整列機とは?

部品供給方法、部品供給装置のいろいろ

整列機のコントローラ

2017-07-12 10:41:17 | 効率アップ
(前回より、コントローラにまつわる話が続きますが、
今回はもう少し踏み込んだ内容です。)

ウエステックの整列機は、専用のコントローラで制御します。



コントローラは、基本的には前面のパネルで操作します。



左側には十字に配置した押しボタンスイッチがあり、
左右の矢印キーを使って、数値を変えたい表示の所に
カーソルを持って行って、上下の矢印キーで数値を
UP/DOWNさせます。その下のエンターキーを押すと
確定です。

右側に配置している4つのボタンは、電源投入時に
振動テーブルの水平位置を初期化するボタンや、
整列プログラムを走らせる起動ボタンなどです。

操作方法はシンプルで、取説に書かれている内容も
簡単に理解できます。



次にコントローラの背面です。丸いメタルコンセントは
整列機本体と接続します。

通常はそれだけですが、その隣に角形の入出力用の
コネクタ端子が付いており、外部からここに配線する事で、
外からコントローラを制御する事ができます。

例えば、外部にシーケンサを接続し、整列機の起動・
一旦停止、入力済みの整列プログラムの切り換え、
非常停止などが外部から行えます。

又、整列機から、運転中,動作完了,異常などの
信号を取り出す事もできます。

使い方の例としては、整列機上から部品が減って来たら、
それを近接センサーなどで検知させ、
整列動作完了時にホッパーなどを使って部品を補充し、
補充し終わったら整列機を再起動、といった事が出来ます。

更に、現在の新しいコントローラにはUSBも付いています。
パソコンにつないで、通信ソフトを使い、整列プログラム
(振動条件)をパソコンで入力してコントローラに転送したり、
逆にコントローラに入力済みの整列プログラムをパソコンに
取り込んだりする事ができます。

シーケンサのプロコンのような使い方ができるわけです。

コントローラは、その仕様上の制限から、
本体には整列プログラムは16種類までしか
保存しておく事ができません。

また、落雷サージなどにより、予期せぬ非常停止が
発生した時、保存しておいた整列プログラムが
飛んでしまう事が稀に起きます。

そんな時、整列プログラムをパソコンの方に
保存しておけば、プログラム数の制限は事実上
無くなりますし、バックアップを取っておけば、
整列プログラムが消えてしまう事もありません。

ただ、一つだけ注意すべきところは、
接続がUSBだという事です。

コントローラに限らず、USB機器は、たまにパソコン上から
認識されなくなる場合があります。

これは、USB側の仕様によるものです。汎用性を持たせ、
何でも接続できるようになっているのは便利なのですが、
接続した各USB機器にパソコンが割り当てたIDが
勝手に変わってしまう場合があるのです。

USBハブを使っていると、右端に差していた時は
大丈夫だったのに、左端に差すと認識しなくなった、
USBメモリなどを使っていて、同様の現象に遭遇した
経験がある方もいらっしゃるかと思います。

コントローラは、USBではなく、シリアル(RS232C)接続に
するべきだったかも知れませんが、RS232Cポートを
持っているパソコンは、業務用の一部に限られています。

USBが無かった時代は、ほとんどのデスクトップパソコン・
ノートパソコンに標準で付いていたRS232Cポートですが、
滅多に使われなくなったため、今では付いていないのが
普通になってしまいました。

昔、パソコン通信の時代は、モデムが内蔵されていない
ノートパソコンが多く、また、デスクトップパソコンも
モデムを内蔵しておらず、外付けモデムをRS232Cポートに
つなぐのが普通でしたから、付いていなくては困る
ものでした。

また、CAD図面を印刷するプロッタ(プリンタではなく)は、
シリアルポート接続が一般的でした。

今となっては、デスクトップパソコンの場合は、
背面の拡張スロット、ノートパソコンの場合は、
エキスプレスカードスロットに差せるタイプの
RS232Cインターフェースが売られていますが、
USBポートしか付いていないノートパソコンも
ありますので、やむなくUSBにした次第です。

一応、取説には、USBのIDを手動で割り当て直す
方法を書いています。しかし、或る程度パソコンの
知識が必要になって来ます。

(最後は少し脱線気味になってしまいました。
申し訳ありません。)
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9時間で1ヶ月の2倍の雨量とい... | トップ | 長期海外出張経験者なのに、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。