなくなった着物などの布で、いろいろなものを作る。
 今回、私の転居に際し、断捨離をたくさんして、母の着物などを処分できずにいたのを、彼女が引き取ってくれたのだった。この小箱には、母のものは使われていないけれど、うれしいものだ。早速、普段使いのアクセサリーなどを入れた。
 あの時は楽しかったわね、と言いあって電話は切れた……札幌は、昨日吹雪いたそうだ。
 年末らしい日々が続く


Paul McCartney - Silly Love Songs






ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班... | トップ | 『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班 ... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
手作りの小箱 (たんぽぽ)
2016-12-08 06:11:16
まあ手の込んだ素敵な小箱
友の暖かい気持ちが伝わるようですね。
箱の内側もきれいね


カープナインは今日帰るのかな?

Unknown (クローバー)
2016-12-08 08:08:38
たんぽぽさん
はい。処分を手伝っていただいたのに、ありがたいものです

普段使いのアクセサリーを入れました。

そうですね、無事に帰ってきてほしいです。
広島ではまた歓迎とかするの?
いい年でしたよね
Unknown (yukiko)
2016-12-08 09:34:51
とても素敵な小箱ですね~

手作りなのですね

センスの良いデザイン

懐かしい方の声も聞くことが出来て 良い一日となりましたね
Unknown (マリア)
2016-12-08 10:13:19
さん、(*^O^*)素敵な小物入れですね~友の心使いが嬉しいですね~今日は~此方ですが~路面が解けてツルツルになります今日も良い1日を~
Unknown (クローバー)
2016-12-08 20:43:17
yukikoさん
私はまるっきり洋裁などがダメなので、こういうのには感心します。

丁度良い大きさで、良かったですよ

はい。なんかね、思いがけないものっていいですよね
Unknown (クローバー)
2016-12-08 20:45:51
マリアさん
やはり札幌の方の雪はすごいのでしょうね。

マリアさんは足元にくれぐれも気をつけてくださいね。
遅くなってごめんなさいね。
いい一日でしたよ

コメントを投稿