gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

介護福祉士に医療の専門知識を―日慢協が新規講座(医療介護CBニュース)

2010-02-15 14:13:03 | 日記
 日本慢性期医療協会(日慢協、武久洋三会長)は2月10日、医学的な知識を持つ介護福祉士を養成する初の「医療介護福祉士認定講座」を東京で開講した。同協会の会員施設などに勤務する介護福祉士91人が参加しており、15日までの6日間、脳血管疾患管理や口腔ケア、リハビリテーション介護、胃ろうなどの管理、排泄ケア、薬や検査といった医学的知識についての講義や、施設での実習などが行われる。

 講義に先立ちあいさつした武久会長は「医療介護福祉士」について、「介護福祉士が看護師の代わりに仕事の一部をするという意味ではない。看護師の資格がないとできない仕事は看護師の仕事」と強調。同講座の目的については、介護現場で医療の知識が乏しいために起こる事故を防止するとともに、看護師などとの「チーム介護」を推進し、介護の質を向上させることを挙げた。

 また武久会長は、キャリアブレインの取材に対し、同講座について年4、5回、毎回200人程度を想定しているとした。その上で、1000人以上の医療介護福祉士認定者が出た段階で、認定者の有無による事故やヒヤリ・ハット事例の発生頻度の差などについて、現場調査を実施したい意向を示した。


【関連記事】
慢性期病院の認定審査を開始―日慢協が4月から
在宅復帰率や医療区分の改善率に基づく評価を―次期改定で日慢協
第三者に見える「良質な慢性期医療」が必要―09年回顧と10年の展望 日本慢性期医療協会・武久洋三会長
医療療養病床の在宅復帰率は46%-日本慢性期医療協会
慢性期医療協会が毎日社説に抗議文

倉庫からビア樽窃盗 容疑の男「3年間で1万5千個」(産経新聞)
<山本病院事件>不要ながん治療や検査繰り返す 死亡患者に(毎日新聞)
前福岡副知事、ホステスへのプレゼント要求(読売新聞)
<森繁さん偲ぶ会>枚方市民ら1200人「知床旅情」合唱(毎日新聞)
雑記帳 ストップ温暖化『一村一品』 鳥取県北栄町が受賞(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | <強盗>信金の車襲われ35... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。