広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これも道路交通法第71条に定められています。

2017-07-15 16:24:25 | 日記

つまり、2車線の場合は一番左側を、3車線の場合は一番左側と中央を走るようにと、明記されているのです。一番右の車線は、追い越しをするときや緊急車両に道を譲るとき、道路状況に応じてやむを得ないときに走ることが許されている車線なのです。何キロまたは何分走り続けたら違反となるのかは定められていませんが、過去に通行帯違反を経験したドライバーに伺うと、後ろに覆面パトカーがいたことに気が付かず5分近くツーリングしていたそうです。通行帯違反は高速道路における交通違反の取り締まりでは常に上位にランクインする違反なので気を付けましょう。
http://gamers.mysns.jp/p/ertyuttr http://www.otoku47.com/author/ertyuttr/違反しがちな道路交通法その2:泥はね運転違反

ドライバーのマナーに関わる違反ですが、これも道路交通法第71条に定められています。「第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。一、ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器を付け、又は徐行する等して、泥土、汚水等を飛散させて他人に迷惑を及ぼすことがないようにすること」。泥はね運転は、基礎点数は引かれませんが、大型車は7,000円、普通車・二輪車は6,000円、原付車は5,000円の反則金が設定されています。また、罰則もあり、5万円以下の罰金対象となります。

ドライバーの品格が求められる、マナーを問われる法律は他にもあります。例えば、警音器使用制限違反です。法令の規定によってクラクションを鳴らさなければならないとされている場合や、危険を防止するためにやむを得ないときを除き、クラクションを鳴らしてはならないと道路交通法で定められています。違反すると反則金3,000円です。さらに、罰則もあり、2万以下の罰金または科料となります。

http://www.nyan-wan.com/users/view/247 http://www.rokyu.net/user_information1-58519.html

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 反則金(上記表を参照)を支... | トップ | 歩行者側方安全間隔不保持等... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。