THE WAY TO A CLASS

 「サッカー選手」→「サッカーコーチ」

 指導者への道を独特のやり方で切り開く軌跡を綴ります。

The result of trials. トライアウト結果。

2017-05-16 01:49:00 | サッカー/英語留学サポート

 

 

 先週から1週間、アイルランド2部Shelbourneでテストを受けていた小島選手が、先日の練習試合後に結果を通知され不合格。残念ながら契約まで至りませんでした。

 しかしこのテストで感じた「自分はやれる」という感覚、それを感じることができたからこそ、自分の可能性を信じて今後もプロ選手への道を目指して活動していくようです。

 彼は決して大学時代も関東2部でレギュラーで活躍していたわけではありません。ですが、海外に出て挑戦することで選手としても人間としても幅は必ず広がったと思います。ただ、彼にも直接言いましたが、これを良い経験と呼ぶにはまだ早いということ。今後プロになって初めて、ここでの我慢、苦しい悔しい経験が生きたと言えると思います。「失敗は成功して初めて、その過程に変わる」。意地でもプロになって成功してほしい。世間は失敗の内容を評価してくれるほど甘くはないです。結果がすべて。

 一度繋がった選手とは今後もずっとサポートは続けていきたいですね。助けられる事、アドバイスできる事があればできる限りの事は協力していきたいと思います。自分が選手だった時、不安に感じてた事を少しでも払拭してあげられるような存在でありたいと思います。


My mate, Ryusei Kojima was on trials at Shelborne FC for the last few weeks. However, It has come to an end with the result that he wasn't hoping for, but this experience has also sparked him to become a pro as he got lots of positives out of it.

No doubt that I will keep supporting him until when his dream comes true.

He wasn't standing out as a player in the Kanto regional university league in Japan, but I pay respect to his decision that challenged himself overseas. Unfortunately, he couldn't make it, but I think it broaden his vision and his way of thinking in every respect. Success always starts with failure and the failure becomes process of the success in the end.

I would like him to grit his teeth in determination and keep trying at length.

Results are everything when you look back on the past.

Reality bites.

 

 

My Official Website(私の公式ホームページ) → https://taikimatsumura.jimdo.com/

Facebook Page → https://www.facebook.com/brissy.soccer.academy/

Twitter → https://twitter.com/dec12171985

Instagram → taikimatsumura

*ワーキングホリデー経験は4回(AUS,NZ,CA,IRE)、ワーホリ相談も行っています。

英語・サッカー留学、ワーキングホリデーに関してのお問い合わせはホームページからか、dec12171985@hotmail.comまでお気軽にご連絡ください。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サポート選手、チーム決定の... | トップ | The Irish football league. ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL