整列機とは?

部品供給方法、部品供給装置のいろいろ

部品の供給能力

2017-06-09 13:01:02 | 効率アップ
ウエステックの整列機は、
部品の供給装置としては、
その能力が高いのがウリです。

面単位で部品を供給するから、
だけではありません。

例えばパーツフィーダーの場合は、
連続して部品を供給しますが、
向きを揃えるのが大変な部品ほど、
その供給能力が落ちます。

一般的には、ボウルの中で螺旋状に
部品を一列に送りながら進めて行き、
その途中で、溝の形やレールの形、
表面処理などに工夫を凝らし、
向きを揃えます。

向きが違う部品は、エアで飛ばしたり、
排出するなどして、正しい向きの部品だけを
供給する、という方法です。

問題は、流れて来る部品の内、
どの程度の割合で、向きが揃った状態で
供給できるか、です。

簡単な部品ですと、投入した部品の
80~100%近くが、そのまま供給できます。

しかし、向きを揃えるのが大変な部品ですと、
5~6個に1個、酷い場合は10~20個に1個くらいしか
供給できず、向きが違った部品は、またボウルの中に
投入し直し、もう一度最初から、という事になります。

能力的に間に合わない場合は、ここがボトルネックに
なってしまいます。

運が悪いと、違う向きになった部品が詰まったり、
2つの部品が絡んだりして、シュートの途中で
引っ掛かってしまう事もあります。

部品の出口が一箇所しかない場合は、
そこで部品の供給が止まってしまいます。

何も、別にパーツフィーダーが悪いと言っている
わけではありません。

部品供給後の作業内容によっては、
パーツフィーダーが整列機よりも適している
ケースが多々あります。

ただ、整列機の場合、並ばなかった部品が、
並んだ部品に悪影響を与える事はありません。
部品供給が遅れたり、滞ったりする事も
ありません。

ですので、最初から面単位での部品供給を考慮して
生産ラインを構想し、整列機を導入して戴ければ、
生産能力が期待以上にUPします。

実際、能力が上がり過ぎて、整列機を3台購入して戴ける
予定だったものが、2台で充分まかなえてしまった
(1台売れなくなってしまった)、といった事例が
過去に何件もあります。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 与太話の余談 | トップ | 整列済みの部品を立てる方法... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

効率アップ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。