涼麻が行く ~白犬ウエスティの のんきな生活~

ウエストハイランドホワイトテリア(ウエス、ウエスティ、白犬)の涼麻(りょうま)のことを中心にいろいろと

食の五色

2018年02月13日 23時39分43秒 | おいしい♪

先日、ちらし寿司をつくったときに、いつもより少なめの水加減でごはんを炊いたために、少し鍋底にへばりついてしまいました

もったいないので、水を加えてコンロでコトコトして、おかゆにしました

結構な分量になるものです。

翌日、たまたま精進料理の本を読んでいたら、禅寺では、鍋底のおこげに熱湯を注いで、お茶代わりにするのだとか

 

涼麻父は、梅干しをのっけてみました

 

ついでに、遊んでみました

 

ところで、先日のちらし寿司から、トッピング(しめ鯖とスモークサーモン)を除いた本体部分は、ちゃんと五色(赤、白、黒、青、黄)になっていました

色のバランスは栄養バランスに通じると言われていますが、昔からの献立は、よく考えられているのでしょうね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちらし寿司 de ハーフ&ハーフ

2018年02月10日 19時55分36秒 | おいしい♪

構想2週間、ちょっと贅沢なちらし寿司を作りました

まずは、干し椎茸を戻して、キュウリを塩もみ、

 

薄焼きたまごを焼いて、錦糸卵を作ります。

 

お酢に砂糖、塩を入れて、寿司酢を準備して、

 

戻した椎茸を甘辛く煮詰めます。

 

お昼寝してた涼麻が、「とーちゃん、なにしてるのかなー」と観察に

 

お米を硬めに炊いて、

 

飯台にあけて、

 

寿司酢をあわせて、

 

しゃもじで切って、切って、

 

しいたけを混ぜて、扇いで、扇いで、粗熱をとると、ツヤツヤしてきます

 

用意しておいたキュウリと錦糸卵や、

 

先日、購入しておいたスモークサーモンとしめ鯖を並べて、

 

ハーフ&ハーフのできあがり

 

しめ鯖

 

スモークサーモン

 

ちょっと贅沢ですが、おいしくて、おいしくて、あっという間に半分を食べ切ってしまいました

 

残りは、また明日

飯台の蓋があるので、乾燥せずに保存できると思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豚バラのミソ炒め

2018年02月09日 23時32分33秒 | おいしい♪

まだまだ寒い日が続きますね

涼麻、あったかい浴槽の蓋から降りようとしません

 

涼麻父は、この2〜3週間、風邪をひきずっていて、なかなかスッキリしません

そこで、今日の晩ごはんは、豚バラのミソ炒めをメインに、

副菜は、ほうれん草ともやしのおひたし、納豆の梅肉和え

それに、十八穀米と、ネギ+豆腐+もやしのお味噌汁

栄養満点で風邪を治さねば

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩のあと

2018年02月06日 22時06分55秒 | 涼麻

涼麻は、お散歩から帰ると、「ベランダに出してー」と言って、扉を開けてもらうと、バケツに向かいます

水をがぶがぶがぶがぶがぶがぶがぶがぶ

メダカの水替え用に汲み置きしているんですが

 

で、大量の水を飲み終わると、キッチンに向かい、キッチンマットで顔を拭きます

 

で、「おやつー」というと、りんごが出てきて、

 

爆速で食べ尽くします

フードを食べるときに比べると、10倍速以上じゃないかと思います

 

今日、会社帰りに寄ったお店で、ちょうど欲しかったものが2つとも揃っていたので、迷わずバスケットへ

週末に使おうかと考えています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粕漬けリベンジ

2018年02月04日 22時02分06秒 | おいしい♪

先日、粕漬けを作った時は、焼く際に粕が残っていたために、だいぶ焦がしてしまいました

今回は、先人にならい、漬ける際にガーゼに包んでおいたので、表面に粕が残りません

 

おかげで、きれいに焼くことができました。

味もおいしく、まるで「魚久」の粕漬けのようです(=自称

 

ちんげん菜、もやし、ニンニクの芽、しめじの炒めもの

 

で、本日の晩ごはんのできあがり

 

今週の朝サラダの準備

玉ねぎは毎回ゆでていたのですが、今回はスライスにしました

 

そして、十八穀米を炊いて、おひつへ

 

涼麻父、最近、航空無線がマイブームです。

飛行機を撮りにいくときに便利そうだし、むか〜し(笑)、短い間でしたが、アマチュア無線局を開局していたこともあったりして。

で、昨晩、テレビをザッピングしていたら、羽田の航空管制が映っていたので、おもしろうそうに思って観ていたら、「ハッピーフライト」という映画でした。

で、主人公ではないのですが、グランドスタッフ役の一人が好印象で、「この女優さん↓、なんていう人だろう〜」って思って、

番組情報を確認してみたら、なんと涼麻父がファンの田畑智子も出演してるらしい。

田畑智子を知ったのは、NHKの番組「京都ふらふら」や「世界ふれあい街歩き」のナレーションがはじめでした

「えー、一体、どの役で出てくるんだろう???」

 

で、びっくり、びっくり、実は、彼女↑が田畑智子だったのでした

なんか、イメージが変わったような。役作りなのか、路線変更なのか

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

筑前煮

2018年02月03日 21時18分45秒 | おいしい♪

今日は、お昼過ぎにお散歩にいってきましたが、まだまだ寒い日が続きますね

涼麻父、最近、変温動物になったようで、あまりに気温が低いと動けません

 

乾物って、必要な時に必要な分だけ使えて便利ですね

今日は、干し椎茸を戻して、ちらし寿司でも作ろうかと思いましたが、具が足りないので、筑前煮にすることにしました

 

干し椎茸の戻し汁って濃厚ですね。

 

鶏もも肉を炒めて、

 

人参と牛蒡も炒めて、

 

椎茸の戻し汁を加えて、薄口醤油、お砂糖を加えて煮詰めます。

 

ほうれん草の白和えも作って、

 

本日の晩ごはんのできあがり

左手前は焼き鳥丼、意外に上手にできました

やっぱり、もも肉、おいしいなあ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シニア犬

2018年02月01日 18時55分51秒 | 涼麻

涼麻、もうすぐ12歳になるわけですが、ものの本によると8歳くらいからシニア犬の仲間入りという見方もあるようです

いつまでも元気でいて欲しいわけで、そのためにはいろいろとお世話をしてあげなければなりませんね

 

先週、帰宅したら、玄関マットのところで、涼麻父のジーパンやトレーナーを集めて寝床を作って待っていた涼麻

あとで気づいたら、犬歯が1本、抜け落ちていました。

口の中をいじられるのを嫌がるので、ついつい手入れを怠っていたのですが、これからは、きちんとケアしてあげないといけません。

 

それから、若干、白内障気味になっている感じがします

特に見えにくいような素ぶりはありませんが、光の当たり方によって、角膜が、すこーし白っぽく見えることがあります。

年なので致し方ないところもありますが、進行を遅らせるために目薬の点眼をはじめました。

幸い、点眼はいやがりません

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶏肉と落花生炒め

2018年01月28日 21時48分12秒 | おいしい♪

今日も寒かったですね

涼麻もよく遊びに行っていた久慈川では、氷花(シガ)といって、川面をシャーベット状の氷が流下する現象がみられたそうです

お散歩から戻った涼麻、いつもならひんやりしている人大(人工大理石)の上で待ってるんですが、さすがに今日は冷えたとみえて、玄関マットの上でちんまり丸まっていました

 

先日、買い物の折、レジ横に落花生があったので、鶏肉とカシューナッツならぬ、落花生炒めを作ってみることにしました

 

せっせと殻を剥いて、

 

なんのことはない、ピーナッツになるわけですが

 

長ネギ、鷹の爪、生姜を油に移して、

 

下味をつけておいた鶏肉を投入して、

 

合わせ調味料を入れて、落花生を投入、

 

あっという間にできあがり

 

昨晩の夕食です

 

和食では、肉や魚から出てくる脂などを取り去ることで、きれいで澄んだ料理に仕上げますが、

中華では、食材から出てきたものを、余すことなく片栗粉で封じ込めて、ひとまとまりに仕上げます。

と、土井義治さんが、よく話しています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おひつと飯台

2018年01月27日 21時52分25秒 | おいしい♪

昨晩、煮たあずきにお餅を入れて、おしるこに仕立てました

自分で作ると、甘さが調節できるしね

ちなみに、「おしるこ」や「ぜんざい」という呼び方は、地方によって異なるようです

 

で、昨日の記事で、涼麻と一緒に写っていた段ボールから出てきたのは、おひつ飯台

 

使う前に、一度だけアク抜きをする必要があります。

熱湯を注ぎ入れ、

 

お酢を足して、しばらくの間、置いておきます。

ちょうど、あずきを煮たりしていたので、さほど億劫ではありませんでした

 

で、今日、早速、白米を炊いてみました

涼麻家には、相変わらず、炊飯器がないので(購入する予定ですが)、お鍋で炊いて、

 

いつもなら、このまま鍋の中で蒸らすのですが、今日からは、おひつへゴー

 

一粒ひとつぶが立っていて、おいしそうです

 

この季節なら、数日はもつかな、試してみます

 

炊きあがって、すぐにおひつに移すので、お鍋がきれいです

これまでは、お鍋の中で蒸らしていたので、鍋肌のごはんが乾いてしまう上、一部が鍋にこびりついていました。

想定外の嬉しい誤算です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あずきを煮る

2018年01月26日 23時59分59秒 | 涼麻

大雪の後、すっかり冷え込んでいる涼麻地方

夜空が綺麗で、今晩11時頃、シリウス、オリオン、上弦の月が並んでいました

今週、早く目が覚めた日には、朝5時頃、乙女座のスピカと獅子座のレグルスが並んでいました

ちゃんと、春が待ち構えているんですね

 

お正月にお赤飯を炊いたときのあずきが少し残っていたので、おしるこを作ることにしました

 

じっくり、ゆっくり

アクをとりながら

 

三温糖を投入して、できあがり

明日、お餅を入れて食べたいと思います

 

今日の夜散歩で。

公園には、まだ雪がところどころ残ってて、誰が作ったか、70〜80cmの雪玉があったんですが、涼麻は「だ、だれ、このこ?」って感じで、関わりを持たないように迂回して、無事、やり過ごしたんですが、その後、わざわざ振り返りながら、「な、なんで、無反応なんだー?」って、早足で公園を脱出

いつもより長めに歩いたこともあってか、あずきを煮ている間、涼麻父が見える場所でウトウトしてました

おっきな段ボールで到着したものはなに?

それは、また明日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加