穏やかな追及奇香り

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

悲しみの現実はあるの?

2017-07-18 10:42:51 | 日記
こんばんは。人に日記を書いたら、自分の気持ちが纏まるよと散々解ったようなことを言いながら、心の掃除を怠り、溜め息が呼吸より多かった人見知りです。
今日も沢山のしかめっ面と苛々の世界で時間を売り飛ばした皆様、お疲れ様です。

苛々も移るので、鏡で自分の顔を見て、他人を慰めるように、自分を慰めてから、大切な人や場所にどうぞ。暗闇に射す、一筋の光、ヒーローとして歓迎されますよ。
皆んな、疲れてますから。

あ、疲れてない?強すぎです。そのまま。そのまま。金正恩の刈り上げと笑顔の合成写真なみの強さ。プラスチック脳万歳

話は変わりますが、老人が溢れていますね。そのお世話をする以外の仕事しかないのかというほど。呆ける、居なくなる、家に置いて置けない。

綺麗な街の奥底に沢山の、老人が埋まっていそうです。生きたまま。介護っていう名前の老人ビジネスです。

下の世話から何から、赤ちゃんのお世話以上かもしれません。可愛くない、数が多すぎる。

マザーテレサが死を待つ人の家で、沢山の人の最期に寄り添う美談があります。でも、晩年のテレサの顔は苦悩と絶望の固まりに、僕にはみえます

寝たきりで、涎を垂らし、咳混んで、虚ろで見るからに苦しそうなおじいさんがいました。いつ死んでもおかしくない。目を背けたくなるような。
家族もいつもはいませんね。皆んな、忙しいですから。そのおじいさんが言う言葉。

大丈夫。心配ない。大丈夫。心配ない。こんな強い鸚鵡返しがあるんでしょうか。

絶望の桜の下に、呆けたふりをした武士を発見。
勇気の固まり。アドラーより、強い現実です。

なんでも、してあげたい。もっと生きて欲しい。
もっとこの人の人生を知りたい

呆けて、悲しみを忘れ、人の勇気になる。
可愛く、強い老人万歳。
遠くから見る悲しみも、近くでよく、よく、見ると、光が射すようです。

あ、妄想です。だったらいいなって。

人間交差点ていう漫画ありましたね。
今日、信号機赤。本当の交差点に、お菓子を食べる坊やと、ショートパンツにストッキングから見える脚の綺麗なお母さんが。先には、場末のスナック。子供は二階で遊び、お母さんはママさん?

ありふれた光景。悲しみや寂しさを乗せて観ないように、今日も、気をつけました。ヨシヨシ。

人の幸せはその人が決める。
暑さを和らげる夕景と気づかれるのを怖れるような夜風が寄り添っていました。

まとめ。現実はある。悲しみは保留。感傷はやってくる。

次は、気配を消す、感傷の意味、物語について考えたいと思います。

鏡の自分、ほっとけないオーラ出てる。でも、脂ぎってる。

蔵秘雄精
V26 即効ダイエット
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初バイト代で! | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。