下ネタ好きで何が悪い

普段思ってても吐き出せないダークサイドの部分を吐き出すチラ裏的扱い

ハイトーンボイスの坊主は地獄の使者だ

2016-10-16 20:59:04 | 日記
今日は亡くなったじいちゃんの法事で実家へ。

身内だけのこじんまりとした法事なので、最初からあぐらかいてお経聞いてました。
ウチの家系はホント早死にの家系で、親父も50代で亡くなってるし、男性の身内で70超えて生きてた人は誰もいない。
ただ、このじいちゃんだけは珍しく長生きで91歳まで頑張られた。

ホント希少種みたいなもんだよ。
母ちゃんにも「今度はあんたの番やねぇ・・・」って言われるし。
親が言っていい言葉じゃねぇだろw

否定はせんけど。

で、ウチのお坊さん、すごく声がいいのよ。
すっごいソプラノボイスなの。普段の声はクロちゃんみたい。
これが、お経読むときになると1オクターブ上がるもんだから読経の間はもう地獄です。

「笑ってはいけない!笑ってはいけない!」って思えば思うほどしんどくなる。

やめろ!クロちゃんボイスでこぶしをきかせるんじゃない!!って何回も心の中で叫んだ。

葬式の時も最悪だった。一応喪主をつとめたんだけど、喪主席でずっと下向いて震えてた。
悲しかったんじゃない。笑うのを我慢してたんだ。
ずっと頭の中で
「うぇるこー、アウトー!』ってリフレインしてた。

何年か周期でこんな拷問されるのは本当にしんどい。
今日も頭の中で
「うぇるこー、タイキックー!!」って考えてたら、2回くらい吹き出した。
じいちゃん、ごめん。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログ再開 | トップ | 2012 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL