THE WAY TO A CLASS

 「サッカー選手」→「サッカーコーチ」

 指導者への道を独特のやり方で切り開く軌跡を綴ります。

Lourdes Celtic FC U14.

2018-01-27 11:52:08 | New Year's resolution 2018

Coaching for the U14 at Lourdes Celtic thanks to Tony Sherridan and the head coach, Paul. Honestly, things in coaching wouldn't be going well unless you put extra efforts on the team to be seen with dignity and RESPECT by your players. I think the beginning phase to build a decent relationship with your players is the hardest part, and honestly being an Asian makes it harder. But you need to accept what you are and challenge yourself to make it through. Believing yourself is the only way to turn things around.. 

ダブリン生活最後の方はU14チームの指導が多かったです。最初は舐められ、差別用語が聞こえてきたりもしましたが、結局は自分の実力で黙らせるしかない。この掌返しの過程をみるのが楽しかったりする。海外ではすべて受け止めて進まないと誰も助けてくれません。人種を超えたリスペクトを勝ち取るのは並大抵ではないけど、自分を信じて日々真剣に仕事と向き合えば事態は必ず好転すると身をもって経験しています。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サッカー留学事業について色々と思うこと。

2018-01-25 15:50:33 | サッカー/英語留学サポート

 こんにちは。

 色々な縁があり、少しずつアイルランドでプレーする日本人選手のサポートをする機会が最近増えてきました。それと同時にSNSを通じて日本で活動している選手からの問い合わせも増え、さらには世界各国でサッカー留学事業をしている関係者からも連絡を頂くようになっています。

 ただ、こうやって今まで10人にもまだ満たないですが選手サポートに関わらせて頂いて思うのは、これを本業にしてしまうといずれ選手第一で考えられなくなってくると言うことです。私の主業は指導者で、選手サポートはそこに支障が出ない程度に行っているのでサポートできる人数も限られてきます。もしこれを本業にすると、契約確率が低い所に選手を送ったり、情報を着色して強引に選手を抱えたりと「お金」を追いかけてしまう事になりかねないと考えています。

 私は選手時代、インドで契約した時以外は代理人をつけたことはありません。というのも、英語が少し話せれば体外のことは自分でできてしまう事ばかりだったからです。ではなぜ今サポートをしているかというと、一人ですべてやるとそれだけ時間と労力が伴います。リーグの情報や移籍期間、代理人がいないと給料の交渉で足元を見られる事も多い。すべて英語で調べたり交渉をするのでストレスもあるでしょう。私も自分でやって失敗した事も多いので、現地に信頼できる方がいれば間違いなく頼んだ方が話はまとまりやすいです。

 後は選手にとって大きな料金の問題。他社を批判するつもりは全くないですが、選手のトライアルの仲介をし契約交渉をする、他にも英語圏であれば学校の手配、住む場所や生活が落ち着くまでのサポートをするといった一連の事は、サポートする側も確かに時間も労力も取られますが、20万、30万を超えるサポート費を支払う価値はないと考えています。会社によってはそれに値する手厚い待遇で選手をサポートしている所もあると信じていますが、逆に私がそれだけのお金を選手から今もらったとして、それだけのお金の価値と同等のサポートを選手に提供してあげる自信はないです。20代そこそこの選手達にとって、何十万はすごく大きなお金であり、契約できないまま「良い経験」なんて言葉で帰っていく選手は見たくないです。一度繋がれば、その後もずっと関係は選手たちと続けていきたいと思っているし、すべての選手にチームとサインするまで付き合ってあげたい。

 綺麗事かもしれないけど、ここに今日書いた事は選手サポートを続けていく限り忘れないでいたいと思います。

 私も問い合わせがあれば真剣に向き合いますので、強い気持ちがない人、人としての常識がない人(SNSのメッセージだけでもわかります)はご遠慮ください。

 よろしくお願いします。

 

*アイルランドでの今シーズンの登録期限は終了です。来季8月開幕でのプレーをお考えの方はご相談ください。同時にコーチングライセンス取得も可能なので、その相談も受け付けています。

My Official Website(私の公式ホームページ) → https://taikimatsumura.jimdo.com/

Facebook Page → https://www.facebook.com/brissy.soccer.academy/

Twitter → https://twitter.com/dec12171985

Instagram → https://www.instagram.com/taikimatsumura/

*ワーキングホリデー経験は4回(オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アイルランド)、ワーホリ相談も行っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The last session in Dublin, Ireland!!!

2018-01-25 02:56:52 | Ireland

Started from scratch, but we are all connected through football right now! At last, I invited the three players in the Leinster league to our last session to make it more fun! Thanks to all involved, we got to put the best end to it. 
We never say goodbye each other as we will see again soon. 
I cant thank enough to all, but let me thank you here for your cooperation and understanding from the deepest of my heart. 


ダブリンでゼロから始めたサッカーの繋がり。最後はアイルランド3部でプレーする3人の現役選手達も来てくれて贅沢なラストでした。皆さんのご理解とご協力なしではこの寒いアイルランドで継続できなかったので、本当に感謝しています。夏の再会を楽しみにしばしお別れですが、他のコーチ達がバトン繋いでくれるので成長が楽しみです!

皆さん本当にありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The second trial with Shelbourne!!

2018-01-23 23:08:05 | Ireland

Hi, guys.

His second trial with Shels is over without the result he wanted. He wasn't given even more than 10mins in the trial match against Bohemian FC. And he was put on the right wing where he has never played before(of course they know where he preferably plays), but cant simply criticize them because he might not of been impressive enough at trainings. Remember that we are footballers came from ASIA. It'd never be easy to break through a subtle form of prejudice and language barriers. 


As you can see him playing in the short clip, he wouldve been rated more differently, if he'd been given more time.But whats done is done. 

He might have a trial with UCD shortly. I want him make the most of the experience with Shels and break down what was wrong. Keep your head up, Rio!

 小島選手の2度目のアイルランド2部への挑戦も契約には至らず。出場時間はラスト10分だけ、しかも怪我した選手との交代でやった事のないサイドでプレー。期待して見に行きましたが少し可哀想でした。ただ首脳陣が練習を見て判断したのかもしれないし、コミュニケーションが不足していた可能性もある。始めから取る気が向こうになかったとしても、練習でスーパーなプレーを連発できればもう少し時間は増えたはず。忘れてはいけないのはここは欧州であり、私達はサッカー後進国から来る助っ人選手である事。当然求められるハードルは高く険しい。

 チームのせいにするのは簡単だけどここを乗り越えてほしい。動画を見てもこのレベルでやれる力はある、でもやれるだけじゃ足りない。日本人未開拓の地を切り開くのは並大抵な事じゃない。

 試合の様子などは私のInstagramに上げているので気になる方は是非。

 英語・サッカー留学、ワーキングホリデーに関してのお問い合わせはホームページからか、dec12171985@hotmail.comまでお気軽にご連絡ください。

*アイルランドでの今シーズンの登録期限は終了です。来季8月開幕でのプレーをお考えの方はご相談ください。同時にコーチングライセンス取得も可能なので、その相談も受け付けています。

My Official Website(私の公式ホームページ) → https://taikimatsumura.jimdo.com/

Facebook Page → https://www.facebook.com/brissy.soccer.academy/

Twitter → https://twitter.com/dec12171985

Instagram → https://www.instagram.com/taikimatsumura/

*ワーキングホリデー経験は4回(オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アイルランド)、ワーホリ相談も行っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Kick start 1 and Futsal intro.

2018-01-21 00:21:05 | Ireland

I've just completed a workshop for Kickstart 1and futsal intro in the FAI coaching education. Had a ton of things to learn and good encounters with local coaches as always. And another great part of taking those fundamental coaching courses is that you can reeducate yourself on things that you have begun to forget. 
All the workshops Ive participated in Ireland mean a lot to me as a coach. 

フットサルLv1と日本でいうキッズリーダーの資格を修了。今日は元Westhamのイングランド人が講師でしたが、「見た目はコーチング初歩コースで必要ないと思う指導者も沢山いるけど、私がそうであったように実はサッカーを知っているようで知らない事に気づいていない指導者が多い」と。勿論知ってる知識もあるけど、改めて聞く事で忘れかけていた指導者としての基本的な事も再確認できた非常に有意義な講義でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2 weeks to go!!!!!

2018-01-16 22:28:29 | Ireland

 

It was one of the best sessions with 2 senior players came and helped me put smiles on their faces.

One on the left in the first photo, Rio is at a trial with Shelbourne in the league of Ireland and a decision should be made after their first friendly match in the preseason this Friday.

the guy on my right, Ken, plays for Drumcondra this season and we faced each other in the match last weekend. Unfortunately we got scored a great solo goal in the counter attack by him and defeated, but being vital to every match adds up to make a high evaluation for Japanese players, and I believe that makes things for them coming after us easier.

 アイルランドを出国するまで残すところ2週間。この日はサポートしている2人の選手が駆けつけて一緒にスクールを盛り上げてくれました。ありがとう!
 
一人は今アイルランド2部でテスト中。もう一人は3部リーグでプレーしています。3部リーグではこの前、私のチームと直接当たって初の日本人対決が実現。1年で対決が実現したのはやってきた事が徐々に良い方向に進んでいるのだと思います。見事に点決められて負けましたが、日本人の評価がこうやって少しずつ上がっていけばこの国での日本人選手への見方が必ず今後変わってくると信じています。
 残り少ないですが、最後までやり尽して帰ります!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Futsal Intro

2018-01-11 00:32:23 | Ireland

Completed the workshop of the FAI futsal intro in the state of art facility, National indoor arena yesterday. 

I again realized that playing futsal on a daily basis would surely help kids improve on the technical aspect in football. At the same time, we need to train up talented coaches specializing in football that is obviously short on numbers. 
In Ireland, the coaching system for futsal has newly been restructured and giving kids as much time as possible to play futsal during the off season.

And there's a spot allocated to each country for the UEFA CL that newly restructured and the inaugural tournament will be held in 2018. So it might be a fantastic story if you could become the Irish champion this year and be as the Irish representative on the world stage!!

 ども。

 先日はフットサルの指導講習会に参加。特に若年層でのフットサルの重要性とアイルランド協会も選手育成にフットサルを取り入れて本気になっている現状が見て取れました。
 そしてフットサルの全国リーグがないまだまだ発展途上のアイルランドは、今年からフットサルのコーチングライセンス制度も導入して、フットサル普及に力を入れています。

 2018年の今年からフットサル版CLも開催され、アイルランドも毎年1枠あるので、まだまだフットサルに関しては発展途上のこの国で、フットサルでCLを目指すというプランも面白いかもしれません。

英語・サッカー留学、ワーキングホリデーに関してのお問い合わせはホームページからか、dec12171985@hotmail.comまでお気軽にご連絡ください。

My Official Website(私の公式ホームページ) → https://taikimatsumura.jimdo.com/

Facebook Page → https://www.facebook.com/brissy.soccer.academy/

Twitter → https://twitter.com/dec12171985

Instagram → https://www.instagram.com/taikimatsumura/

*ワーキングホリデー経験は4回(AUS,NZ,CA,IRE)、ワーホリ相談も行っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Holiday soccer clinic!!

2018-01-07 16:08:22 | Ireland

Hi, guys.

 今回はアイルランドで自身が初めて主催するホリデーサッカースクールの様子です!新しい国で、新しい事を1から始めて形にする。今まで色々な国でチャレンジしてきたけど、毎回違った難しさがある。だけど、やりきった後の充実感は共通です。

I'm doing a holiday football clinic for 3days at the moment! Every new attempt overloads you to be successful more than doing the same in your country, but your efforts surely pay off when you complete it with their smiles and good feedbacks! 
Everyday, at least one, I do something good for others.

 今までもニュージーランド、オーストラリア、カナダと指導する機会を頂き、今回も同じように沢山の人の協力なしには実現しませんでした。そして最後まで笑顔で参加してくれた子ども達にも感謝。本当にありがとうございました!

A beautiful sunny day put us an end to the holiday football clinic yesterday! I swear to God that we all worked hard and cooperated together to make the clinic enjoyable. 
I couldn't have done this without any of the kids and their parent's support! Big thanks to you all!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Happy New Year!! 謹賀新年

2018-01-01 16:35:17 | New Year's resolution 2018

明けましておめでとうございます。Happy New Year, guys!!

本年度もよろしくお願いします。Best wishes for everyone in 2018.

さて、今年はやりたい事を今思い当たる範囲で書いていこうと思います。そして必ずすべて達成できるように。Let me note down my New year's resolution right here to just keep it to remind myself. 

1. JFA C級ライセンス取得 JFA C license

2.UEFA Cライセンス(FAI National C license)

3.英検準1級以上  the pre-1st Grade exam for STEP (certification program offered by the Society for Testing English Proficiency).

4.TOEIC 900点以上 Hitting a 900 score for TOEIC

5.日本でのサッカーアカデミー立ち上げ Setting up my own foorball/soccer academy in Japan

6.夏の移籍市場での選手の留学サポート bringing few Japanese players to Ireland and support them as an intermediate.

 今出てくるのはこれくらいかなと。一番大事なのは5のスクール開校。ここを基盤にしていかないと話にならないので、今数ある進めていきたい事を実現する為にも、ここの成功をまず第一に考えて今年は行動していこうと思っています。

Can't come across any others to do at the moment.. But the first one in my to-do list in 2018 is definitely the No.5. Being successful with the football academy would be hugely important to spin off other projects or businesses. Need to think about it first this year.

英語・サッカー留学、ワーキングホリデーに関してのお問い合わせはホームページからか、dec12171985@hotmail.comまでお気軽にご連絡ください。

*アイルランドでの登録締め切りは1月末までです。アイルランドでのサッカー留学を考えている人は急いだ方がいいでしょう。同時にUEFAのコーチングライセンス取得も可能なので、その相談も受け付けています。

My Official Website(私の公式ホームページ) → https://taikimatsumura.jimdo.com/

Facebook Page → https://www.facebook.com/brissy.soccer.academy/

Twitter → https://twitter.com/dec12171985

Instagram → https://www.instagram.com/taikimatsumura/

*ワーキングホリデー経験は4回(AUS,NZ,CA,IRE)、ワーホリ相談も行っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Christmas Party of Dublin Bus FC

2017-12-24 03:39:56 | Ireland

Attended the Christmas party of the Dublin Bus FC for the 30th anniversary of the club foundation. It was absolutely fun, but my gf seemed to have been more fun..this is off the record, though. 
I'm lucky enough to be a part of the great club in Dublin. And you might as well attend all the team events and not to be shy at all times! You might be sometimes treated as a goofy character at some stage, but that's when you are trying to fit into a new team overseas. 

 所属チームのDublin Bus FCでXmasパーティ。クラブハウス内で盛大に、創立30周年というおまけ付き。飲みから始まりディナー、最後は生演奏の中、踊りまくるというアイルランドらしいパーティでした。朝まで残っている関係者も結構いたけど、私は2時頃に退散。 海外クラブで溶け込むには、こういうイベント事には必ず参加して自分の殻を破ってバカになる。ネタにされて弄られるくらいが丁度いい。

 

英語・サッカー留学、ワーキングホリデーに関してのお問い合わせはホームページからか、dec12171985@hotmail.comまでお気軽にご連絡ください。

*アイルランドでの登録締め切りは1月末までです。アイルランドでのサッカー留学を考えている人は年末までには入国できる準備をした方がいいと思います。同時にコーチングライセンス取得も可能なので、その相談も受け付けています。

My Official Website(私の公式ホームページ) → https://taikimatsumura.jimdo.com/

Facebook Page → https://www.facebook.com/brissy.soccer.academy/

Twitter → https://twitter.com/dec12171985

Instagram → https://www.instagram.com/taikimatsumura/

*ワーキングホリデー経験は4回(AUS,NZ,CA,IRE)、ワーホリ相談も行っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The best of Japan

2017-12-19 16:14:50 | Ireland

Japan is amazing for countless reasons.

But my favorite part can be summarized in three words: mindfulness of others. In Japan, people act with others in mind instead of only thinking of themselves. 

Take something simple like letting people pass on the escalator. In other countries, you can make signs and people still won't listen. In Japan, everyone automatically does the right thing to make life easier for everyone else. And it's like that with everything.

You can nap on a crowded subway because people are quiet. You can enjoy clean streets because people don't litter. You can feel like royalty because people serve you with a smile and a bow. The culture of respect creates an unbelievably safe atmosphere that leads to modern day miracles. 

In a busy cafe, you can leave your phone or laptop and not have it stolen. You can park your bike outside and it'll be there when you come back. Even though anyone can walk off with it, In japan, it just doesn't happen. You can even find scooters on the street with keys in the ignition. 

When you cultivate a society where people are mindful of others, life is better for everyone. It's a lesson that the rest of the world can learn from Japan.

 

 日本の良さは日本を離れて初めてわかります。他人への気遣いや街の綺麗さ、便利さ。あげればたくさんある。

 「エスカレーターを乗れば、優先する人、譲る人にしっかり分かれるし、他の国ではそういうサインがあってもそうはならない。皆が思いやれば、皆の生活が良くなることをわかっているから。

 満員電車でも寝れるのが日本、静かだから。道路はゴミが少なく綺麗、皆ポイ捨てしないから。店に行けば、笑顔とお辞儀で迎えてくれる最高のサービスがある。リスペクトの文化が安全な社会を作り、素晴らしい現代の日常がそこにある。

 込み合ったカフェで携帯やパソコンを置きっぱなしにして離れても盗まれない。外に自転車を停めても、盗られていることはほとんどない。海外は鉄のパイプなどに鍵をしっかり繋いでおかないとすぐに盗られる。ロードバイクなんか一瞬だ。ただ日本でも滅多にない。スクーターに鍵を付けたまま離れる配達員もよく見かける。それだけ安全なんだ。

 他人を思いやる気持ちがある社会は、生活をより豊かにする。日本から世界は学べることがたくさんあるはず。」

 世界から見た日本の感想です。日本がいかに住みやすいかが日本にいてはわかりにくいですが、こうして日本を訪れる人たちの意見を聞いて初めて実感しますね。日本人としての大事な部分は一生持ち続けていきたいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Irish Altitude Chamber

2017-12-15 01:53:33 | Ireland

What is Altitude Training?

Altitude training, also known as hypoxic training, involves exercising in, living in, or otherwise breathing oxygen-reduced air for the purpose of improved athletic performance, pre-acclimatization to altitude, and/or physical wellness.

Traditionally, individuals had to travel to or live at high elevations to obtain the benefits of altitude training. Through the production of normobaric hypoxic (oxygen reduced) air, we can simulate altitudes of up to 21,000ft/6,400m. As a result, athletes, fitness enthusiasts and health conscious individuals worldwide can take advantage of the benefits associated with altitude training while at sea-level.

As a result, it was very hard.. I had been zoned out for the last few minutes to the end because of obviously oxygen shortage.. It was actually all about how you could push yourself into your limit or over the limit to get fitter. As a matter of course, gym trainers encourage you to go farther, but it's all up to you in the end..

 

 先日、高地トレーニングの状態をジムの密室空間に作りトレーニングする「アルティチュードトレーニング」をチーム練習の一環として体験してきました。低酸素の状態を人工的に作れる空間の中で、ランニングマシーンやバイクでトレーナーの指示に従いながら強度を変えて30分。持久力向上、怪我予防にも良いとされ、なにより時間の効率化に繋がるようです。

 この施設では最大6400Mまでの状態を人工的に酸素濃度を減らす事で作り出すことができるようです。トレーナーの檄を受けながら追い込まされ続け、後は自分との闘い。最後は酸欠状態で頭がクラクラ…。危なかった。

 一回だけでは効果は薄いだろうけど、継続的にした時の効果をもっと知りたいと思ったし、そういう刺激をもらえたという面ではすごく良い経験になった。

 

英語・サッカー留学、ワーキングホリデーに関してのお問い合わせはホームページからか、dec12171985@hotmail.comまでお気軽にご連絡ください。

*アイルランドでの登録締め切りは1月末までです。アイルランドでのサッカー留学を考えている人は年末までには入国できる準備をした方がいいと思います。同時にコーチングライセンス取得も可能なので、その相談も受け付けています。

My Official Website(私の公式ホームページ) → https://taikimatsumura.jimdo.com/

Facebook Page → https://www.facebook.com/brissy.soccer.academy/

Twitter → https://twitter.com/dec12171985

Instagram → https://www.instagram.com/taikimatsumura/

*ワーキングホリデー経験は4回(AUS,NZ,CA,IRE)、ワーホリ相談も行っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

How to stop bullying

2017-12-13 17:10:07 | Words 言葉の力

  今日は少し真剣な話を。これから日本でサッカースクールを立ち上げていく上でも、指導者として、教育者として重要な対処法を自分の中でも作っておきたい「いじめ」について。

  社会学者たちが何十年も研究し続けている「いじめ」。彼らはいじめとは呼ばず、支配的振る舞いと言います。それは相手を支配的力で抑え込む事です。群れを支配する動物の世界のようですね。これが学校内でも起こっているのです。そしてこの支配的振る舞いというものを理解すれば、いじめというものの本質が何なのか、どう対処していくのかがわかってきます。

 すべてのいじめ専門家が認めるのは、いじめとはパワーバランスと非均等であること。人が人を力で抑え込み、負けを認めさせ勝ち誇りたいという感情が根底にあります。結果、弱者が反抗し、怒り混乱することで強者はいじめへの快感が増し、激しくなっていく。もしいじめられる側に耐える力があり、何を言われても気にしない精神的、感情的強さがあればどうなるでしょうか?

 いじめる側の挑発に、「ははは、俺がわるかったよ。参った、降参だ」と受け流すことが繰り返しできれば、もしあなたがいじめは「勝ち負けのやりとり」以上の何ものでもないと生徒たちに説明することができれば、彼らはいじめる事を自然とやめていくでしょう。挑発に反応する事を彼らは楽しんでいるのだから。

 多くの人がいじめはすごく複雑な問題だと捉えています。ですが本当はすごくシンプルなのです。「相手が何と言おうと怒るな」。これができれば当事者にできればいじめは自然となくなる。簡単と言っているわけではありません。ただいじめのからくりは単純なのです。これをしっかり生徒たちに説明する事が前もってできれば、未然に防ぐ事も、実際に起こりかけた時も生徒が正しい態度で対処できるはずなのです。

 いじめは暴力と考える人もいます。いじめは暴力ではありません。顔を殴られればこれは暴力です。すぐに警察に行きましょう。暴力は犯罪ですから、犯罪者は罰を受けなければならない。いじめと暴力は全くの別物で、一緒に扱ってはいけない。指導者や教育者がしっかりと理解し、説明する事ができれば防げる問題はたくさんあるはずなのです。

Hi, guys.

Today, let me bring up a topic that is about bullying. I think a lot of coaches and teachers have misunderstandings upon bullying to solve. At some point, I will have to deal with matters of bullying after starting off business with my own football academy in Japan. If I have a decent approach to solve most cases of bullying, that would be very helpfun to make a healthy run with the academy for sure.

Sociologist have been studying bullying for decades. They just don't call it bullying, they always call it 'Dominance behaviour' that it's other people trying to overpower others, and it's just like animal kingdom. That's alpha male mentality. That's what happening on campus. And so when we understand it in terms of dominance behaviour. People trying to have POWER over another. That helps us understand what to do about bullying and when we understand what it is. 

All the bullying experts agree on one thing. The bullying is an imbalance of power that someone trying to have power over you. They wanna see you lose, and they wanna win.

The more upset/angry you get, the more fun they have. But what would happen if we were resilient.. what if we were emotionally strong and mentally tough, then no matter what the haters say you wouldn't care. 

If you are the victim of relentless teasing, taunting or bullying, and decided to not get upset? To have tough skin? To allow the hateful mean words of others bounce right off you, and not care what the other person says?

If you explain to students that bullying is nothing more than a game about winning and losing, and that the way they can win is by not getting upset, and the bully will lose. And when people lose, they don't like playing the game any more, so they'll leave you alone.

When you explain that to a student, it's simple, concrete not abstract, ethereal or complex. It is very simple.

Don't get upset, no matter what they say. I'm not saying it is easy, but in logic. It is very simple.

Now it's important to know this. When I say bullying, I'm not talking about someone is hurting your feeling. If you can understand bullying in terms of someone hurting your feelings. The solution is very simple, but some people think bullying is more complex than hurting your feelings. Then they think bullying is like violence, but it is not. If you get punched on your face by someone, it's violence. Violence is a crime. Don't mix them up.   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The 4 vs 4 coaching workshop in FAI

2017-12-04 22:52:34 | Ireland

The third workshop focusing on the 5 a side football has been completed. We got to observe an actual session with 8 kids from a local club coached by two well-experienced veterans from FAI. 
Simply impressed by their ways of coaching and giving them concrete advices at the right time. 
The most impressive moment was when they told us to be humble and hungry for learning things from any mistakes that you make in coaching. 

先週で3つ目のコーチング講習を修了。今回は4vs4という状況の中で、実際に子ども達に協力してもらい実践形式での講習。アイルランドのアンダー世代代表コーチ経験者の本気の指導を実際に見て得るものしかなかった。

印象に残ったのは、「まだまだ指導の失敗はたくさんしている。そこから学ぶ努力は決して怠らない」という言葉。常に謙虚に勤勉に。指導者としも、人としても。


英語・サッカー留学、ワーキングホリデーに関してのお問い合わせはホームページからか、dec12171985@hotmail.comまでお気軽にご連絡ください。

*アイルランドでの登録締め切りは1月末までです。アイルランドでのサッカー留学を考えている人は年末までには入国できる準備をした方がいいと思います。同時にコーチングライセンス取得も可能なので、その相談も受け付けています。

My Official Website(私の公式ホームページ) → https://taikimatsumura.jimdo.com/

Facebook Page → https://www.facebook.com/brissy.soccer.academy/

Twitter → https://twitter.com/dec12171985

Instagram → https://www.instagram.com/taikimatsumura/

*ワーキングホリデー経験は5回(AUS,NZ,CA,IRE)、ワーホリ相談も行っています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Strength and Conditioning

2017-11-25 22:27:12 | Ireland

Hi, guys.

FAI strength and conditioning workshop is done! I feel like I've taken in a lot from it and must incorporate them into myself as a coach and player. There's another fruitful workshop ahead next weekend as well. Make every workshop count for the future..
Btw, here in the FAI system, you must have completed at least 40 hours of coaching education before you sit for the D licence. It's surely a long way to go for anyone getting there! What about Germany, Spain and England? Any clues on that?

今日はstrength&conditioningという講義を修了。これは簡単に言えば体の色々な動かし方や試合、練習前後の調整法なども含めた身体メカニズムの総合理解を高めるためのもの。アイルランドはUEFAライセンスに辿り着くまでに、いくつもの講義を修了していく必要があり時間が凄く掛かります。イングランドやドイツ、スペインなんかはどうなのかな?知ってる方いらっしゃればお答え頂ければ幸いです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加